東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
セキュリティ機能を強化した無線LANシステムの発売について

2003年11月25日

東芝 無線LANシステム「WA-7000」

 当社は、オフィスに無線LAN環境を採用する企業や無線LANスポットサービスを行なう通信事業者向けに、セキュリティ機能と管理機能の強化を施すとともに、3種類の無線LAN規格(IEEE802.11a/b/g)の同時使用に対応した無線LANシステム「WA-7000」を商品化し、本日から営業活動を開始します。

 新製品は、オフィスでの無線LAN利用を想定し、データの盗聴やネットワークへの不正アクセスを防止する高度なクライアント認証機能(IEEE802.1x:EAP-TLS、EAP-TTLS、PEAPに対応)と暗号化技術(ダイナミックWEP、WPA1(TKIP)、WPA2(AES))に対応しているほか、アクセスポイントの設定変更を独立したVLANからのみ可能とし一般ユーザと管理者のアクセスを分離するなど、十分なセキュリティ対策を行なっています
 また、ネットワーク管理装置(SNMPマネージャー)からの遠隔一元管理や、自動的にソフトウェアを更新するアップデート機能といった管理機能に加えて、管理画面も通常のWebブラウザで利用可能なシンプルで使いやすい設計とするなど、管理者の負担の軽減を図っています。

 新製品は、小型・軽量設計で省スペースを実現しています。また、業界に先駆けて、屋外型のアクセスポイントもラインアップしており、工場やプラントなどでの戸外を含めたネットワークの構築を可能としています。

このセキュリティ機能は「WA-7000」のアクセスポイントとPCカードの組み合わせで実現します。「WA-7000」以外のアクセスポイントやPCカードと組み合わせて使用した場合は、使用した機器の持つセキュリティレベルで運用することとなります。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 近年、無線LANの普及は急速に進んでおり、無線LAN関連商品の市場規模は、2005年には全世界で3,800億円、日本国内でも400億円の市場規模になると見られており、そのうち250億円超がオフィス利用などの法人需要と予測されています。しかしながら、現在商品化されている無線LAN製品の多くは、セキュリティ機能の脆弱性が指摘されており、一般企業や通信事業者での導入の妨げになっていました。
 当社は、一般企業や通信事業者のセキュリティニーズに応えて、IEEE802.1xユーザ認証機能を搭載するとともに、ダイナミックWEP、WPA1(TKIP)、WPA2(AES)などの暗号化機能に対応することで、データ漏洩や不正アクセスを防止する無線LANシステム「WA-7000」を商品化し、無線LANのさらなる普及と当社事業の拡大を図っていきます。

新製品の特長

1. 2.4GHz/5GHzの2波高速同時通信
 2.4GHz/5GHz(4.9GHz〜5.25GHz)のデュアルバンド対応で、現在最も多く利用されているIEEE802.11bに加えて、IEEE802.11a/gを同時に使用することができます。IEEE802.11a/g では同時使用の場合も54Mbpsの高速アクセスを実現しています。
 
2. 認証機能、暗号化による万全なセキュリティを1台に搭載
 高度なクライアント認証機能(IEEE802.1x :EAP-TLS、EAP-TTLS、PEAPに対応)を搭載するとともに、強度な暗号化技術(ダイナミックWEP、WPA1(TKIP)、WPA2(AES))をサポートしています。また、アクセスポイントの設定は独立したVLANからのみ可能とし、管理者のアクセスを一般ユーザからのアクセスと分離させ、クライアント端末からのネットワークの隠蔽等の不正な操作を防止します。従来の無線LAN製品でも、これらのセキュリティ機能を部分的に実現するものはありましたが、新製品では、これら全てに対応しています。 
 また、業界に先駆けて、IT製品の国際セキュリティ評価認証である「ISO/IEC 15408セキュリティターゲット」の認定を現在申請中です。
 
3. フレキシブルな管理機能
 SNMPマネージャーによる遠隔一元管理、sshによるリモートログインにより、遠隔地からのネットワーク監視を可能としています。
 また、管理画面は通常のブラウザで操作できるhttp、httpsに対応しており、専用ソフトをインストールする必要はありません。
 
4. コンパクトで設置性に優れた本体
 コンパクト(幅200X奥行132X高さ40、重さ約1.2kg)な本体は設置性に優れ、水平面、壁面どちらにも設置可能です。また、防水・防湿や温度対策といった環境への対応を行なった屋外型も用意しており、製造現場やプラント、屋外の無線LANスポットなどでも無線LANネットワークを構築可能としています。
 
5. 既存ネットワークとの親和性
 1台のアクセスポイントで複数の周波数、認証機能、暗号技術に対応しており、クライアント側の機能サポート能力を問わずこれ1台で対応可能です。もちろん、WA-7000用PCカードをクライアントPC側で使用することにより、提供できる全ての機能を実現可能です。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品に関する
お問い合わせ先
通信システム事業部 TEL 03(3457)2977

 


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright