東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
次世代DVD「HD DVD」ディスク製造技術資料の公開について

2004年7月26日

東芝 HD DVDプレーヤー試作機
東芝 HD DVD ROMディスク
 
東芝 HD DVDプレーヤー試作機

メモリーテック株式会社
株式会社 東芝

 メモリーテック株式会社(社長:川 代治、所在:東京都港区)と株式会社東芝(社長:岡村正、所在:東京都港区)は、両社の技術協力により実現した次世代DVD「HD DVD」再生用ディスクの製造ラインについて、技術資料を公開いたします。
 技術資料(英文)の公開は8月下旬から行い、配布方法等の詳細は、両社のホームページ等でお知らせする予定です。

 メモリーテック株式会社は、株式会社東芝との技術協力をもとに、日本電気株式会社、住友重機械工業株式会社、オリジン電気株式会社、芝浦メカトロニクス株式会社、日立コンピュータ機器株式会社と共同で、DVD/HD DVDディスク製造兼用機の開発を進めて参りました。本年5月には、同社つくば工場(所在:茨城県明野町)に2ラインの製造ラインが完成し、稼働を開始しました。新設ラインは、DVD生産ラインとしても高い生産効率を実現しており、現在、DVDディスクの量産と、HD DVDサンプルディスクの量産に、同一ラインを併用して使用しています。
 本年8月には、更に2ラインのDVD/HD DVDディスク製造ラインを同社の甲府工場(所在:山梨県南アルプス市)に設置する計画です。

 新たに設置・稼動した製造ラインのディスク生産のサイクルタイムはHD DVDの場合で、3.5秒(2層30ギガバイトディスクの場合)、DVDの場合で3.0秒を達成しており、製造歩留りはいずれも90%を越えています。また、HD DVDとDVDの生産切り替えも僅か5分程度で完了することが可能となっています。HD DVDの量産に向けて、コスト効率の高い生産性と品質保証を実現しています。
 メモリーテック株式会社の4ライン合計の生産能力は、DVD生産の場合月産330万枚 、HD DVD生産の場合は月産280万枚となります。

 この兼用ラインの実現は、DVD生産の8年に亘る設備技術、生産技術の業界全体の蓄積の成果であり、これを広くディスク製造業界に還元すべきものと考え、今般技術内容を公開することにしたものです。多くの企業、研究機関等において、次世代DVD「HD DVD」のディスク製造技術資料が活用され、DVDの更なる発展につながるものと期待しています。

株式会社東芝会社概要
設 立  1904年6月
東京本社 東京都港区芝浦1-1-1
事業内容 総合電機
代表者  代表執行役社長 岡村 正

メモリーテック株式会社概要
設 立  1985年9月
東京本社 東京都港区南青山2丁目27番25号
事業内容 DVD・CD等の光ディスクの企画・編集・オーサリング・製造・流通
代表者  代表取締役社長 川 代治


次世代DVD「HD DVD」の事業化に向けた取組みと特長



プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright