東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
次世代薄型ディスプレイ“SED”パネルに関する合弁会社の設立について

2004年9月14日

キヤノン株式会社
株式会社 東芝

 キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表者:代表取締役社長 御手洗冨士夫、以下「キヤノン」)と株式会社東芝(本社:東京都港区、代表者:代表執行役社長 岡村正、以下「東芝」)は、2004年10月に、次世代薄型ディスプレイパネルである“SED”パネルの開発、生産、販売を目的とした合弁会社を設立することで合意しました。

 “SED”は、キヤノンの独自技術である電子源と微細加工技術、東芝のブラウン管技術と液晶・半導体量産技術を結集して生まれた、新しい表示方式の薄型ディスプレイです。表示原理は、ブラウン管(CRT)と同様に電子を蛍光体に衝突させて発光する自発光型であり、ブラウン管の電子銃に相当する電子放出部を画素の数だけ設けた構造となっています。このため、高輝度、高精細に加え、高い動画追従性、高コントラスト、階調数の多さなど総合画質に優れ、さらに低消費電力という特性を備えています。

 “SED”は、キヤノンが1986年から研究を開始し、1999年からは、東芝と共同でその実用化に向けた開発を行ってきました。キヤノン、東芝両社はこのたび、その事業化にめどがついたと判断し、合弁会社設立合意に至りました。新会社では、“SED”パネルを、主に薄型大画面テレビ向けに商品化することを計画しており、2005年に生産を開始する予定です。その後、量産拠点の整備を行い、生産を拡大する計画です。

 今後もテレビ市場では薄型テレビが伸長を続けると予想されております。また、今後、デジタルハイビジョン放送や次世代DVD、デジタルカメラやデジタルビデオカメラなどによる高精細・高画質なコンテンツの普及が見込まれています。このような背景の下、キヤノンと東芝は、次世代の高精細・高画質な映像を余すところなく表現できる新しい薄型ディスプレイとして“SED”の確固たる地位の確立をめざします。

Surface-conduction Electron-emitter Display(表面伝導型電子放出素子ディスプレイ)の略称。

【新会社概要】
会社名 SED株式会社
設立年月日 2004年10月(予定)
事業内容 SEDパネルの開発、生産、販売
本社所在地 神奈川県平塚市田村9−22−5
代表者 代表取締役社長 鵜澤 俊一(現 キヤノン取締役 SED開発本部長)
資本金 設立時10億5万円
株主構成 キヤノン株式会社 50.002%  株式会社東芝 49.998%
従業員数 約300名(2005年1月時点 予定)

引き続き現職を兼務の予定。

本資料には、将来の予想に関する記述が含まれています。これらは、現在入手可能な情報に基づく仮定および判断による将来の見通しであり、多様なリスクや不確実な要素を含んでいます。従って、将来の結果等は、これらの種々の要素によって変動する可能性があり、本資料での将来の計画や見通しとは異なるおそれがあります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright