東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
家庭向けノートパソコン新製品の発売について

2004年1月19日

従来モデルと比べて約2倍の明るさの高輝度液晶を搭載した「dynabook EX1」など

東芝ノートPC dynabook EX1
東芝ノートPC dynabook CX1
東芝ノートPC dynabook VX1
東芝ノートPC dynabook AX1

 当社は、家庭向けノートPCの新製品として、従来モデルの約2倍*1*2の明るさ(380cd/m)の高輝度液晶と高音質のharman/kardonステレオスピーカシステムを搭載することで、明るく高精細な映像と臨場感あふれる音声の再生を実現した「dynabook EX1」シリーズなど4機種10モデルを商品化し、1月23日から順次発売します。

 「dynabook EX1」シリーズは、一台で4役(液晶テレビ/HDD&DVDレコーダー/オーディオプレーヤー/パソコン)の使い方ができるデジタルAVオールインワンノートPCです。映像を鮮明に再現する大画面15型「高輝度Clear SuperView液晶」*1*2に加えて、harman/kardonステレオスピーカシステム*1や、書き込み可能なDVDドライブ、TVチューナ*3を搭載しています。また、用途に応じて機能を入れ替えることができる「ライフスタイルパネル」の一つとして専用ボタンでテレビ/CD/DVDの操作ができる「マルチAVパネル」を新たに用意しています*3。さらに、Windows(R)を起動しなくてもテレビを見たり音楽CDを再生したりできる便利な「クイックプレイ機能」*3を搭載しています。

 「dynabook CX1」シリーズは、ノートパソコンもインテリアの一つとして捉え、「住空間との融合と調和」をコンセプトに、ライフスタイル家電の新レーベル「リアル・フリート」と、鄭秀和氏率いる建築・デザイン事務所「インテンショナリーズ」を交えてデザインコラボレーションを行ないました。スイッチやキーボードの刻印、筐体アイコン、ボタン類などの形状や配置を見直すとともに、ラッチレス構造の採用、パームレスト部への透明アクリル素材の活用などにより、すっきりとした軽快な印象のデザインに仕上げています。また、従来の「dynabook C9」シリーズと比べて本体幅を約10mm、高さを約0.7mm、質量を約200gそれぞれ削減しコンパクト化を進めるとともに、「dynabook CX1/214LDEW」モデルでは、「統合型Intel(R) PRO/Wirelessネットワークコネクション」を搭載した「Intel(R) CentrinoTMモバイル・テクノロジ」を採用し、快適なモバイルコンピューティングを実現する高性能を確保しています。

 高性能フラッグシップノートPC「dynabook VX1」は、「Intel(R) Pentium(R) Mプロセッサ1.50GHz」の採用をはじめ、15.4型ワイド「Clear SuperView液晶」、NVIDIA(R)社の高速グラフィックアクセラレータ「GeForceTM FX Go5200」、ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)など、充実した性能を美しい筐体にまとめています。また、外付けTVチューナボックスを本体に同梱したモデル「dynabook VX1/W15LDET」も併せてラインアップしています。

 なお、今回の新商品では、全機種全モデルにデジタルノートアプリケーション「Microsoft(R) Office OneNoteTM2003」をプレインストールしています。

*1 「dynabook EX1/524CWE」を除く
*2 当社従来モデル「dynabook EX/522CDET」(約180cd/m2)との比較で約2倍の380cd/m2の輝度を実現。
*3 「dynabook EX1/522PDETW」、「dynabook EX1/524CDET」のみ。通常Windows(R)を起動し、TVを見るまで1分以上かかっていましたが、「クイックプレイ機能」により約10秒程度(使用環境状況によって多少差があります。)でTV視聴が可能となります。

<株式会社 リアル・フリート> http://www.realfleet.co.jp/
 日本の生活デザインを家電から変えていくことを目指す、全く新しい思想を持ったクリエイティブ集団。昨年、当社とのコラボレーションで液晶テレビ「液晶“FACE”」のプロモートを担当。
 
<有限会社 インテンショナリーズ> http://www.intentionallies.co.jp/
 建築のみならず、家具、インテリアなど生活におけるデザイン全般を手がける。昨年、同じく液晶テレビ「液晶“FACE”」プロジェクトでプロダクトディレクションを担当。
 代表取締役:鄭秀和 雑誌「Wall Paper」で世界10人のアーティストとして選ばれる。

新製品の概要

<AV機能を充実させたデジタルAVオールインワンノートPC「dynabook EX1」シリーズ>

<AV機能を充実させたデジタルAVオールインワンノートPC「dynabook EX1」シリーズ>

<モバイル性と使い勝手を高めたコンパクトノートPC「dynabook CX1」シリーズ>

<モバイル性と使い勝手を高めたコンパクトノートPC「dynabook CX1」シリーズ>

<ワイド液晶を搭載したAVフラッグシップノートPC「dynabook VX1」シリーズ>

<ワイド液晶を搭載したAVフラッグシップノートPC「dynabook VX1」シリーズ>

<コストパフォーマンスを追求した「dynabook AX1」シリーズ>

<コストパフォーマンスを追求した「dynabook AX1」シリーズ>

新製品の主な特長

<dynabook EX1シリーズ>

1. 従来比約2倍の高輝度を実現した「15型 高輝度Clear SuperView液晶」を採用*1
 TVやDVDの映像を美しく再現するために、明るさを従来比約2倍*2にアップした「15型 高輝度Clear SuperView液晶」を搭載しています。消費電力を抑えるためにバックライトの本数は増やさず、周波数を50%上げ、光量を効率良く拡散することで約2倍の明るさを実現しています。また、低反射コーティング層が映り込みを軽減しハードコート層が内光の拡散を抑えることで、引き締まった黒とくっきりとした色彩を再現し、コントラストの高い、メリハリのきいた映像を大画面で満喫することができます。
*1 「dynabook EX1/524CWE」を除く
*2 当社従来モデル「dynabook EX/522CDET」(約180cd/m2)との比較で約2倍の380cd/m2の輝度を実現。
 

2.

新たに「マルチAVパネル」を標準搭載
 用途や使う人のパソコン習熟度に応じて機能を入れ替えることができる「ライフスタイルパネル」には、今回新たに「マルチAVパネル」を標準搭載しています。これにより、TVのチャンネル切り替えやボリュームコントロール、液晶画面の輝度調整などのボタン操作が可能です。さらにWindows(R)を起動しなくてもTV試聴や音楽CDの再生が可能な「クイックプレイ機能(「クイックTV」、「クイックCD」機能)」を搭載しています。
(ライフスタイルパネル)
・「マルチAVパネル」: TV・CD/DVD切り替え、TVのチャンネル切り替え、CD/DVDの再生、停止、トラックのジャンプ、音声調整ボタン、液晶輝度調整ボタンなどを装備。
・「日本語入力パネル」: 画面や文字の拡大・縮小、入力モード切替、単語/用例登録ボタンなどを装備。ボタン操作により日本語入力時の使い勝手を向上します。
・「オーディオパネル」: CDやDVDの再生、停止、トラックのジャンプ、音量調整ボタンを装備。
・「フォトフレームパネル」: お気に入りの写真などをパネルにはめ込むことができます。
・「フラットパネル」 : デザインをすっきりと見せるフラットなパネルです。
「dynabook EX1/522PDETW」、「dynabook EX1/524CDET」には「マルチAVパネル」が標準搭載され、「日本語入力パネル」、「フラットパネル」を同梱。「dynabook EX1/524CDE」には、「日本語入力パネル」が標準装備され、「オーディオパネル」、「フラットパネル」を同梱。「dynabook EX1/524CWE」には、「日本語入力パネル」が標準装備され、「フラットパネル」を同梱。
 
3. HDD&DVDビデオレコーダーとしても利用できる豊富なデジタルAV機能を搭載
 「dynabook EX1/522PDETW」には、TVチューナー、ビデオキャプチャ機能をはじめ、「モバイルIntel(R) Pentium(R)4プロセッサ 2.20GHz-M」、80GBハードディスク、DVDマルチドライブ、harman/kardonステレオスピーカ、ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)、USB2.0X4基、IEEE1394、PCカードスロットX2、SDカード/メモリースティックスロット、ビデオ入出力、音声入力(L/R)といった充実した仕様を搭載しています。
 
4. 快適な使い勝手を実現する豊富なインタフェースを最適に配置
 各種インタフェースは、ユーザの使いやすさを考慮して配置を決めています。本体の右側面には、光ディスクドライブとマウスなどを繋ぐUSBコネクタ2基、左側面には、iEEE1394コネクタ、AV入力端子、PCカードスロットなどケーブルやメディアの抜き差しをする頻度が高いインタフェースを集中。背面には、電源コネクタ、アンテナ入力、LAN/モデムインタフェース、RGB、パラレルコネクタなどを配置しており、すっきりとした配線を可能としています。

<dynabook CX1シリーズ>

1. 細部にまでこだわって進化させたComfortデザイン
 ノートパソコンもインテリアの一つとして捉え「住空間との融合と調和」をコンセプトとして、当社と、ライフスタイル家電の新レーベル「リアル・フリート」と、鄭秀和氏率いる建築・デザイン事務所「インテンショナリーズ」とのデザインコラボレーションを行ない、Comfortデザインの進化を目指しました。スイッチやキーボードの刻印、筐体アイコン、ボタン類などの形状や配置を見直すとともに、ラッチレス構造の採用、パームレスト部への透明アクリル素材の活用などにより、すっきりとした軽快な印象のデザインに仕上げています。
 
2. 「Intel(R)CentrinoTMモバイル・テクノロジ」採用で、高い処理性能と長時間バッテリ駆動を実現
 「dynabook CX1/214LDEW」は、「Intel(R) Pentium(R) Mプロセッサ1.40GHz」と「統合型Intel(R)PRO/Wirelessネットワーク・コネクション」、「Intel(R) 855GMEチップセット」という三つのコンポーネントから構成される、「Intel(R) CentrinoTM モバイル・テクノロジ」を搭載しています。高い処理性能を実現しながらも、標準バッテリで約5.1時間の長時間バッテリ駆動が可能です。
 
3. オリジナルDVDが作成できるDVDマルチドライブを搭載
 DVD-RAMやDVD-R/-RWへの書き込みが可能なDVDマルチドライブを搭載しています。デジタルビデオカメラで撮影した映像をDVD-R/-RWに記録してPCや家庭用DVDプレーヤーで視聴したり、繰り返し編集が容易なDVD-RAMに保存し、編集してオリジナルDVDを簡単に作成したりといった多彩な使い方が可能です。また、くっきりとした美しさを追求した「Clear SuperView液晶」を採用し、コントラストの高い、高画質を実現しています。
CX1/214LDEW、CX1/212CDEWモデルのみ。

<dynabook VX1シリーズ>

1. 15.4型ワイドClear SuperView液晶を搭載
 DVDビデオの鑑賞に適した大画面15.4型ワイドスクリーン液晶を搭載しています。WXGA(1,280X800ドット)の「Clear SuperView液晶」は、DVDビデオの高画質映像を高精細かつ忠実に再現します。また、迫力のある高音質を再現するharman/kardonのハイクオリティスピーカを搭載しており、迫力のワイド大画面とサウンドで、映画やライブビデオの試聴では、眼前に繰り広げられているかのような臨場感を実現しています。さらに、液晶を閉じた状態でもスピーカからの音声がクリアに聞こえるように、ボディトップにスピーカ用スリットを設けています。
 
2. 気軽に映像を記録、編集、再生。DVDマルチドライブ搭載
 DVD-RAM、DVD-RW、DVD-R、CD-R/RWやCD-ROMに対応したDVDマルチドライブを搭載しています。DVD-RAMで映像を記録する、DVD-RWで大容量データを保存する、DVD-Rでデジタルビデオカメラの撮影データを記録するといった多彩な活用が可能です。なお大容量80GBハードディスクの搭載により、画像データの取り込みや、デジタルミュージックのライブラリ作成に適しています。さらに「dynabook VX1/W15LDET」モデルは、「TVチューナボックスセット」を同梱していますので、DVDレコーダー、ハードディスクレコーダーとしてTV番組の記録、保存が可能です。
 
3. パワーと省電力を両立したIntel(R) Pentium(R) M プロセッサ
 「Intel(R) CentrinoTM モバイル・テクノロジ」を採用。「Intel(R) Pentium(R) M プロセッサ 1.50GHz」のCPUが実現する高いパフォーマンスと長時間バッテリ駆動を両立しています。さらにNVIDIA(R)社がノートPC専用に開発した「GeForceTM FX Go5200」を搭載しており、低消費電力設計と高速描画性能の両立により、ノートPCでありながら3Dゲームでも高いパフォーマンスを発揮します。
 
4. 高い軽薄短小技術を誇る当社ならではの軽量・薄型スタイリッシュボディ
 重さ約2.8kg、外形寸法360mm(幅)X270mm(奥行)X25.4mm(最薄部)/35.9mm(高さ)の軽量、薄型のボディを実現しています。本体上面に軽くて強度に優れたマグネシウムを採用しているほか、内部のシステム基板の小型化、コネクタ基板の分離などにより、放熱性能を維持しながら、薄く、流麗なカーブのデザインに仕上げています。また、パワーボタンやショートカットボタンをアクセスしやすい左部に配置することによって、キーボード、タッチパッドをほぼ中央に据えるUsabilityに配慮したデザインです。

<dynabook AX1シリーズ>

1. 充実した基本性能
 DVD-ROMドライブと高速なCD-R/RWドライブを一体化したマルチドライブを搭載しDVDビデオの鑑賞やオリジナルCDの作成が可能です。CD-R/RWドライブに「バッファアンダーランエラー防止機能」を搭載し、オリジナルCDの作成も安定した書込みで行えます。また、高速CPU「モバイル Intel(R) Celeron(R) プロセッサ2.40GHz」を搭載しており、ブロードバンドでのインターネット接続なども快適に楽しむことができます。

<全モデル共通の特長>

「Microsoft(R) Office Personal Edition2003」など多彩なソフトウェアをプレインストール
 「Microsoft(R) Office Personal Edition2003」、「Microsoft(R) Office OneNoteTM2003」をはじめとした、豊富なソフトウェアをプレインストール。オリジナルソフトウェア「パッドタッチ」は、パソコン本体タッチパッド部の四隅のいずれかに数秒間触れることで起動し、作業中のパソコン画面にランチャメニュー画面を重ねて表示します。これにより、作業中の画面を閉じなくてもデスクトップ上のアイコンを実行したり、別アプリケーションへ切替えたり、お気に入りのホームページへアクセスしたりといった操作をすばやく行なうことができます。
 また、「ぱらちゃん」や「ぱらパパ」、「ぱらママ」といったキャラクタが画面いっぱい飛び回ったり、メールを届けてくれるデスクトップアクセサリソフト「ぱらちゃんVersion2.1」は、新たに「音声認識機能」が追加され、「メールチェック機能」、「スケジュールチェック機能」、「占い機能」など、さらに楽しく遊ぶことができるようになりました。また「LaLaVoice 2001」は漢字かな交じり文を読み上げたり、音声入力や音声操作が行える多機能な音声合成認識ソフトです。今回新たに「LaLaVioce翻訳(音声入力自動翻訳読み上げ機能)」を搭載し、ユーザが話した日本語を自動認識し、英訳した上で読み上げます。これにより一層実用性が向上したソフトウェアに仕上がっています。

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Intel、Pentium、CeleronはIntel Corporationの登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windows、は米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • i.Linkとi.Linkロゴは商標です。
  • Bluetoothは、その商標権者が所有しており、東芝はライセンスに基づき使用しています。
  • ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright