東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
電力取引支援ソリューション「Power Trader(TM)(パワー・トレーダー)」の発売について

2003年11月4日

英国KWI社との技術提携で信頼性と機能性に優れたソリューションを提供

 当社は、電力取引所における売買を行うための電力取引支援ソリューション「Power TraderTM(パワー・トレーダー)」を商品化し、12月1日から販売します。
 「Power TraderTM」は、英国・KWI社との技術提携により開発したもので、海外に豊富な納入実績をもつKWI社のソリューションを、当社が長年培ってきた電力設備の制御技術を生かして、日本の電力自由化モデルや電力事情に適合させることで、高い信頼性と優れた機能性を実現しています。

 「Power TraderTM」の特長は、「経営戦略支援」にあります。発電計画や市場の価格予測などのシナリオを基に、計画している需給のバランスがもたらす収益やリスクを予測して、評価を行う「需給ポートフォリオ評価機能」により、リスクを最小化して、適正な収益を確保するための支援を行います。また、発電計画や市場の価格予測を行うシナリオ作成のために、発電設備の状況や燃料費の動向、需要変動や、電力系統の制約といった複雑な条件を自動的に反映する「市場シミュレータ機能」を搭載しており、ユーザーは業務の負荷を軽減しながら、適切な判断をすることができます。
 さらに、電力取引所における電力の売買を行うための「取引支援」では、実際の取引を行うトレーダーの実務を支援するフロントオフィス機能、取引に関連する財務リスクなどを管理するリスクマネージャーのためのミドルオフィス機能、取引後の決済などを行うバックオフィス機能などの多彩な機能を備えています。

 「Power TraderTM」では、それぞれの機能のソフトウェアをモジュール化したシステム構成を採用しており、電力自由化の進展に合わせた段階的なシステム導入を可能としています。ユーザーが、それぞれのニーズに合わせて必要な機能だけを選択して組み込むことが可能で、拡張性と柔軟性に優れています。

 今回、「Power TraderTM」の開発にあたり、技術提携を行ったKWI社は、エネルギー取引やリスク管理の分野において世界トップレベルの実績をもっており、北米、欧州をはじめとして世界20カ国以上の50社を超えるエネルギー企業でKWI社のソリューションが利用されています。KWI社のソリューションは、電力取引だけでなく、CO2排出権、燃料(ガス・原油・石炭など)等の取引にも対応しており、当社は今後「Power TraderTM」にこれらの機能を取り込むことで、さらなる機能拡張を図っていきます。

商品化の背景と狙い

 日本における電力自由化は、1995年4月の電気事業法の改正による、卸発電市場の自由化に始まり、2000年3月の小売部分自由化などの改正を経ながら段階的に進められてきましたが、2005年4月には電力取引所が創設されて本格的な自由化の段階に移ります。
 電力取引所での取引が始まると、電力会社や新規参入事業者などは、取引所を介して電力を売買することが可能となりますが、同時に収益のリスクなどへの対応も必要となります。
 当社は、このようなリスクに対応するソリューションを提供すべく、電力をはじめとしたエネルギー取引システムに豊富な納入実績をもつKWI社との技術提携により、信頼性が高く、柔軟性と拡張性に優れた「Power TraderTM」を商品化します。 
 今後、電力取引市場に参加する事業者向けに積極的に販売し、電力関連の新規事業領域である電力取引分野の事業拡大に取り組んでいきます。

「Power TraderTM」の特長

1. 使いやすい「取引支援」機能
 海外に豊富な納入実績をもつKWI社のソリューションを、当社が長年培ってきた電力設備の制御技術を生かして、日本の電力自由化モデルや電力事情に適合させることで、高い信頼性と優れた機能性を実現しています。
 電力取引所や相対での売買といった実際の取引を行うトレーダーの実務を支援するフロントオフィス機能、取引に関連する財務リスクなどを管理するリスクマネージャーのためのミドルオフィス機能、取引後の決済や精算などを行うバックオフィス機能などを備えています。
   
2. 「需給ポートフォリオ評価機能」でリスクを低減する経営判断を支援
 電力取引所での売買は当面、自社の発電設備をもって行うことが原則となっています(売買だけを行い電力の供給を行わない金融的な取引は認められていません)。「Power TraderTM」では、発電計画や市場の価格予測などのシナリオを基に、計画している需給のバランス(発電と小売の組み合わせ)がもたらす収益やリスクの予測と評価を行い、価格の変動がもたらす収益のリスクを極小化することを支援します。
   
3. 市場動向を予測する市場シミュレータ機能
 発電計画や市場の価格予測を行うシナリオ作成のためには、発電設備の状況や燃料費の動向、需要変動や、他社の状況、電力系統の制約といった複雑な条件を総合的に判断する必要があります。
 「Power TraderTM」では、シナリオ作成を支援する「市場シミュレータ機能」を搭載しており、市場で落札される量、価格の予測を行います。ユーザーは、業務の負荷を軽減しながら、適切な判断をすることができます。
   
4. 初期導入コストを抑えるモジュール化されたシステム構成
 「Power TraderTM」では各々の機能ごとにソフトウェアをモジュール化したシステム構成を採用しています。今後の自由化の進展やお客様のニーズに合わせて段階的なシステム導入が可能となるため、お客様の投資効果を最適化します。
   
5. システムの拡張性と柔軟性をさらに高めるプラグイン方式
 システムそのものに改造を施すことなく機能の追加や変更ができるように、プラグインと呼ばれる工夫を採用しています。発電機運用、需要パターン、複雑な取引契約など、ユーザーごとに異なる仕様が求められる機能やモデルについては、このプラグイン方式で提供します。
   
6. 豊富な実績をもつKWI社との技術提携
 北米、欧州をはじめとして世界20カ国以上の50社を超えるエネルギー企業に採用された実績をもつKWI社のパッケージを基に、電力系統や、自由化の制度など、日本独自の仕様を当社にて組み込むことで、ソリューションとして商品化しました。KWI社の海外における豊富な納入実績と、当社が国内で培った電力関連の技術や経験を合わせることにより、高い信頼性と優れた機能性を実現しています。

「Power TraderTM」の概要

「Power Trader(TM)」の概要

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
電力・社会システム社
事業開発推進統括部
TEL 03(3457)3626


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright