東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
東芝の開発した0.85型ハードディスクドライブが世界最小のハードディスクドライブとしてギネス世界記録に掲載

2004年3月16日

東芝「0.85型ハードディスクドライブ」
 
東芝「0.85型ハードディスクドライブ」

 当社が開発した0.85型ハードディスクドライブ(以下、HDD)がギネス社によって「世界最小のHDD」として認定され、2004年9月に英国にて発行予定の2005年版「ギネス世界記録」に掲載されることになりました。

 当社の開発した0.85型HDDは、寸法が縦32mmX横24mmX厚さ3〜5mmで重さは10g以下と、従来の1.8型HDDの1/4程度で、モバイル情報機器への搭載に適しています。記憶容量は2〜4GBを想定しており、音楽や映像などの大容量コンテンツを保存することができます。
 今後、デジタルオーディオプレーヤー、デジタルビデオカメラ、PDA、携帯電話といった小型のモバイル情報機器に適用が大きく広がるものと期待しています。

<ギネス世界記録について>

 英国のビール会社であるギネス社が毎年発行している「ギネス世界記録」は、1955年に「ギネスブック」として発行を開始し、現在では23以上の言語に翻訳され100カ国以上で販売されています。
 「ギネス世界記録」は、収集した世界記録を、仔細に確認し、信頼できる記録だけを掲載しており、「ギネス世界記録」による認定には、大変な権威があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright