東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDD&DVDビデオレコーダー「RD-X5」の発売について

2004年9月28日

業界最大600GBのHDDに最大約1071時間の録画ができるハイエンドモデル

東芝 HDD&DVDビデオレコーダー「RD-X5」

 当社は、業界最大*1の容量600GBのHDDを内蔵し、最大約1071時間の長時間録画*2*3を可能としたほか、業界で初めて*1DVD-RメディアへのVRモード(DVD Video Recording規格)録画とCPRM対応DVD-Rメディアへの記録に対応することで、コピーワンス番組のDVD-Rへの録画を実現したHDD&DVDビデオレコーダーのハイエンドモデル「RD-X5」を商品化し、 11月中旬から発売します。

 「RD-X5」は、「RDシリーズ」の最上級モデルである「Xシリーズ」の新製品で、12bit/216MHz映像DACをはじめとした高機能・高品質パーツを各部に採用し高画質を追及しており、ホームシアターでの大画面再生などにも対応する高品位な映像を実現しています。
 また、大容量HDDを活かすためにMPEG2エンコーダーとゴーストリダクション機能付地上アナログチューナーを二個ずつ搭載し、2番組を同時に録画する「W録TM(ダブロク)」機能を備えているほか、番組を簡単に予約録画して楽しむために、当社独自の見やすい電子番組表「DEPGTM」システムを搭載しています。「RD-X5」の「DEPGTM」システムは、インターネットと地上アナログ放送の双方から番組情報を取得する「WEPGTM」機能*4に対応しており、内蔵する地上アナログ放送とBSアナログ放送に加えて、外部入力録画用にBSデジタル放送やデジタル衛星放送 「スカイパーフェクTV!(以下、スカパー!)」、CATVなどの専門チャンネルの番組も表示して、予約することができます。

 さらに、DVD規格と著作権保護に関する当社ノウハウと高い技術を活かして、DVD-RメディアへのVRモード録画とCPRM対応のDVD-Rメディアへの記録を実現しています。これにより、従来のDVD-RへのVideoモード録画では不可能であったコピーワンス番組の録画を実現しているほか、二カ国語音声の記録や、1フレーム単位のチャプター分割・プレイリスト編集・再生、番組名やサムネイル画像の書き換えなども可能としています。

 そのほか、録画した番組をLAN上に接続したパソコンからアップル社の「Quick Time Player」を使って視聴できる「ネットdeモニター」機能*5も新たに搭載しています。

*1 2004年9月28日現在、HDD&DVDビデオレコーダーとして。ハードディスクの容量は1GB=10億バイトで計算しています。
*2 画質レートMN1.0Mbps、音声モードM1(ドルビ−デジタル192kbps)時。
*3 HDDへの一回の最長連続録画単位は9時間です。HDDには396タイトル、DVDは99タイトルまで録画が可能です。最大録画タイトル数の制限によって残量時間があっても録画できないことがあります。
*4 アンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。また、インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。BSデジタル放送、スカパー!の視聴・録画には別途それぞれのチューナーが必要です。BSデジタル放送、CATVの専門チャンネルの録画にあたっては、別途それぞれのチューナー側でも予約が必要になります。
*5 「ネットdeモニター」のパソコン動作環境には制限事項があります。

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 2001年4月に当社が世界で初めてHDD&DVDビデオレコーダー「RD-2000」を商品化して打ち出した「HDDに録る。DVDに残す」というコンセプトは、多数のユーザーに支持され、今日ではDVDレコーダーの70%以上がHDDを搭載したモデルとなっています。
 当社は、HDD&DVDビデオレコーダーを「録画した番組を楽しむ」ための「使いやすさ」と「高機能」の両立を主眼において開発しており、その結果、「RD-2000」で採用したサムネイル表示や、録画タイトルの編集に欠かせない「チャプター」という概念は、ほとんどのメーカーの製品で踏襲されています。今後は、2002年12月に発売した「RD-XS40」で提案したネットワークの利用や、今年8月に発売した「RD-XS53/43」で採用したHDDへの2番組同時録画機能「W録TM」を採用するメーカーがふえていくものと考えています。
 今回当社は、HDDのさらなる大容量化と、DVD-RメディアへのVRモード録画機能によって、HDD&DVDビデオレコーダーの本質である「HDDに録る。DVDに残す」ことを追求した「RD-X5」を商品化し、「録画した番組を楽しむ」ユーザーの利便性のさらなる向上を実現することで、売上の拡大を図っています。

新製品のおもな特長

1. 大容量600GBのHDDを搭載し最大1071時間の録画が可能
 HDD&DVDビデオレコーダーでは、業界最大となる600GBハードディスクを搭載。長時間(MN1.0)モード、音声M1モード時には、最大1071時間の長時間録画が可能です。また、最高画質(転送レート9.2Mbps)でも約140時間の録画ができるのでデジタル放送の番組などを高画質・高音質でたっぷりと録画することができます。
 
2. 「W録TM」と「WEPGTM」の搭載で、見たい番組をもっと録れる。
HDDに2番組同時に録画可能*1な「W録TM(ダブロク)」を搭載しました。地上アナログチューナーとMPEG2エンコーダーを二個ずつ搭載しているため、2番組を同時にデジタル録画することができます。今まであきらめていた裏番組の録画も可能になるほか、スカパー!とBSデジタル放送といった異なる外部入力の同時録画*2や、同一番組を異なる画質や設定で録画することもできます。歌番組のトーク場面と演奏場面で画質を変えて録画して、あとで編集するといった応用も可能です。録画予約が同一時刻に重なる場合は、自動的にもう一方のエンコーダーへ振り分けがナビゲートされます。振り分けた結果は「星」と「月」のマークで確認することが可能です。
 振り分け先をユーザーが選択できるので、既に二つの番組を予約していて、さらに部分的に時間が重なる三番目の番組を予約したくなった場合など、先の二つの予約のうちどちらを中断させるかをユーザー自身が選択することができます。必ず録りたい本当に大切な番組の録画を優先させることができます。
 また、新製品に搭載した当社独自開発の電子番組表「DEPGTM(Dynamic Electronic Program Guide)システム」は、アンテナから受信する「ADAMS」と、ブロードバンド接続で受信する「iNET」の両方からW(ダブル)で番組情報を取得して、統合表示*3と簡単予約を行なう「WEPGTM」機能を搭載しています*4。「ADAMS」からは地上アナログ放送、「iNET」からはスカパー!(テレビ約180ch)、CATV主要チャンネル(約70ch)、BSデジタル(テレビ)、BSアナログの番組情報を取得しており*5、豊富な番組情報から見たい番組を選ぶことができます。
 そのほか、お気に入りキーワードによる「自動番組検索」や、90以上のジャンルから最大五つまで選べる「ジャンル別番組表」、チャンネルごとのゴールデンタイムを一週間まるごと表示可能な「チャンネル別番組表」、人名リスト一覧から選ぶだけの「人名検索」、「同名番組検索」など、録画予約に適した機能も充実しています。
*1 BSアナログチューナーは一つで、W録R1のみ録画可能。また、接続する端子やチューナー、対象メディアによって使用できるエンコーダーに制限があります。DV入力はW録R1のみ、D1入力はW録R2のみ。DVDへの2番組同時録画はできません。ラインU/レート変換ダビングは、W録R1のみ。Videoモードでの直接録画は、W録R1のみ。W録(R1/R2)の自動振り分けは行いません。(一部例外を除く。)
*2 BSデジタルチューナー、スカパー!チューナー、CATVターミナルは内蔵していません。
*3 「DEPGTM」に登録して表示できる最大チャンネル数は50チャンネルです。
*4 アンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。また、インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。BSデジタル放送、スカパー!の視聴・録画には別途それぞれのチューナーが必要です。スカパー!は一部チャンネルの情報が提供されない場合があります。
*5  チャンネル数などは、2004年9月現在。
 
3. CPRM対応DVD-Rへのコピーワンス番組の録画の実現と高速ドライブの搭載
 DVD-RAM、DVD-R、DVD-RWの3種類のDVDメディアに対応したDVDマルチドライブを搭載しています。DVD-RAM、DVD-RWに加え、DVD-RのメディアにもVRモードで録画することができます。さらにCPRM対応のDVD-Rメディアへの録画も可能で、これによって、従来のDVD-RへのVideoモード録画では不可能であったコピーワンス番組の保存を実現しているほか、二カ国語音声の記録や、1フレーム単位のチャプター分割・プレイリスト編集・再生、番組名やサムネイル画像の書き換えなども可能としています。
 また、新製品に搭載したDVDマルチドライブは、DVD-RAM5倍速、DVD-RW4倍速、DVD-R8倍速の記録に対応した高速ドライブです。
 
4. ブロードバンド時代に対応したネットワーク機能。「ネットdeモニター」も新搭載
 ブロードバンド環境に接続することで「ネットdeナビ」をはじめとした充実したネットワーク機能が利用可能になります。
(1) ネットdeモニター
 録画した番組を家庭内のLAN上に接続したパソコンからアップル社の「Quick Time 」を  使って視聴できます。居間のテレビを家族が使っているときに、録画済みの番組を書斎のパソコンで鑑賞するといった使い方ができます。
「RD-X5」とパソコンが同一サブネットワーク(同一のルーターに接続されているか、クロスケーブルで直結されているなど)に接続されている必要があります。また、コピーワンス番組は見ることはできません。
(2) ネットdeダビング
 複数の「RDシリーズ」の間で、LAN経由で無劣化ダビングを行なうことができます。スカパー!などのチューナーに接続している「RDシリーズ」でHDDの容量が不足しそうな場合など、保存しているタイトルを、もう一方の「RDシリーズ」にダビングして、HDD容量を空けるといった使い方ができます。
「RD-X5」等の「ネットdeダビング」対応モデル間でのみ機能します。対応モデル同士が、同一サブネットワーク(同一のルータに接続されているか、クロスケーブルで直結しているなど) に接続されている必要があります。コピーワンスの番組を録画したコピー禁止タイトルやチャプターはダビングできません。Videoモード記録のDVD-RやDVD-RW をダビング先やダビング元とすることはできません。またレート変換ダビングすることはできません。
(3) 充実のメール予約機能
 携帯電話や外出先のパソコンからEメールを送付するだけで録画予約することができます。 予約時に予約名も登録可能なほか、Eメールを一通送付するだけで、その時点で設定されている予約の一覧情報やHDDの残量を確認することも可能です。
スカパー!の番組はメール予約できません。
 
5. 大画面投影にも対応する高画質・高音質を追求
(1) アドバンスト・リアル・シアター・モード・プログレッシブ回路による高品位映像
 高品位なI/P変換を実現する独立型アドバンスド・リアル・シアター・プログレッシブ回路を搭載。ビデオ素材、フィルム素材の映画ソフトの双方を高品位に変換します。
(2) 高性能12bit/216MHz映像DACを搭載
 「Xシリーズ」では画質にこだわり高画質映像DACを搭載しています。米国アナログデバイセズ社製の高性能ビデオエンコーダーは12bit/216MHzという高い演算能力により、帯域内ノイズをさらに低減し、高解像度、高SN比を実現します。
(3) DC結合高品位ビデオ出力回路を内蔵
 アクティブI/V変換型DC結合アンプ方式による高性能アクティブLPF回路を全出力に搭載。APL変動を抑えた安定映像を再現します。
(4) ダブル地上アナログ放送ゴーストリダクションチューナー
 目障りなゴースト(多重映り)を軽減し、クリアな映像を受信できるゴーストリダクションチューナーを2個搭載していますので、より高画質での2番組同時録画が可能です。
(5) 録画・再生デジタルノイズリダクション
 録画時および再生時のデジタルノイズリダクションを搭載。微細なオリジナルノイズを高精度に除去して、透明感のある高品質な映像を再現します。再生ノイズリダクションについては、3D-NR、ブロックNR、モスキートNRの3種類を選択することが可能です。
(6) D1入力で高画質録画
 外部チューナーやビデオ機器から高品位な映像を入力することができるD1入力を搭載し、より高精細な録画が可能です。
(7) 同軸デジタル出力で高品位なデジタル音声出力を実現
 180MHzの超高速動作が可能なバランス型バッファアンプとトロイダル型パルストランスを組み合わせた同軸デジタル出力回路を搭載し、バランス駆動による良好な波形応答と、トランスの持つノイズ遮断特性を活かした高品位なデジタル出力を実現しています。
(8) 高級オーディオ用音声DACと高品位オーディオ回路を採用
 米国テキサスインスツルメンツ社製高性能音声DACと、それを支える高品位パーツとクロック精度を高めた独立型クロックジェネレータの搭載により高品質なサウンドを再現します。
(9) 高品質パーツを贅沢に使用
 強度、品位に優れたヘアライン仕上げリアステンレス鋼板、非磁性ステンレスビスをはじめ、HDDの振動を抑える改良型インシュレーター、ガラスエポキシ製AV基板といったこだわりの  パーツを随所に配し、高性能を実現しています。
 
6. 便利機能や快適な操作性も満載。便利なスカパー連携機能も搭載
(1) 「マルチ操作」で予約録画中に編集・高速ダビングなどが可能
 「マルチ操作」仕様により、予約録画中にすでにHDDに録画してある別のタイトルに対して、チャプター分割・編集、プレイリスト編集、タイトル名やサムネイルの変更をして高速ダビングするなど、ライブラリ作りの一連の作業が行えます。また、高速ダビング中の新規録画や別タイトルの再生、DVD-RAM録画中のDVD-RAM内の別タイトル再生と追っかけ再生など、さまざまな機能も同時に実現しています。
録画する方向やドライブによって可能な機能が異なります。
(2) 1.5倍速早見早聞
 HDDに録画した映像をはじめ、DVD-RAM、DVD-RW、DVD-R、DVDビデオの映像を1.5倍速の早見早聞することができます。急いで内容を確認したい場合に大変便利な機能です。
(3) スカパー!連動
電子番組表「DEPGTM」システムでスカパー!の番組を予約するだけで、本体の起動と同時にスカパー!チューナーの電源を入れ、予約番組開始時刻になると予約したチャンネルに切り換えて録画を開始します。スカパー!チューナー側の予約が不要で、スカパー!チューナーの予約を忘れて録画を失敗するということもなくなります。また、「入力3」スルー機能によって、本機の電源が待機状態でも、「入力3」端子に接続したチューナーの映像を外部出力することが可能です。
本体背面のスカパー!連動端子と外部チューナー(対応したスカパー!チューナーのみ)を、付属のスカパー!連動ケーブルで接続する必要があります。またインターネット常時接続環境にあることが必要です。スカパー!の視聴には別途契約が必要です。
本機能は放送時間の変更には対応していません。本気からPPV番組の購入はできません。また一部チャンネル情報が提供されない場合があります。
スカパー!も含めて「DEPGTM」システムに登録できる最大チャンネル数は50チャンネルです。
スカパー!チューナーなど一つの外部入力端子に接続した機器で、異なるチャンネルの番組を同時に「W録TM」することはできません。

新製品のおもな仕様

新製品のおもな仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
 一般電話用フリーボイス TEL  0120−96−3755
  * フリーボイスは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
 携帯電話用ダイヤル   TEL  0570−00−3755
  * 携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。


  • インターネットのサーバを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用によって、録画禁止のものは録画できません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングはHDDからDVD-RAM、DVD-R/RW(VRモード)方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。
  • コピーが禁止または制限されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるためDVD-R/RW(Videoモード)には記録できません。
  • ディスクは、データの作りかた、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD-RAM、DVD-R/RW(VRモード)は互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。
  • 本機で作成したDVD-R/RW(Videoモード)ディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
  • すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。
  • DVD-Rディスクにコピーワンスの放送を録画する場合には、CPRM対応という表示のあるディスクをお使いください。
  • VRモード録画対応という表示がないDVD-RディスクでもVRモードでフォーマット(初期化)、録画ができることがありますが、動作については保証していません。
  • DVD-R を VRモードで記録する場合、記録前に VRモードでのフォーマット(初期化)が必要です。
  • CPRM対応、VRモード録画対応という表示のあるDVD-Rディスクでも、フォーマット(初期化)せずに録画するとVideoモードで録画されます。
  • 本機でVRモード録画したDVD-Rディスクは本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器及びディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • CPRM対応という表示のあるDVD-Rディスクに Videoモードで録画した場合でも、本機及び対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器及びディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • DVD-R/RW(Videoモード)の作成では、DVD-Video規格の制限によって、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限によって、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD互換モードを「入」にしてレート変換ダビングしないとDVD-R/RWの作成はできません。
  • 画像圧縮技術であるMPEG2の特性によって、特にマニュアルモードの1.4Mbpsや1.0Mbps時は明暗や模様、動きの激しい映像条件では画質が著しく低下します。たいせつなライブラリを保存する場合、最低3Mbps以上、先にあげたような映像条件の場合には6Mbps以上を推奨します。
  • 不連続なタイトルやチャプターの境界はMPEG2の特性によって一瞬静止します。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD-RAM/-RW/-RドライブとHDDがATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除等の操作でも、時間がかかる場合があります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換(有償)が必要となります。
  • 本機にはMUSE-NTSCコンバータは内蔵しておりませんので、内蔵チューナーによるアナログBSハイビジョン放送(BS9)の受信/録画はできません。
  • ドルビー、ドルビー・デジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright