東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
60ギガバイトの大容量を実現した1.8型磁気ディスク装置の発売について

2004年8月4日

東芝 1.8型ハードディスクドライブ「MK3006GAL(左),MK6006GAH(右)」
 
東芝 1.8型ハードディスクドライブ「MK3006GAL(左),MK6006GAH(右)」

 当社は、1.8型磁気ディスク装置の新製品として、業界最大容量*1の60ギガバイト*2を実現した「MK6006GAH」と、30ギガバイトの容量で本体の厚さを5mmに抑えた「MK3006GAL」を開発・商品化し、今年度第3四半期から量産を開始します。

 新製品はヘッド、メディアの薄膜技術の改良などにより、世界最高*3の面記録密度145メガビット/平方ミリメートル(93.5ギガビット/平方インチ)を達成しています。これにより、デジタルオーディオプレーヤや、モバイルノートPCといったモバイル機器の内蔵ストレージに搭載できる薄型軽量と、大量の音楽データや長時間の映像を保存できる大容量を両立しています。

 また、スピンドルモータのPWM制御と内部電源へのDC/DCコンバータ採用により、消費電力を平均約20%低減するとともに*4、流体軸受モータの採用でアイドル時の動作音を平均16dBに低減する*5など、AV用途を意識した改良を施しています。
 さらに、フェムトスライダを採用した小型ヘッドとサスペンションの軽量化により、業界最高*1の動作時衝撃耐力500G(2msec)を達成するとともに、動作時の振動耐力もヘッドの位置決め制御方式の改良で2G(15−500Hz)に向上させるなど、常に持ち運ばれるモバイル機器への搭載に適した仕様としています。

 当社は、今後も容量や性能の向上に取り組み、市場をリードする高品質な製品を継続的に投入し、小型磁気ディスク事業のさらなる拡大を図っていきます。

*1 2004年8月4日現在
*2 1ギガバイト(GB)を109 = 1,000,000,000バイトで算出しています。但し、コンピューターの基本ソフトウェア(OS)は1GBを230= 1,073,741,824バイトとして扱うため、より少ない容量を表示します。また、実際のフォーマットされた容量は異なる場合があります。
*3 2004年8月4日現在、製品化されている1.8型磁気ディスク装置では世界最高記録密度
*4 当社製1.8型40/20ギガバイト磁気ディスク装置「MK4004GAH/MK2004GAL」との比較
*5 「MK3006GAL」において。「MK6006GAH」は18dB。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の主な特長

1. 世界最高の面記録密度を達成し大容量化を実現
 ヘッド部に従来のピコスライダよりも約35%小型化したフェムトスライダを採用するとともに、ヘッド、メディアの薄膜技術を改良することで、145メガビット/平方ミリメートル(93.5ギガビット/平方インチ)という世界最高の面記録密度を達成し、プラッターあたり30ギガバイトの大容量を実現しています。
 これにより、「MK6006GAH」では、1.8型の磁気ディスク装置として初めて60ギガバイトの容量を実現しており、デジタルオーディオプレーヤや、モバイルノートパソコンに内蔵すれば、デジタルカメラなどで撮影した静止画や動画といった大容量ファイルや、インターネットで購入した大量の音楽データも保存可能になります。
 また、「MK3006GAL」では容量30ギガバイトで厚さを5mmに抑えており、モバイル機器に搭載しやすい薄型・軽量設計としています。
2004年8月4日現在、製品化されている1.8型磁気ディスク装置では世界最高記録密度
 
2. 消費電力の低減
 スピンドルモータの回転制御に、従来のリニア駆動方式よりもエネルギー損失を抑えることができるPWM (Pulse Width Modulation) 方式を採用するとともに、HDD内部電源に、変換効率の高いDC/DCコンバータを採用することで、消費電力を当社従来モデルから平均で約20%低減しています。ノートパソコンに内蔵した場合は、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。
当社製1.8型40/20ギガバイト磁気ディスク装置「MK4004GAH/MK2004GAL」との比較
 
3. モバイル機器への搭載に適した耐振動・衝撃性能の向上
 小型・軽量のフェムトスライダの採用と、サスペンション、アームの軽量化により、動作時衝撃耐力は1.8型では業界最高*1の500G(2msec)を実現しています。また、動作時の振動耐力もヘッドの位置決めをフィードフォワード制御方式に変更することで従来モデルの2倍*2の2G(15−500Hz)に向上させています。さらに、流体軸受けモータの採用で非動作時耐力も1,500G(1msec)を達成するなど、持ち運んで利用されるモバイル機器への内蔵に適した仕様としています。
*1 2004年8月4日現在。
*2 当社製1.8型40/20ギガバイト磁気ディスク装置「MK4004GAH/MK2004GAL」との比較。
 
4. 高い静音性
 流体軸受けモータの採用と、スピンドルモータの駆動電流制御を正弦波駆動方式としたことで、アイドル時の動作音を16dBに抑えて高い静音性を実現しています。デジタルオーディオプレーヤやモバイルノートパソコンの静粛性を向上することができます。
「MK3006GAL」において。「MK6006GAH」は18dB。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
(注) 1メガバイト(MB)は1,000,000バイト、1ギガバイト(GB)は1,000,000,000バイトで計算しています。

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
ストレージデバイス事業部 TEL 03(3457)2445


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright