東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
DVDビデオレコーダーの新製品発売について

2004年11月4日

スタンダードモデルに「W録TM」「WEPGTM」機能を搭載

 
東芝 「VTR一体型DVDビデオレコーダー D−VR2」

 当社は、HDD&DVDビデオレコーダーの新製品として、2番組同時にHDDへの長時間録画ができる「W録TM(ダブロク)」機能と、地上アナログ放送とインターネットの双方から番組情報を取得できる「WEPGTM」機能を搭載したスタンダードモデル「RD−XS46」「RD−XS36」を商品化し、11月中旬から順次発売します。

 新製品は、「W録TM」「WEPGTM」を搭載したファミリー層向けのスタンダードモデルです。
 「W録TM」機能を使用すれば、家族でスポーツやドラマなど、録画したい番組が重なった場合でも、HDDに2番組同時に録画することが可能です。録画した番組は、HDDで一括管理できるため、見たい番組を探すときに複数のメディアを確認する手間が省けます。さらに、「WEPGTM」機能を搭載しているため、アンテナに接続するだけで地上アナログ放送の番組情報を取得することができるうえ、ブロードバンド環境に接続することで、サーバから番組表のデータを取得し、BSデジタル放送や「スカイパーフェクTV!」などの豊富な番組情報を取得することができます。
 また、新製品には、DVD−RAM 5倍速、DVD−RW 4倍速、DVD−R 8倍速*1の記録に対応したドライブを搭載したことで高速ダビングをすることが可能です。*2このほかに、録画した番組をLAN上に接続したパソコンから視聴できる「ネットdeモニター」機能*3、ブロードバンド回線に接続することで、外出先からパソコンや携帯電話でメールを送って録画予約をすることができる「ネットdeナビ(R)」機能、録画した番組を管理するためのフォルダを最大24個まで作ることができる「フォルダ機能」など多彩な機能を搭載しています。
 「RD−XS46」は250GB、「RD−XS36」は160GBのHDDを搭載し、それぞれ最大で約445時間*4、約284時間*4の録画が可能です。

 また、VTR一体型DVDビデオレコーダーの新製品として地上波ダブルチューナーを内蔵し、録画したい番組が重なってもVHSテープとDVDにそれぞれ違う番組を同時に録画できる「D−VR2」を商品化し、12月上旬から発売します。

*1: Videoモード時。VRモードでは5倍速になります。
*2: 記録内容によってはダビング速度が変わります。なお、ディスクの一部にだけ高速ライブラリダビングする場合はダビング倍速が下がることがあります。
*3: 「ネット de モニター」機能はアップル社の「Quick Time Player」でのみ使用できます。
*4: 画質レートMN1.0Mbps、音声モードM1(ドルビーデジタル192kbps)時。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 DVDビデオレコーダー市場は急激な成長を続けており、2004年度には世帯普及率が14%を超えると予想されます。また、デジタル化、多チャンネル化に伴い、「同時に2番組録画したい」「簡単に番組情報を入手したい」というニーズが高まってきています。このような中、「W録TM」「WEPGTM」を搭載したスタンダードモデル「RD−XS46」「RD−XS36」を製品化しました。
 今後、当社はこのような機能を高級機種だけでなく普及価格帯の機種にも順次搭載していくことで、急拡大の続くDVDレコーダー市場で、当社シェアの向上を図っていきます。

*当社調べ

新製品のおもな特長

(HDD&DVDビデオレコーダー  RD−XS46、RD−XS36)
1. 「W録TM」と「WEPGTM」の搭載で、見たい番組をもっと録れる。
 HDDに2番組同時に録画可能*1な「W録TM(ダブロク)」を搭載しました。内蔵する地上アナログチューナー同士、地上アナログとBSアナログの同時録画のほか、スカパー!とBSデジタル放送といった異なる外部入力の同時録画*2や、同一番組を異なる画質や設定で録画することもできます。歌番組をトーク場面用と演奏場面用に画質を変えて録画して、あとで編集するといった応用も可能です。録画予約が同一時刻に重なる場合は、自動的にもう一方のエンコーダーへ振り分けがナビゲートされます。振り分けた結果は「星」と「月」のマークで確認することができます。
 また、新製品に搭載した当社独自開発の電子番組表「DEPGTM(Dynamic Electronic Program Guide)システム」は、アンテナから受信する「ADAMS」と、ブロードバンド接続で受信する「iNET」の両方からW(ダブル)で番組情報を取得して、統合表示*3と簡単予約を行なう「WEPGTM」機能を搭載しています。「ADAMS」からは地上アナログ放送とBSアナログ放送、「iNET」からはアナログ放送のほかにスカパー!(テレビ約180ch)、CATV主要チャンネル(約70ch)、BSデジタル(テレビ)の番組情報を取得して*4、豊富な番組情報から見たい番組を選ぶことができます。
 そのほか、お気に入りキーワードによる「自動番組検索」や、90以上のジャンルから最大五つまで選べる「ジャンル別番組表」、チャンネルごとのゴールデンタイムを一週間まるごと表示可能な「チャンネル別番組表」、録画予約の重なるチャンネルだけを並べて表示できる「近接予約確認」、人名リスト一覧から選ぶだけの「人名検索」、「同名番組検索」など、録画予約に適した機能も充実しています。
*1: BSアナログチューナーは一つで、W録R1のみ録画可能。また、接続する端子やチューナー、対象メディアによって使用できるエンコーダーに制限があります。DV入力はW録R1のみ。DVDへの2番組同時録画はできません。ラインU/レート変換ダビングは、W録R1のみ。Videoモードでの直接録画は、W録R1のみ。W録(R1/R2)の自動振り分けは行いません。(一部例外を除く。)
*2: BSデジタルチューナー、スカパー!チューナー、CATVターミナルは内蔵していません。
*3: 「DEPGTM」に登録して表示できる最大チャンネル数は50チャンネルです。
*4: チャンネル数などは、2004年9月現在。
 
2. CPRM対応DVD−Rへのコピーワンス番組の録画の実現と高速ドライブの搭載
 DVD−RAM、DVD−R、DVD−RWの3種類のDVDメディアに対応したDVDマルチドライブは、全メディアVRモードで録画することができます。さらにCPRM対応のDVD−Rメディアへの録画も可能で、これによって、従来のDVD−RへのVideoモード録画では不可能であったコピーワンス番組の保存を実現しているほか、二カ国語音声の記録や、1フレーム単位のチャプター分割・プレイリスト編集・再生、番組名やサムネイル画像の書き換えなどもディスク上で可能としています。
 また、新製品に搭載したDVDマルチドライブは、DVD−RAM5倍速、DVD−RW4倍速、DVD−R8倍速の記録に対応した高速ドライブなので、ダビングも素早くできます。
Videoモード時。VRモードでは、5倍速になります。
 
3. ブロードバンド時代に対応したネットワーク機能。「ネットdeモニター」も搭載
 ブロードバンド環境に接続することで「ネットdeナビ」をはじめとした充実したネットワーク機能が利用可能になります。
(1) ネットdeモニター
 録画した番組を家庭内のLAN上に接続したパソコンからアップル社の「Quick Time Player」を使って視聴できます。居間のテレビを家族が使っているときに、録画済みの番組を書斎のパソコンで鑑賞するといった使い方ができます。
「RD−XS46、RD−XS36」とパソコンが同一サブネットワーク(同一のルーターに接続されているか、クロスケーブルで直結されているなど)に接続されている必要があります。また、デジタル放送のコピーワンス番組やセル、レンタルDVDなどのコピー禁止コンテンツは見ることはできないなどの制限があります。
(2) ネットdeダビング
 複数の「RDシリーズ」の間で、LAN経由で無劣化ダビングを行なうことができます。スカパー!などのチューナーに接続している「RDシリーズ」でHDDの容量が不足しそうな場合など、保存しているタイトルを、もう一方の「RDシリーズ」にダビングすることができます。
「ネットdeダビング」対応モデル間(RD-X5、RD-XS53、RD-XS43、RD-XS46、RD-XS36、RD-XS34、RD-XS24)でのみ機能します。対応モデル同士が、同一サブネットワーク (同一のルータに接続されているか、クロスケーブルで直結しているなど) に接続されている必要があります。コピーワンスの番組を録画したコピー禁止タイトルやチャプターはダビングできません。Videoモード記録のDVD-RやDVD-RW をダビング先やダビング元とすることはできません。またレート変換ダビングすることはできません。
 コピーのみで移動はできません。
(3) 充実のメール予約機能
 携帯電話や外出先のパソコンからEメールを使って録画予約することができます。予約時に予約名も登録可能なほか、設定されている予約の一覧情報やHDDの残量を確認することも可能です。
スカパー!の番組はメール予約できません。

(VTR一体型DVDビデオレコーダー  D−VR2)
1. VHSビデオレコーダーとDVDマルチドライブを搭載
 DVD−RAM、DVD−R、DVD−RWの3種類のDVDメディアに対応したDVDマルチドライブを搭載するとともにVHSビデオレコーダーを一体化することで、今まで録りためたVHSテープを再生したり、好みのDVDメディアにダビングすることができます。簡単ナビ上のダビングメニューから、さまざまなDVD⇔VHSの双方向ダビングを行うことが可能です。RD−XV33で好評だったテープに記録してある時間をサーチして最適の録画モードでダビングする「一枚分ぴったりダビング」も搭載しています。
 
2. 地上波ダブルチューナー搭載で2番組の同時録画が可能
 地上波アナログチューナーを二つ内蔵しているので、DVDとVHSに別のチャンネルを同時録画することができます。また、どちらか片方で録画している時にもう一方で再生するといったことができます。
 
3. VTRとDVDの予約が可能なWメディア対応「録るナビ」
 従来のVTRとDVDの2in1モデルは、VTR側とDVD側で予約画面が異なっている製品がほとんどでした。新製品では、RDシリーズでおなじみの「録るナビ」に新たにVTRの予約機能を追加、同一画面上でVTRとDVDの予約が可能になりました。
 
4. 高性能ソフトウェアとハードウェアを搭載
 DVDビデオレコーダー部は、RD−XV33の「V・RDエンジン」を内蔵しています。ダビングメニューから選ぶだけで、多彩なダビングが可能な「新インテリジェントVダビング」機能やVHS映像のD端子/S端子出力機能などをそのまま搭載しています。
 
5. その他の機能
DV入力端子&DV連動録画でDVカメラ映像もDVDにダビング
番組チェックに便利なDVDの1.5倍速早見早聞が可能
本体表示部にダビングインジケーターを搭載

新製品のおもな仕様

RD−XS46,RD−XS36
RD−XS46,RD−XS36

D−VR2
D−VR2

《RD-XS46、RD-XS36、D-VR2 共通事項》

  • インターネットのサーバを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用によって、録画禁止のものは録画できません。
  • コピーが禁止または制限されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるためDVD-R/RW(Videoモード)には記録できません。
  • ディスクは、データの作りかた、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD-RAM、DVD-R/RW(VRモード)は互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。 
  • 本機で作成したDVD-R/RW(Videoモード)ディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
  • DVD-R/RW(Videoモード)の作成では、DVD-Video規格の制限によって、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限によって、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD互換モードを「入」にしてレート変換ダビングしないとDVD-R/RWの作成はできません。
  • 画像圧縮技術であるMPEG2の特性によって、特にマニュアルモードの1.4Mbpsや1.0Mbps時は明暗や模様、動きの激しい映像条件では画質が著しく低下します。たいせつなライブラリを保存する場合、最低3Mbps以上、先にあげたような映像条件の場合には6Mbps以上を推奨します。
  • 不連続なタイトルやチャプターの境界はMPEG2の特性によって一瞬静止します。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD-RAM/-RW/-Rドライブで接続されており、パソコンのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除等の操作でも、時間がかかる場合があります。
  • 本機にはMUSE-NTSCコンバータは内蔵しておりません。
  • ドルビー、ドルビーデジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。

《RD-XS46、RD-XS36のみに関わる事項》

  • WEPGについて:アンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。また、インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。BSデジタル放送、スカパー!の視聴・録画には別途それぞれのチューナーが必要です。スカパー!は一部チャンネルの情報が提供されない場合があります。
  • 著作権保護技術の採用によって、録画禁止のものは録画できません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングはHDDからDVD-RAM、DVD-R/RW(VRモード)方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。
  • すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。
  • DVD-Rディスクにコピーワンスの放送を録画する場合には、CPRM対応という表示のあるディスクをお使いください。
  • VRモード録画対応という表示がないDVD-RディスクでもVRモードでフォーマット(初期化)、録画ができることがありますが、動作については保証していません。
  • DVD-R を VRモードで記録する場合、記録前に VRモードでのフォーマット(初期化)が必要です。
  • CPRM対応、VRモード録画対応という表示のあるDVD-Rディスクでも、フォーマット(初期化)せずに録画するとVideoモードで録画されます。
  • 本機でVRモード録画したDVD-Rディスクは本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器及びディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • CPRM対応という表示のあるDVD-Rディスクに Videoモードで録画した場合でも、本機及び対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器及びディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD-RAM/-RW/-RドライブとHDDがATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換(有償)が必要となります。
  • 本機にはMUSE-NTSCコンバータは内蔵しておりませんので、内蔵チューナーによるアナログBSハイビジョン放送(BS9)の受信/録画はできません。

●地上アナログ放送は2011年7月までに終了することが、国の方針として決定されています。

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
 一般電話用フリーボイス TEL  0120−96−3755
  * フリーボイスは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
 携帯電話用ダイヤル   TEL  0570−00−3755
  * 携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright