東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高性能64ビットRISC型マイクロプロセッサ新製品の発売について

2004年7月6日

高性能デジタル情報機器の更なる高速動作を可能に

「TX9956CXBG−666」「TX9956CXBG−533」

 当社は、機器の高性能化に伴って、容量の拡大するデータやプログラムを高速に処理することができる64ビットRISC型マイクロプロセッサ「TX9956CXBG−666」など2品種を商品化し、7月下旬からサンプル出荷を開始します。

 新製品は、90ナノメートル(nm)の微細加工プロセスを採用し、米国MIPS社のRISCアーキテクチャを利用した当社オリジナルのプロセッサコア「TX99/H4」を搭載しており、最高動作周波数666MHzの高速処理が可能な当社のRISC型マイクロプロセッサの最上位汎用製品です。本製品は、ハイエンドのレーザービームプリンタやセットトップボックスなどのデジタル情報機器に適しています。この新製品には、大容量のセカンダリーキャッシュメモリ(256Kバイト)を内蔵しているため、キャッシュに貯えられているプログラムやデータなどのヒット率が向上し、本製品を搭載する機器の実行性能を高めることが可能です。
 なお、2006年には次世代65nmプロセスで動作周波数1GHzの汎用製品を展開する予定です。

 当社は、1989年からMIPS社とRISC型マイクロプロセッサの分野において提携関係にあり、同社の技術を導入した高性能マイクロプロセッサを「TXシリーズ」としてデジタル情報機器やネットワーク機器向けに展開しています。

*: TX9956CXBG−666の場合。TX9956CXBG−533の最高動作周波数は533MHz。

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い

 近年、ネットワークプリンタや家庭用のテレビに接続して追加機能を提供するセットトップボックスなどのデジタル情報機器では、高機能化が進み、プログラムやデータの容量が拡大しており、データの高速処理が望まれています。
 当社はこうした状況に対応し、64ビットRISCコアをベースに2命令同時に並列処理できる機能(デュアル・イシュー・スーパースカラーパイプライン)や大容量セカンダリキャッシュメモリを内蔵させることで、搭載機器の高速動作を可能にするマイクロプロセッサを開発したものです。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*2: VxWorks(R)はWind River Systems, Inc.の登録商標です。
*3: MontaVista(R)はMontaVista Software, Inc.の登録商標です。
*4: Linux(R)はLinus Torvaldsの登録商標です。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
システムLSI第一事業部
営業推進第一担当
TEL 03(3457)3491


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright