東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
DVDビデオレコーダー新製品 4モデルの発売について

2003年11月12日

DVDマルチドライブ搭載モデルのラインアップ強化

東芝 HDD&DVDビデオレコーダー「RD−X4」
 
東芝 DVDビデオレコーダー新製品ラインアップ

 当社は、DVD−RAM/−R/−RWに対応したDVDビデオレコーダー4モデルを新たに商品化し、ラインアップを強化します。最大約325時間*1*2の長時間録画と高画質録画・再生を実現したHDD&DVDビデオレコーダー「RD−X4」や、VHSテープと記録用DVDメディアへの録画や双方向ダビングが可能な「D−VR1」などを12月1日から順次発売します。これにより、DVDマルチドライブ搭載のモデルは既発売の「RD−XS41」、「D−R1」と合せて、全6モデルとなります。

 「RD−X4」は、業界最大クラス*3の250GBのHDDを搭載し、最大325時間*1*2の録画が可能です。水平解像度540本のプログレッシブ再生に対応するとともに、多重映りを軽減するゴーストリダクションチューナーやノイズを低減する録画・再生DNRなどを搭載し、高画質録画・再生を実現したRDシリーズのハイエンドモデルです。外出先で、パソコンや携帯電話の電子メールによる録画予約などが可能な「ネットdeナビ」機能を搭載し、見たい番組を逃さず録画することができます。
 エントリーモデルとしては、「RD−XS35」と「RD−XS32」の2機種を発売します。「RD−XS35」は160GBのHDDを搭載し、最大208時間*1*2の録画が可能です。また「RD−XS32」は80GBのHDDを搭載し、最大104時間*1*2の録画が可能となっています。
 「D−VR1」は、VHSテープと記録型DVDメディアの両方に録画することができるうえ、専用ボタンを押すだけでVHSテープと記録型DVDメディア間の双方向ダビングが可能です。VHSテープに書き込まれている頭出し位置の信号であるVISS信号をDVDのチャプターに自動的に変換することができます。さらに、VHSとDVDにそれぞれ違う番組を録画できる地上波ダブルチューナーを内蔵しているため、録画したい番組が重なってもVHSテープとDVDにそれぞれ違う番組を同時に録画することが可能です。

新製品の概要

新製品の概要

*1 画質:マニュアルモード1.4Mbps 音質:M1の場合。
*2 連続録画時間は9時間まで可能です。
*3 2003年11月12日現在、HDD&DVDビデオレコーダーにおいて。

商品化の背景と狙い

 2001年4月に当社が世界で初めて製品化したHDD&DVDビデオレコーダーというコンセプトは、いまやDVDレコーダーの主流となり、VTRに置き換わって、爆発的な普及の兆しを見せています。また、当社は「DVDの規格が複数あるので分かりにくい。分かりやすい製品が欲しい。」というユーザーニーズに応えるために世界で初めてDVD−RAM/−R/−RWに対応するDVDマルチドライブ搭載モデルを2003年6月に発表しました。
 このような中、「長時間録画を楽しみたい」「ハードディスクで録画して、好きなところだけ、DVDに残したい」といった新しいスタイルを好むユーザー層や、「編集などを行わず、従来のVTRのような録画や再生のみの機能をDVDレコーダーで楽しみたい」といったVTR買い替え層などユーザーニーズが多様化しています。
 当社は今回、最大約325時間*1*2の長時間録画と高画質録画・再生機能を実現した「RD−X4」など3モデルを商品化することで、「RDシリーズ」のラインアップをさらに強化し、「HDD&DVDビデオレコーダー」市場のより一層の拡大を図ります。
 さらに「RDシリーズ」で培った技術を生かし、VHSテープや記録型DVDメディアに録画が可能なVHSビデオ一体型DVDビデオレコーダー「D−VR1」を開発し、市場に投入することで、VTRユーザーの買い替えなど、多様なニーズに応えていきます。

新製品の主な特長

《HDD&DVDビデオレコーダー「RDシリーズ」》

1. 大容量HDDとDVDマルチドライブを搭載
 全機種DVD−RAM、DVD−R、DVD−RWの3種類のDVDメディアに対応したDVDマルチドライブを搭載しています。DVD−RAMはVRモード、DVD−RWとDVD−RはVideoモードでの記録となり、DVD−RWのVRモードは再生のみ可能です(CPRM対応)。また、搭載する大容量HDDは、RD−X4が250GB、RD−XS35が160GB、RD−XS32が80GBとなっております(HDDの容量は、1GB=10億バイトで計算しています)。
 
2. 大画面投影にも対応する高画質を追求したハイエンドモデル(RD−X4のみ)
(1) アドバンスト・リアル・シアター・モード・プログレッシブ回路による高品位映像
 当社製ハイエンドDVDビデオプレーヤー「SD−9500」を超えるべく、映像回路にこだわりました。より高精度なI/P変換処理を行うアドバンスト・リアル・シアター・モード・プログレッシブ回路を搭載し、DVDビデオソフトはもちろん、録画したビデオ映像も従来に勝る高精細映像で再現します。ホームシアターでの大画面再生にもお薦めです。
(2) 高性能12bit/216MHz映像DACを搭載
 さらなる映像パフォーマンスを追求し、米国アナログデバイセズ社製の高性能ビデオエンコーダーを採用しました。12bit/216MHzという高い演算能力により、帯域内ノイズをさらに低減し、高解像度、高SN比を実現します。
(3) DC結合高品位ビデオ出力回路を内蔵
 ビデオ出力回路には、高性能ビデオエンコーダーのリニアリティを生かすアクティブLPF回路によるDC結合のビデオアンプを搭載しています。超高域からDC域までフラットな特性を創出し、APL変動を極力抑えた安定感のあるビデオ信号出力を可能にしました。
(4) ゴーストリダクションチューナー
 目障りなゴースト(多重映り)を軽減し、クリアな映像を受信できるゴーストリダクションチューナーを搭載しています。
(5) 録画・再生デジタルノイズリダクション
 録画時および再生時のデジタルノイズリダクションを搭載しています。微細なオリジナルノイズを高精度に除去して、透明感のある高品質な映像を再現します。再生ノイズリダクションについては、3D−NR、ブロックNR、モスキートNRの3種類を選択することが可能です。
(6) D1入力、D5モニター
 外部チューナーやビデオ機器から高品位な映像を入力することができるD1入力に加え、テレビに出力することが可能です。モニター出力時は、デジタルハイビジョン放送のD5信号まで対応しています。
 
3. 高音質にも配慮したスペック(RD−X4のみ)
(1) 同軸デジタル出力で高品位なデジタル出力を実現。
 180MHzの超高速動作が可能なバランス型バッファアンプとトロイダル型パルストランスを組み合わせた同軸デジタル出力回路を搭載し、バランス駆動による良好な波形応答と、トランスの持つノイズ遮断特性を活かした高品位なデジタル出力を実現しています。
(2) 高級オーディオ用音声DACと高品位オーディオ回路を採用。
 高級オーディオ用としても定評のある音声DAC(TI製PCM1737E)を採用しています。デジタル/アナログ分離型ローカルレギュレータや低インピーダンス電解コンデンサなどの高品質パーツなどで構成したオーディオ回路、および低ジッターの専用マスタークロックによりDAC性能をサポートし、より高音質なサウンドを生み出します。
 
4. DVD−Rの4倍速に対応し、最大24倍速の高速ダビングが可能
 新製品に搭載したマルチドライブは4倍速対応のDVD−Rメディアを使用することで、HDDに録画したタイトルを最大24倍速でダビングすることができます。
画質レート1.4Mbps、音声モードM1でHDDに録画したタイトルを4倍速対応DVD−Rにダビングした場合。
 
5. 「RDエンジン」搭載で機能も充実
 RD−XS41で初搭載した新世代アーキテクチャー「RDエンジン」を全機種に搭載しました。エンコーダー、デコーダー、CPU、グラフィックプロセッサーなどのハードウェア強化と、内部ソフトウェアのリニューアルにより、高機能・高性能を実現しています。
(1) 「マルチ操作」で予約録画中に編集・高速ダビングなどが可能
 「マルチ操作」仕様の強化により、予約録画中にすでにHDDに録画してある別のタイトルに対して、チャプター分割・編集、プレイリスト編集、タイトル名やサムネイルの変更をして高速ダビングするなど、ライブラリ作りの一連の作業が行えます。また、高速ダビング中の新規録画や別タイトルの再生、DVD−RAM録画中のDVD−RAM内の別タイトル再生と追っかけ再生など、さまざまな機能も同時に実現しています。
録画する方向やドライブによって可能な機能が異なります。
(2) 1.5倍速早見早聞
 HDDに録画した映像をはじめ、DVD−RAM、DVD−RW、DVD−R、DVDビデオの映像を1.5倍速の早見早聞することができます。急いで内容を確認したい場合に大変便利な機能です。
 
6. DV入力端子とDV連動録画機能
 DV入力端子と「DV連動録画」機能により、本機側でデジタルビデオカメラの連動操作が可能。本機の録画や一時停止に連動して、DV機器が自動的に追従します。さらに、「シーンの切れ目」もしくは「日付」の境界で自動的にチャプター分割を行うことも可能で、頭出しや編集を容易にしています。
対応したデジタルビデオカメラが必要です。一部のDV機器とは接続できない場合があります。またRDシリーズのDV端子(DVC−SD信号)と、デジタルCSチューナーやBSデジタルチューナー、D−VHSデッキ、DVDプレーヤー、AVアンプに搭載されているi.LINK端子とは、やりとりする信号の種類が異なるため、互いに接続して録画/再生することはできません。
 
7. 機能アップを実現する「拡張キット」対応(RD−X4のみ)
 「RD−Style」ならではの豊富なソフトウェア機能を拡張する「拡張キット」(有償)に対応しました。これは、内蔵メモリの増量や新機能対応ボタンをあらかじめ装備したリモコンを添付することで実現しています。
(1) DEPGを使って予約録画が可能
 テレビ画面上の番組ナビ(DEPG)を使って番組予約が可能になります。
インターネットとの常時接続環境が必要です。
(2) HDDやDVD−RAM内の整理に役立つフォルダ機能
 見るナビ内にフォルダを作って録画した番組を整理することが可能になります。大容量HDD内にたくさんの番組を録画したときの整理に便利です。
(3) DVD−RWのVRモード録画をサポート
 DVD−RWディスクにVRモードで録画ができるようになります。
 
8. ブロードバンド時代に対応したネットワーク機能(RD−X4のみ)
 ブロードバンド環境に接続することでさまざまな魅力を発揮する「ネットdeナビ」をはじめとしたネットワーク機能も充実しています。
(1) 編集リモコン
 パソコンのホイール付きマウスで早送り、コマ送り、一時停止などの再生関連機能やチャプター分割などの操作が可能です。ホイールをジョグダイヤルのように使えば編集もよりスピーディーに進められます。
(2) 充実のメール予約機能
 メール予約時に予約名を登録できます。また、メールを一通送付するだけで、現在設定されている予約の一覧情報を確認したり、HDDの残量を確認することも可能です。
 
9. 使いやすさを追求した多彩なソフトウェア
(1) 録るナビ
 2カ月先32番組の「録画予約」が可能です。録るナビ画面での予約に加え、液晶リモコンを確認しながらのGコードによる録画予約にも対応しています。また、画質は38段階、音質は3段階の組み合わせを録画時に選択できます。
(2) 見るナビ
 録画された番組はサムネイル表示入りの「タイトル一覧」で確認できます。「タイトル毎レジューム」機能によって、HDDとDVD−RAMそれぞれの番組ごとに最後に見ていた場面から、簡単に再生ができます。また、再生中に不要なシーンを飛ばす「ワンタッチスキップ」機能、再生時に見逃したシーンをリプレイする「ワンタッチリプレイ」機能も装備しています。
(3) 編集ナビ
 HDDやDVD−RAM上で、フレーム単位での詳細設定が可能な「チャプター編集」、タイトルやチャプターを集めたシーン編集も容易な「プレイリスト作成」、サムネイル入りタイトル&チャプターメニューも作成できる「DVD−Video作成」など、DVDに残すための豊富な機能を用意しています。
(4) ダビング 
 HDD⇔DVD−RAM、DVD−RW、DVD−R双方向の「高速ダビング(プレイリストやチャプター単位でも高速ダビング可能)」、複数タイトルをまとめての「一括・高速ダビング」、不連続なタイトルのシームレス接続も可能な「レート変換ダビング」など多彩な機能を取り揃えています。
(5) ライブラリ
 DVD−RAMディスクを本体に挿入しなくても、どのディスクにどのビデオクリップやドラマ、スポーツの名場面が入っているかを一覧で確認できます。番組名の一覧は、並べ替えや絞り込み検索ができるだけでなく、その先頭文字からの検索やページのジャンプも可能です。さらに、新たに録画した番組をダビングする際、どのディスクに空き容量があるかを一覧で確認できる「DVD全ディスク番号一覧」など、RDシリーズならではの充実したソフトウェア機能を搭載しています。

《VHS&DVDビデオレコーダー「D−VR1」》

1. VHSビデオとDVDマルチドライブを搭載
 DVD−RAM、DVD−R、DVD−RWの3種類のDVDメディアに対応したDVDマルチドライブを搭載すると同時にVHSビデオを搭載することで、今まで録りためたVHSテープを再生したり、好みのDVDメディアにボタン一つでダビングすることができます。専用ボタンを押すだけで、DVD⇔VHSの双方向ダビングが行える簡単ダビング機能を搭載しています。見るナビ画面からのDVD、VHSへのダビングも可能です。また、VHSからDVDへのダビング時にはVHSに書き込まれているVISS信号をDVDのチャプターに、DVDからVHSへのダビング時にはタイトルとチャプターの切れ目にVISS信号を記録するVISS⇔チャプター変換機能も搭載しています。
 
2. 地上波ダブルチューナー搭載で2番組の同時録画が可能
 地上波アナログチューナーを2つ内蔵しているので、DVDとVHSに別のチャンネルを同時録画したり、どちらか片方で録画している時にもう一方で再生するといったことができます。
 
3. 「録るナビ」「見るナビ」のダブルナビ
 過去に録画した番組の、録画開始/終了時刻やチャンネル情報などを一括表示し、そのリストから希望の番組を選び決定するだけで、タイマー予約ができる機能(録るナビ)を搭載しています。また、テープに録画されているチャンネルや録画時間などの番組情報を表示させ、見たい番組を選び、決定するだけで、自動的に頭出しを行い再生する機能(見るナビ)の「ダブルナビ」機能を搭載しています。
本機で録画されたテープのみ有効です。
 
4. DVD部はRDシリーズ譲りの高性能ソフトウエアとハードウエアを搭載
 マルチドライブを搭載したDVDレコーダー部は、「RDエンジン」と同等です。機能についても1.5倍早見早聞、DV連動などを搭載し、使い勝手を追求しています。
 
5. その他の機能
 ・ 快適な操作性を実現する、470倍速高速巻き戻し
 ・ 録画予約に便利なGコード対応液晶転送リモコン
 ・ バックアップ電池内蔵で停電時の時刻合わせが不要
 ・ 時報に合わせて毎日自動的に時刻を修正するジャストクロック機能
 ・ ナイター延長時などに便利な「録画予約延長」機能
 ・ 映像信号を検出して自動的に録画開始/終了を行う入力自動録画機能
 ・ 録画予約された最後の番組を自動的に巻戻して頭出しし、再生を開始する留守録再生機能。
 ・ タイマー録画予約の転送時に誤操作があった場合やヘッドの目詰まりなど、テレビ画面に日本語のガイドメッセージ(ミスの理由と対処方法)を表示してお知らせします。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
デジタルAV事業部
デジタルAV国内営業部
TEL 03(3457)8560
新製品についての
機能の詳細
東芝RD−Style
ホームページ
URL http://www.rd-style.com/
 


D-VR1 スペック表 (151KB/PDFデータ))
RD-Style 新シリーズ スペック表 (179KB/PDFデータ))


  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは録画できません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングはHDDからDVD−RAM方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。
  • コピーが禁止または制限されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるためDVD−R/RW(Videoモード)には記録できません。
  • ソフトウェアのスペックは原則としてHDD、DVD−RAMを対象として記載しています。
  • ディスクは、データの作り方、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD−RAMは互換性のないDVDプレーヤーなどでは再生できません。
  • 本機で作成したDVD−RディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、すべてのプレーヤーなど(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
  • すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。
  • DVD−R/−RWの作成では、DVD−Video規格の制限により、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限により、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD互換モードを「入」にしてレート変換ダビングしないとDVD−R/−RWの作成はできません。DVD−Video作成には、DVD-R for Generalの4.7GBディスクまたはDVD−RWの4.7GBのディスク(Ver1.1)をご利用ください。
  • 画像圧縮技術であるMPEG2の特性により、特にマニュアルモードの1.4Mbps時は明暗や模様、動きの激しい映像条件では画質が著しく低下します。大切なライブラリを保存する場合、最低3Mbps以上、先に挙げたような映像条件の場合には6Mbps以上を推奨します。
  • 不連続なタイトルやチャプターの境界はMPEG2の特性により一瞬静止します。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD−RAM/−RW/−RドライブとハードディスクドライブはATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除などの操作においても、時間がかかる場合があります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換(有償)が必要となります。
  • ドルビー、ドルビー・デジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • Qサウンド技術はQサウンド社によって開発されたサラウンド音響技術です。
  • G−CODEは、ジェムスター社のライセンスに基づいて生産しています。
  • Microsoft Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国および他の諸国における登録商標または商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • Apple、Mac、Macintosh は米国 Apple Computer, Inc. の商標または登録商標です。
  • その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。

PDFデータを表示・印刷するためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のボタンをクリックして、Reader(Windows, Mac OSに対応:無償提供)をダウンロードしてください。 Acrobat Readerダウンロードページ


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright