東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
白もの家電のネット接続技術仕様『iReady』を共同開発

2003年12月17日

異なるメーカのネット家電の相互接続実現とネット家電の普及促進を目指して

共同実証試験で使用したBluetooth(TM)アダプタ

三洋電機株式会社
シャープ株式会社
株式会社東芝
三菱電機株式会社
(50音順)

 三洋電機株式会社、シャープ株式会社、株式会社東芝、三菱電機株式会社(50音順)の4社は、これまで、個別にネット家電に関する技術開発や商品化を行って参りましたが、ネット家電市場を早期に立ち上げる仕組みの確立が最重要課題と考え、各社の白もの家電を相互にネット接続するための技術仕様『iReady』の共同開発に合意しました。

iReady: IT Ready、Internet Ready、I am Readyの言葉からとったもので、ネットワークに繋がる準備ができている(Ready)家電という意味です。

1. 背景とねらい 

 これまで、ネット接続による機器の連携動作や遠隔制御などにより新しい付加価値をもたらすネット家電注1)には大きな期待が寄せられてきました。しかし、その普及面からみれば、メーカ間の保証されていない相互接続性、及びネット接続機能内蔵によるネット家電のコスト上昇などの大きな障壁がありました。そこで、4社は、まず、コスト上昇を押さえた白ものネット家電の普及をめざして、ネット接続機能を白ものネット家電本体から分離するための相互接続実証実験を進めてまいりました。
 その結果をふまえ、4社は実証実験をさらに発展させ、異なるメーカの白ものネット家電の相互接続の確立とネット配信サービスルールの共通化を目指した『白もの家電のiReady化』を提唱し、その技術仕様『iReady』の共同開発に取り組むことに合意しました。
 尚、この取組みは、1年程度を目標に、4社以外の家電各社、コンピュータ周辺機器メーカ、インターネットサービス会社など関連する企業の参加を募り共同で進めていきます。

2. 技術仕様『iReady』が実現する『白もの家電のiReady化』

 白もの家電のiReady化は、主に、以下の4つの機能を実現することにあります。
(1) 異なるメーカの白ものネット家電の相互接続の確立
(2) ECHONET規格注2)で採用(予定)のネット接続機能の『 iReadyアダプタ』化
(3) アダプタ接続端子を搭載した低コストの『 iReady家電』
(4) ネット配信サービス仕様の共通化

 そして、これらを実現する技術仕様『 iReady』を標準化することで、まず安価なアダプタ接続端子を搭載した『 iReady家電』の普及促進をはかり、必要に応じてネット接続機能を持つ『 iReadyアダプタ』を取り付けてネット家電化を進めることができます。
 またネット接続機能の『 iReadyアダプタ』化により、BluetoothTM注3)や特定小電力無線を内蔵して既に商品化されている白ものネット家電への接続のみならず、PC系で普及しつつある無線LANや、将来現れる通信メディアに対応させることも容易となり、メーカ間の白ものネット家電の相互接続が非常に簡単に実現できます。
 さらに、これまで各社が独自に進めていたネット配信サービスに関しても、異なるメーカの白ものネット家電が共存したホームネットワークへのサービスやサーバの共同運用が可能となり、本格的な白ものネット家電の普及促進が期待できます。

3. 補足資料

(1) 『白もの家電のiReady化』提唱の背景
 家庭へのインターネットの普及や家族各人の携帯電話の所持など高度情報化社会に向けたインフラ整備が進む中、様々な家電機器を家庭内のネットワークに接続することによって、ホームセキュリティーやホームヘルスケアといった個々の生活支援を行うホームネットワークサービスの実現が期待されています。しかしながら、家庭内の機器をネットワークする通信メディアは様々なものが存在するため、異なるメーカの家電が容易に相互接続できないばかりか、ネット接続機能を内蔵した家電のコストも高く、結果的にネット家電市場、および、その次に来るホームネットワークサービスビジネス市場の立ち上げを阻害していました。
 『白もの家電のiReady化』構想は、これらの障害をなくして、異なるメーカの白もの家電の相互接続性の実現、ネット接続機能をアダプタ(オプション)化したコストの安いiReady家電によるホームネットワークの普及促進、そして、ネット配信サービスの共有化/共同運営が可能な技術環境の構築を目指したものです。
   
(2) 『 iReady 』技術仕様の全体構成
 iReady 技術仕様に関しては主に次の仕様の策定を進めて参ります。
 1) iReady 家電仕様
コネクタ形状及びスロット形状の物理的仕様と電気的仕様
 2) iReadyアダプタ仕様
アダプタの形状とサイズおよびコネクタ形状の物理的仕様と電気的仕様
 3) iReady家電とiReadyアダプタ間のプロトコル規格
ECHONETコンソーシアム規格に準拠
 4) ネット配信サービスルールの共通仕様
iReady家電とサービス提供サーバ間のアクセスルールや制御ルール等の共通化
   
(3) 普及への具体的な取組み
 1) 技術仕様のオープン化
『 iReady 』技術仕様を広く公開し、家電メーカのみならず、周辺機器メーカなどが『 iReadyアダプタ』の開発に参入でき、互換性の確保が保証される環境を用意し、アダプタの低価格化や普及促進を図っていきます。
 2) ネット配信サービスの共同運用
異なるメーカのiReady家電に対して各種共通サービス(制御)を提供できるサービスルールのもと、ネット家電を利用した新しい生活支援サービスを実現するネット配信サービスの共同運用を目指して取り組みます。
 3) 海外企業への『 iReady 』技術仕様の採用推進    
広く国際的にも受け入れられるものとするため、関係機関と協力しながら、国内外の家電メーカに対して『 iReady 』技術仕様の共同開発への参加または採用へのプロモーション活動を進めて参ります。

注1: ネットワークで接続することによって、機器の連動動作や遠隔制御などにより新しい付加価値が付与可能な次世代家電。例えば、
外出先から携帯電話で帰宅時間を連絡すると、その時間に合わせて室温を快適な温度に設定する
エアコンやお湯張りをする給湯機。
レシピや洗濯メニューをインターネットからダウンロードして自分で最適な運転を行うオーブンレンジや洗濯乾燥機。
使用状況を通知することで高齢者の安否確認を行う冷蔵庫や調理家電。
など、今後様々なサービスが実施される予定。
注2: 電灯線や無線を利用して家電機器を制御するためのネットワーク通信技術の業界標準規格。
注3:

BluetoothTMは、Bluetooth SIG ,Inc. U.S.A.の登録商標です。また、ECHONET規格で利用定義されている通信方式です。

お問い合わせ先

お客様からの
お問い合わせ先
東芝コンシューママーケティング株式会社
HAクリエーション部
TEL 03(3457)3588


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright