東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
紙幣処理機器の販売・サービスを目的とした合弁会社設立について

2003年10月9日

 当社は、オーストリア国立銀行が100%出資しているオーストリア印刷公社(Oesterreichische Banknoten-und Sicherheitsdruck GmbH :以下、OeBS)と、紙幣処理機、印刷品質検査機の販売、保守サービスについて欧州を中心にグローバルに事業を行う合弁会社を設立することで合意しました。

 新会社の名称は、「OeT Bank Note Sorting Solutions GmbH(日本名:OeTバンクノートソーティングソリューションズ)」で、当社とOeBSの共同出資により、オーストリア・ウィーンに10月末に設立します。新会社の資本金は150万ユーロ(約2億円)で、出資比率は当社が49%、OeBSが51%を予定しています。

 新会社では、欧州を始めとして世界各国で紙幣印刷を手がけているOeBSグループの持つ幅広い顧客資産を活かして、紙幣処理機、印刷品質検査機の販売、保守サービスをグローバルに展開します。新会社の売上は2008年までの間で約70億円を見込んでいます。

 新会社への製品の供給は当社が担当します。OeBSの持つ紙幣印刷で培った高い検知技術を組み込み、当社の優れたメカトロニクス機器技術と融合することで、技術的競争力の高い製品を投入していきます。

 当社は、本年3月に策定した中期経営計画において、社会インフラ事業を安定事業領域と位置付け、グローバル展開の拡大を図っています。紙幣処理機器の分野においても、1月に設立した中国向け事業を行なう「北京同方清芝商用機器有限公司」に加えて、今回の「OeTバンクノートソーティングソリューションズ」の設立により、一層スピードを上げて、ビジネスの拡大を目指していきます。

新会社の概要

社名

OeT Bank Note Sorting Solutions GmbH
設立 2003年10月末(予定)
事業開始 2003年11月1日(予定)
資本金 150万ユーロ(約2億円)
出資比率 東芝:49% OeBS:51%
所在地 オーストリア・ウィーン(1090 Vienna, Garnisongasse 15:OeBS内)
代表者 Matthias Dorbath(OeBS)、仙頭 由彦(東芝)
事業内容 紙幣処理機器の販売・サービス

<オーストリア印刷公社 概要>

社名

Oesterreichische Banknoten-und Sicherheitsdruck GmbH
設立 1998年(オーストリア国立銀行(1816年設立)より独立)
資本金 6,700万ユーロ(約90億円、2002年12月末現在)
所在地 オーストリア・ウィーン(1090 Vienna, Garnisongasse 15)
代表者 Wolfgang Faerber、Josef Schneider


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright