東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ホームシアター用プロジェクター「"ALREGA"(アルレガ)TLP-ET1」の発売について

2003年10月2日

ホームシアター用プロジェクター
 
ホームシアター用プロジェクター

 当社は、ホームシアター用プロジェクターの新製品として、投写する映像のジャギー(ギザギザのエッジ)を低減するファロージャ社の高画質輪郭補正技術「DCDiTM (Directional Correlational Deinterlacing) 」の搭載と、800:1の高コントラスト比の実現で、自然でメリハリのある鮮明な映像表現を可能とした「"ALREGA"(アルレガ)TLP-ET1」を商品化し、10月21日から発売します。

 新製品は、ホームシアターを手軽に、より良い画質で楽しむために、照明を落とした室内で使用することを前提に、明るさよりも画質を優先した設計を行なっています。
 画質面では、高級機に採用されるファロージャ社の高画質輪郭補正技術「DCD iTM」を搭載するとともに、800:1の高コントラスト比を達成しており、DVDビデオの視聴時など、自然でメリハリのある鮮明な映像を楽しむことができます。また、映像ソースの種類ごとにあらかじめ詳細な設定を行なった3種類の映像モード(標準/映画/ゲーム)を備えており、モードを選択するだけで、映像ソースに合わせた画質での投写が可能です。
 また、家庭内での使い勝手に配慮して、2mの距離で80形、2.5mで100形の大画面を実現する短焦点レンズの採用と、臨場感ある音声を再現するサラウンドモード付きステレオスピーカーの本体後部への搭載によって、プロジェクターを観る人の前に置いて、大画面・高画質を簡単に楽しむといった使い方ができるほか、動作音を28dBに抑えた静音設計、筐体からの光漏れの低減、上下方向の台形歪み補正回路、電源のセーフティーロック機能といった仕様を採用しています。
 デザイン面でも、白を基調にした落ち着きのある色合いとシンプルな円形の外観を採用するなど、家の中にあって違和感がなく、家電製品の一つとして暮らしの中に馴染むよう工夫しています。

 当社は、高画質を追求したホームシアター専用プロジェクターを新ブランド名「"ALREGA"」シリーズとして投入します。新製品は、発売に先立ち、10月7日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2003」の東芝ブース内でデモンストレーション展示を行います。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 従来、国内におけるホームシアタープロジェクターの利用は、映画ファンやマニア層が中心でしたが、DVDプレーヤーと高画質コンテンツの急速な普及に伴い、高画質の映像を大画面で楽しみたいというニーズが一般家庭でも高まりを見せています。国内市場も2003年度の5万5千台から2005年には20万台規模になると予想されるなど、これからの市場の拡大が期待されます。
 当社は、このような需要の拡がりに合わせて、画質、機能から外観デザインに至るまで家庭用を意識して開発した、「"ALREGA" TLP-ET1」を商品化し、ホームシアタープロジェクター市場の拡大を後押しするとともに、シェアアップを図ります。

「"ALREGA"(アルレガ)」の名前の由来について
 街頭テレビに人々が集まった時代から、「一家に一台」の時代を経て、テレビは今や「一人に一台」の時代を迎えています。そのような中で、「ホームシアタープロジェクター」は、家族や仲間がもう一度ひとつの空間に集まって、一緒に楽しい時間を過ごすことができる「人々をつなぐ」製品であると当社は考えます。
 当社は、「みんなが(All)」+「再び(Re)」+「集まる(Gather)」製品となることを期待して、ホームシアタープロジェクターのシリーズ名を「"ALREGA"(アルレガ)」と定めました。

新製品の主な特長

1. ファロージャ社製「DCDiTM」回路搭載
 ファロージャ社が開発した高画質輪郭補正技術「DCDiTM」は、ビデオソースで目に付くジャギー(ギザギザのエッジ)を低減する機能で、通常のプログレッシブ処理で発生してしまうジャギーをスムーズで自然な画像に処理します。
 今回採用した「DCDiTM」回路は現在の最新バージョンのもので、以下の機能を有しています。
(1) 動き適用クロスカラーサプレッション
 3次元YC分離ビデオデコーダーに匹敵するクロスカラー除去を実現し、映像の細部に現れる色のちらつきを抑えます。
(2) 動き適用デインターレーサー
 ビデオソースをプログレッシブ変換するデインターレーサー処理によって、動き検出のレベル(感度)を最適となるよう独自に味付けをしています。ファロージャの持つ能力を存分に引き出し、静止画から動きのある映像まで精細感を向上させています。
(3) フィルムモード処理
 3:2プルダウン機能を搭載。24フレームでプログレッシブ記録された映画フィルムなどの映像ソースも、自然な映像で楽しめます。
(4) TrueLifeTMエンハンサー
 ファロージャ「DCDiTM」が持つ四つのエンハンサー(Vertical Detail Enhancer, Horizontal Detail Enhancer, Horizontal Large Edge Enhancer, Horizontal Chroma Enhancer)を二つのメニュー調整バーに独自にブレンド。鮮鋭さを強調する「シャープネス」では、輪郭だけが強調されることで映像に立体感が生まれます。ディテール部を強調する「TrueLife by Faroudja」では、ソースの微小振幅信号を再現することで失われかけたディテール部もハッキリと強調されます。
(5) ハイクオリティ・スケーリング
 ビデオ信号系列(Y/PB/PR入力、S-ビデオ入力、ビデオ入力)専用として細部をより忠実に再現するファロージャ「DCDiTM」のハイクオリティなスケーラーを使用し、液晶パネルの解像度にマッチさせることで精細な映像を再現しています。
(6) 動き適用ノイズリダクション
 残像を残さず良好なNR効果が得られる「Fleshtone適用ノイズリダクション」を採用したことで、通常のノイズリダクションでは気になる肌色での残像を抑えています。
   
2. 鮮明な映像を再現する800:1高コントラスト比
 800:1の高コントラスト比を達成し、メリハリの利いた鮮明な映像を実現しています。DVDビデオなどで映画を楽しむ場合、豊かな階調表現により、映像ソース本来の高画質を再現します。
   
3. 三つの映像モード(標準/映画/ゲーム)搭載
 映像のソースに合わせた詳細な設定の追い込みを行い、3種類のモードをプリセットしています。細かな設定を行うことなく、簡単な操作でソースごとに適した設定の映像を楽しむことができます。
(1)標準モード 暗部から明部まで自然な映像を再現します。
ビデオ、明るいシーンの多い映画、スポーツ番組など、多くの一般的映像ソースに適しています。
(2)映画モード 低めの色温度設定で、暗部の再現性を向上するとともに、肌色を滑らかに再現します。映画ソフトだけでなく、CG系のゲームソフトにも向いています。
(3)ゲームモード 黒と中間色の再現性を向上。ゲームに適したモードですが、ゲーム以外でもアニメーション映画などにも適しています。
   
4. 投写距離が短くても、大画面を楽しむことができる短焦点レンズを搭載
 スクリーンから2.5mの位置で100形(幅約2m)の短焦点投写を実現。投写に必要なスペースを削減でき、リビングやプライベートルームでの設置性が向上しました。2.0mでも80形で投写することができるので、6畳間に置いても、迫力の大画面を楽しむことができます。
   
5. 5W+5Wのステレオスピーカー内蔵(サラウンドモード付き)
 本体後部に5Wスピーカーをステレオで搭載しています。三つのサラウンドモードを持っており、DVDプレーヤーなどと接続することで、臨場感のある迫力のサウンドを楽しむことができます。
(1)サラウンドモード弱(ステレオソース用)、(2)サラウンドモード強(ステレオソース用)、(3)シミュレーテッドステレオ(モノラルソース用)
   
6. 静音設計
 冷却効率の向上を図るべく内部の部品配置を工夫しています。さらに、回転音が小さく、構造的に冷却効率が高いシロッコファンを採用することで、28dB(ローモード)の静音化を実現しています。
   
7.

ユーザーメモリー機能
 メニュー画面で調整や設定を変えた状態を三つまで登録することができます。東芝独自のユーザーメモリーメニューによって、数十種類の中から好みのアイコンを選んで、さらに12文字の英数字でオリジナルアイコンとタイトルを登録することができます。

   
8. セーフティロック機能
 本体底面のセーフティロックスイッチを「ON」にした場合、電源ボタンを2秒以上押し続けないと電源がはいらないセーフティロック機能を搭載。チャイルドロック機能として使用できます。
   
9. バックライト付きワイヤレスリモコンを採用
 照明を落とした暗い環境でも操作がしやすいバックライト付きリモコンを採用しています。入力切り替え、映像モード切り替えなど、よく使われる機能はダイレクトボタンで選択可能とするなど、高い操作性を実現しています。

新製品の主な仕様

形名  TLP-ET1J
液晶パネル 0.54 型 LCD  、 854 × 480 画素 、 16:9 ワイド VGA × 3 枚
レンズ 手動フォーカス、 F2.3 、 f=13.8mm 、ズームなし ( デジタルズームのみ , X1.25)
光源ランプ 130W  高圧水銀ランプ
コントラスト比  800:1
ファンノイズ 28dB ( ローモード )
投写距離 100 形: 2.5m
同期周波数 水平: 15-93kHz    垂直: 50-85Hz
入力端子  コンポーネントビデオX 1系統:RCA 端子X
S ビデオX 1系統: S 端子
コンポジットビデオX 1系統: RCA 端子
RGB X 1系統:ミニ D-sub15 ピン端子
音声X 1系統: RCA 端子X2 (L/R)
その他の端子 SERVICE 端子X 1系統
入力信号 ビデオ信号 NTSC, PAL, SECAM
色差信号 480i 、 480p 、 576i 、 576p 、 1080i 、 720p
RGB 信号 VGA 、 SVGA/XGA ( 圧縮表示 )
I/P 変換回路  ファロージャ DCDiTM (FLI2310)
映像モード  標準/映画/ゲーム
映像サイズのモード フル/スーパーライブ*/4:3/ズーム  *スーパーライブは 4:3 を 16:9 フルサイズに変換
台形歪み補正 上下方向
色温度(K) 8000 +-1500
スピーカー 5W + 5W ステレオ(サラウンドモード付き)内蔵
サラウンド
モード 
ステレオ信号 サラウンドレベル 強/弱
モノラル信号 シミュレーテッドステレオ
重さ 3.5kg (チルトスタンド含む)
外形寸法 直径 320mm , 高さ 131mm (チルトスタンド含む水平設置時)
消費電力 220W (スタンバイ時:1W)
電源 AC100V (50/60Hz)
リモコン バックライト付き、ダイレクト選択ボタン(入力、映像モード など)
その他 チルトスタンド付き、セーフティロック機能(底面のスイッチで切り替え)、お手軽設置メニュー、ユーザーメモリー3ポジション:オリジナルキャラクターを選択可能

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
映像システム事業部 
プロジェクション・ディスプレイ部
TEL 03(3457)8428


  • DCDiTM (Directional Correlational Deinterlacing)およびTrueLife by Faroudjaは、Genesis Microchipの事業部門であるFaroudjaの商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright