東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R)(ギガビート)」新製品の発売について

2004年9月27日

HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R) F20」
 
HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R) F60」
HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R) F10」
 
HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R) G10」

 当社は、HDDオーディオプレーヤーの新製品として、本体に搭載した2.2型のカラー液晶画面に表示される操作ガイドを見ながら、十字型タッチセンサー「プラスタッチTM」を指でなぞって操作する新たなユーザーインタフェースを採用し、分かりやすさと使いやすさを向上した「gigabeat(R) F20」など3モデルを商品化し、11月下旬から順次発売します。

 新製品は、「プラスタッチTM」での操作に適した縦型デザインを採用した本体に、10GB、20GB、60GBのHDD*1を内蔵しており、それぞれ約2,500曲、5,000曲、15,000曲の音楽データ*2を保存して楽しむことができます。また、本体に搭載した2.2型QVGA低温ポリシリコンTFTカラー液晶画面には、操作に合わせてメニュー画面や曲目のリストを高速かつ滑らかに切り替えて表示するので、ユーザーは分かりやすい直感的な操作で音楽を楽しむことができます。

 新製品は音楽転送も簡単な操作で行なうことができます。パソコンに接続したUSBクレードル*3にgigabeat(R) 本体を載せた状態で、パソコンの光ディスクドライブに音楽CDを入れて、USBクレードルの「RipRecTM(リップレック)」ボタンを押すと、音楽データのパソコンへの取込み*4から本体への転送までを自動的に行なうことができます。また、パソコンの指定したフォルダ内とgigabeat(R) 本体内の音楽ファイルを同期させる場合は、USBクレードルの「Sync」ボタンを押すことで、パソコンに追加した曲だけをgigabeat(R) に送ることができます。

 なお当社は、薄型・軽量デザインの本体に10GBのHDD*1を内蔵した「gigabeat(R) G10」についても合わせて商品化し、11月下旬から発売します。
 今回の新製品は、すべてのモデルで著作権保護の仕組みである「Windows Media(R) DRM 」に対応するとともに、パソコンのUSB端子と接続するだけで本体の充電をすることができるUSBバスパワー充電*5にも対応しています。

*1 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は10GB・20GB・60GB以下になります。
*2 WMAまたはMP3フォーマット、128kbps、4分間の音楽データの場合。
*3 「Fシリーズ」のクレードルは「gigabeat(R) F60」のみ同梱しています。「gigabeat(R) F10/F20」では別売りとなります。
*4 音楽ファイルはPCには残りません。
*5 USBからの充電は、パソコン本体のUSBバス電源供給機能の性能に依存するため、パソコンの機種によってはできない場合があります。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 昨今、デジタル著作権保護技術(DRM)の普及に伴い、インターネット上で楽曲を販売する音楽配信サイトの開設が相次いでいます。インターネットで購入した楽曲のデータを、携帯型のデジタルオーディオプレーヤーに保存して聴くという音楽の新たな楽しみ方が広まるにつれて、大量の音楽データを保存することができるHDD内蔵タイプのデジタルオーディオプレーヤーの市場規模が拡大を続けており、2005年度には95万台規模に達する見込みです。
 このような中、当社は、高性能・高品質を誇る自社製1.8型HDDを搭載した「gigabeat(R)(ギガビート)」シリーズのラインアップを拡充し、HDDオーディオプレーヤー市場のさらなる拡大と当社シェアの向上を図っていきます。
市場規模の数値はいずれも当社調べ。

新製品のおもな特長

<「gigabeat(R) Fシリーズ」の特長>
1. 分かりやすく直感的な操作が可能な新ユーザーインタフェース「プラスタッチTM
 縦型デザインの本体に搭載した2.2型QVGA低温ポリシリコンTFTカラー液晶パネルに表示される分かりやすい操作ガイドを見ながら、十字型タッチセンサー「プラスタッチTM」をなぞって操作する新開発のユーザーインタフェースを搭載しています。音楽データの検索や、再生音質の変更などの主要な操作はすべて「プラスタッチTM」で行なうことができ、操作に合わせてメニュー画面や曲目のリストを高速かつ自然な滑らかさで切り替えて表示することで、直感的な操作で音楽を楽しむことができます。
 
2. ボタン一つで音楽の転送が可能な「RipRecTM」機能
 パソコンに接続したUSBクレードルにgigabeat(R) 本体を載せた状態で、パソコンの光ディスクドライブに音楽CDを入れ、USBクレードルの「RipRecTM」ボタンを押すと、パソコンにインストールした付属のアプリケーション「gigabeat roomTM」が自動的に起動して、音楽データのパソコンへの取込みから本体への転送までの処理を行ないます。パソコンの習熟度にかかわらず、gigabeat(R) で音楽を楽しむことができます。
 また、新製品では、パソコンの中の音楽データとgigabeat(R) 本体のデータを同じ状態に同期させることができます。「gigabeat roomTM」でパソコン内に同期用フォルダを指定すれば、USBクレードルの「Sync」ボタンを押すか、「gigabeat roomTM」のSyncボタンをクリックすることで、パソコンに追加した音楽データだけを本体に転送することができます。
「gigabeat(R) F10/F20」ではUSBクレードルは別売です。
 
3. 3Dヘッドホンサラウンド SRS WOW(R) 搭載
 臨場感あふれる音場効果を作り上げる3Dヘッドホンサラウンドシステム「SRS WOW(R) 」を搭載しました。コンサート会場にいるかのような迫力ある音の広がりをお楽しみいただけます。
 
4. 軽量・小型の本体に10GB、20GB、60GBのHDDを搭載、約16時間の連続再生
 新製品は、10GB、20GB、60GBのHDD*1を内蔵しており、それぞれ約2,500曲、5,000曲、15,000曲の音楽データ*2を保存して楽しむことができます。また、約16時間の連続再生*3が可能です。
*1 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は10GB・20GB・60GB以下となります。
*2 WMAまたはMP3フォーマット、128kbps、4分の音楽データの場合。
*3 常温(25℃)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzのWMAオーディオデータの場合。
   
5. 新開発 デジタルオーディオソフトウェア「gigabeat roomTM」の特長
 「gigabeat(R) Fシリーズ」には、当社が新たに開発したデジタルオーディオソフトウェア「gigabeat roomTM」を付属しています。「gigabeat roomTM」は、パソコンでの音楽CDや音楽ファイルの再生、音楽CDからのリッピング、グレースノート社のCDDB(R) を利用したアルバムや曲のタイトル表示、gigabeat(R) への音楽ファイルの転送などの機能を持ち、パソコンとgigabeat(R) で音楽を楽しむ環境を総合的にご提供するソフトウェアです。音楽CDからパソコンへのリッピングとgigabeat(R) への転送をボタン一つでできる「RipRecTM」機能を搭載し、パソコン操作に自信のない方でも簡単にgigabeat(R) で音楽を楽しむことができます。
 また、gigabeat(R)本体に転送した音楽データは、自動的にデータベースが作成され、アーティスト、アルバム、ジャンルといったライブラリごとに検索や管理が可能になります。さらに、パソコン内のJPEGデータをgigabeat(R)内の音楽ファイルに添付することができます。JPEGファイルはgigabeat(R) の液晶画像で楽曲ごと、アルバムごとにジャケット写真として表示されます。
 「gigabeat roomTM」や「Windows Media(R) Player 9シリーズ」で転送された音楽データは暗号化されてgigabeat(R)に記録されます。

<「gigabeat(R) G10」の特長>
1. 薄型・軽量の本体に10GB HDDを搭載
 新製品は、厚さわずか12.7mmの薄型ボディに10GBのHDD*1を内蔵しており、約2,500曲の音楽データ*2を保存して楽しむことができます。また、約11時間の連続再生*3が可能です。
*1 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は10GB以下となります。
*2 WMAまたはMP3フォーマット、128kbps、4分の音楽データの場合。
*3 常温(25℃)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzのWMAオーディオデータの場合。
 
2. 「TOSHIBA Audio Application Ver.4.1」の高機能
 「gigabeat(R) G10」への音楽データ転送には、マイクロソフト社の「Windows Media(R) Player 9シリーズ」と、当社オリジナルの「TOSHIBA Audio Application Ver.4.1」を使うことができます。
 転送された音楽ファイルはプレイリストを利用したライブラリで、アーティストやアルバムでの検索が可能です。また、パソコンに同期用フォルダを指定し、同期フォルダに追加された音楽ファイルのみをgigabeat(R) にワンクリックで転送する「同期機能」も搭載しています。
 また、どちらのソフトウェアの場合も、音楽データは暗号化してgigabeat(R) に記録されます。

<「gigabeat(R) シリーズ」に共通の特長>
1. Windows Media(R) DRM 対応
 著作権保護(DRM)の仕組みである「Windows Media(R) DRM 」に対応し、音楽配信サイトで購入した音楽データもgigabeat(R) に転送して再生することができます。最近、Windows Media(R) DRMを利用した音楽配信サイトが相次いで開設されており、今後は、インターネットを経由して音楽データを購入してダウンロードして楽しむという使い方がふえるものと見込まれます。
Windows Media(R) DRMで著作権保護された楽曲はWindows Media(R) Player9シリーズでgigabeat(R) に転送してください。
 
2. USBバスパワーでの充電可能
 ACアダプターや充電スタンドを使った充電のほかに、パソコンのUSB端子とgigabeat(R) を直接接続して充電することができます。
USBからの充電は、パソコン本体のUSBバス電源供給機能の性能に依存する為、パソコンの機種によってはできない場合があります。
 
3. その他の特長
(1) 多彩なイコライザー選択
 イコライザープリセット数は「gigabeat(R) G10」の28種類に加え、「gigabeat(R) Fシリーズ」ではユーザープリセットが可能です。ロックやジャズ、クラシックなどそれぞれの曲のジャンルに適した音質の選択やユーザー独自の設定が可能です。
(2) USB-LANアダプター対応
 別売の充電スタンドやUSBクレードル(gigabeat(R) F60は同梱)のUSBホスト機能を使用して、当社指定*1のUSB型無線LANまたは有線LANアダプターを差し込み、ネットワークに接続することができます。離れた場所にある複数のパソコンからgigabeat(R) に音楽データを転送したり、ネットワーク上のハードディスクドライブとして簡易サーバー的な使い方をすることができます。
(3) 高速データ転送が可能なUSB2.0に対応しており、CD1枚相当の音楽データであれば、約30秒*2で転送することができます。
(4) 音楽データの「ブックマーク登録」や「削除」が本体操作のみで行なえます。
*1 動作確認機種については、当社Webサイトhttp://www.gigabeat.netや本商品のカタログなどに記載しております。
*2 Windows(R) XP Home Edition, Pentium(R) III 1GHz, 約60MB、圧縮後データの場合。お使いのパソコンのOSや環境、ご使用になる音楽データによって転送速度は大幅に異なります。

オプション販売品

USBクレードル MEGBCS13(gigabeat(R) F10/F20用):オープンプライス
充電スタンド MEGBCS11(gigabeat(R) G10用):オープンプライス
ワイヤードリモコンセット MEGWRC10:オープンプライス
ネックストラップ型リモコン MEGSRC10:オープンプライス
ACアダプター MEGAC530:オープンプライス

新製品のおもな仕様

<gigabeat(R) Fシリーズ>
新製品のおもな仕様
*1 対応するサンプリング周波数、ビットレートは、オーディオ形式によって異なります。
*2 常温(25℃)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzの WMAオーディオデータの場合。この連続再生時間は、使用条件、使用周囲温度、内蔵電池の充電繰り返し回数などによって変わるため、あくまでも目安であり、保証する時間ではありません。使用条件の範囲内でも低温の環境で使うと連続再生時間は短くなります。WAVオーディオデータの再生は、電池の消耗が大きいため、MP3やWMAに比べて連続再生時間が短くなります。
*3 USB2.0で動作するには、USB2.0インターフェースを標準搭載、または増設しているパソコンが必要です。USB1.1インターフェースと接続すると、USB1.1として動作します。

<gigabeat(R) G10>
新製品のおもな仕様
*1 対応するサンプリング周波数、ビットレートは、オーディオ形式によって異なります。
*2 常温(25℃)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzの WMAオーディオデータの場合。この連続再生時間は、使用条件、使用周囲温度、内蔵電池の充電繰り返し回数などによって変わるため、あくまでも目安であり、保証する時間ではありません。使用条件の範囲内でも低温の環境で使うと連続再生時間は短くなります。WAVオーディオデータの再生は、電池の消耗が大きいため、MP3やWMAに比べて連続再生時間が短くなります。
*3 USB2.0で動作するには、USB2.0インターフェースを標準搭載、または増設しているパソコンが必要です。USB1.1インターフェースと接続すると、USB1.1として動作します。
*4 Windows(R) 98 Second Edition用のUSBストレージドライバはソフトウェアCD-ROMの中にあります。

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
モバイルAVサポートセンター TEL 0570(05)7000


  • Windowsおよび Windows Mediaは、米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Pentiumは、Intel Corporation の米国における商標または登録商標です。
  • WOW、SRSはSRS Labs,Inc.の商標です。
  • GracenoteとCDDBは、グレースノート社の登録商標です。Gracenoteロゴおよびロゴ標記、Gracenote CDDBロゴ及び"Powered by Gracenote"ロゴはグレースノート社の商標です。
  • gigabeatは株式会社東芝の登録商標です。
  • プラスタッチ、RipRec、gigabeat roomは株式会社東芝の商標です。
  • 記載されている会社名・商品名などは各社の商標または登録商標の場合があります。
  • すべてのパソコンでの動作を保証するものではありません。自作パソコンは動作保証いたしません。
  • Dual CPU構成のWindows(R) 2000 Professional/XP Professionalシステムでは、動作を保証しておりません。あらかじめご了承ください。
  • 航空法で離着陸時の本商品の使用は禁止されています。また、その他病院等では、係員等の指示に従ってご使用ください。
  • 仕様は予告なく一部変更になる場合があります。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright