東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界初のHDD&DVDビデオレコーダー内蔵液晶テレビの発売について

2004年11月16日

高性能ポータブルDVDプレーヤーも発売

東芝 HDD&DVDビデオレコーダー内蔵液晶テレビ「RD−17V1」
 
東芝 ポータブルDVDプレーヤー「SD−P2700」

 当社は、業界で初めてHDD&DVDビデオレコーダーと液晶テレビを一体化した「RD−17V1」を商品化し、12月上旬から発売します。
 また、ポータブルDVDプレーヤーの新製品として、高精細な8.9V型ワイド液晶を採用した「SD−P2700」を商品化し、同じく12月上旬から発売します。

 HDD&DVDビデオレコーダー内蔵液晶テレビ「RD−17V1」は、HDD&DVDビデオレコーダーと液晶テレビを一体化しており、省スペースを実現するとともに液晶テレビとレコーダー間のAVコードの接続が不要なので、設置が容易でレコーダー機能を利用する際の操作も簡単です。
 新製品では、テレビ番組を見ている際に来客や電話があっても大事なシーンを見落とさずに、用事が済んでから続きを見ることのできるタイムスリップ機能を採用しています。
 また、液晶パネルには、ハイビジョン映像入力に対応する17V型のWXGA(1,280×768画素)を採用しており、高精細な映像を再現することができます

 ポータブルDVDプレーヤーの新製品「SD−P2700」は、8.9V型ワイドの低温ポリシリコンTFT液晶(1,024×600画素)を採用しており、高画質な映像を楽しむことができます。
 また、モニター部は180度時計回りに回転できるので、机上や車内などさまざまな場所でのレイアウトの自由度が広がります。

ハイビジョン映像は、外部チューナーなどからD4入力端子に入力することでご覧になれますが、これを録画することはできません。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 DVDビデオレコーダー市場は急激な成長を続け、2004年度末には世帯普及率が14%を超えると予想しており、VTR一体型やHDD/VTR一体型といったさまざまな形態の商品が出てきています。
 このような中で当社は、現行のテレビデオのように液晶テレビと一体になることで新しい使い方を提案する商品として「RD−17V1」を製品化します。また、液晶付きのポータブルDVDプレーヤーとして好評を博している「ポータロウ」(SD-P1400)の第二弾として、より高性能・高機能の「SD−P2700」を発売し、ラインナップの充実を図ります。

*当社調べ

新製品のおもな特長

<HDD&DVDビデオレコーダー内蔵液晶テレビ「RD−17V1」>

1. HDD&DVDビデオレコーダーと液晶テレビの一体化
 DVDビデオレコーダーの中で現在人気の高いHDD内蔵タイプのレコーダーと液晶テレビを一体化しており、省スペースを実現するとともに、従来のようにテレビとレコーダー間をAVケーブルやアンテナケーブルで接続することが不要なので設置が簡単です。
 HDDの容量は160GBで最長約284時間の録画が可能です*1
 また、DVD部はさまざまなディスクに対応したマルチドライブを採用しており、DVD−RAM、DVD−R、DVD−RWの3種類のディスクが使用できます*2
 内蔵チューナーをテレビ視聴用と録画用に二つ搭載しているので、裏番組の録画が可能です。
 さらに、簡単ナビやDVDの1.5倍速早見再生などの簡単操作機能も充実しており、番組録画やダビングなどの操作にも便利です。
*1 画質レートMNモード1.0 Mbps、音声モードM1(ドルビーデジタル 192kbps) 時。
HDDの連続録画時間は9時間です。ただし、録画できる最大のタイトル数は396(DVDディスクは99)で、これを超えると空き容量があっても録画できなくなります。
*2 DVD-RWではVRモードは再生のみ対応。
DVD-RのVRモードには対応しておりません。
 
2. タイムスリップ機能
 番組視聴中の急な電話や来客などによって視聴を中断された場合でも、引き続き中断直後の画面から楽しむことができるタイムスリップボタン(本体およびリモコン)を搭載しています。また、番組を録画しながら録画終了を待たずに見たい場面を再生する“追っかけ再生”も可能です。
 
3. モニターとして、さまざまなデジタル機器に対応
 D4入力端子を搭載しているので、ハイビジョン映像機器を接続して視聴できます。また、PC(RGB)入力端子にPCを接続することで、PCモニターとしてデータや映像を映すことができます。さらに、DV(デジタルビデオカメラ)入力端子を備えているので、デジタルビデオカメラで撮った映像を簡単に家族で楽しめ、映像をそのままHDDやDVDに録画することもできます
PC(RGB)入力やD4入力から録画することはできません。
PCの表示設定によって、表示形式が変わることがあります。
 
4. 17V型ワイド液晶パネルの採用
 液晶パネルには、17V型のハイビジョン映像入力に対応するWXGA(1,280×768画素)を採用しています。上下左右170度の広視野角なので、斜めからでも画像を見ることができます。
 また、600:1と高いコントラスト比を実現しているため、黒の締まったメリハリのある映像を再現できます。
コントラスト比は、画面正面から見たときのパネル標準値。
視野角は、コントラスト比10:1が確保できる角度。いずれもJEITA測定法による。
 
5. 高音質の実現
 薄型テレビでありながら、本体下部に高音質のバスレフボックス型のスピーカーを採用しています。
 また、DVD再生時にバーチャルサラウンド機能によって臨場感のある音を楽しむことができます。

<ポータブルDVDプレーヤー「SD−P2700」>

1. 高画質映像
 8.9V型ワイドの低温ポリシリコンTFT液晶(1,024×600画素)を採用しており、高精細な映像を楽しむことができます。
 また、DVDの映像を液晶モニターで映す際に、アナログ変換せずに直接デジタル信号で送るので高画質の映像を再現できます。
 
2. 多彩なフォーマットの再生が可能
 よりクリアな臨場感あふれるサウンドが楽しめるDVD-Audio(2ch)にも対応。
 また、CD−Rに保存したMP3やWMAなどの音楽ファイルを再生したり、JPEG形式の画像を映したりすることができます。
MPEG Audio Layer3 44.1kHzのみ再生可能。
 
3. メモリーカードスロットの搭載
 SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリースティックに対応できるカードスロットを搭載しており、デジタルスチルカメラで撮影した画像などを楽しむことができます
メモリーカードの容量やメーカー、またはファイルの形式によっては使用できない場合があります。
動画の再生には対応していません。
 
4. 180度回転するパネルを採用
 モニター部は180度時計回りに回転できるので、机上や車内などさまざまな場所での レイアウトの自由度が広がります。
 
5. 別売アクセサリーの充実
 別売りのアウトドアキット(SD-PCK27/12月発売予定)を使用して、本機を車内の後部座席に設置してDVD映像を楽しむことができます*1
 別売りのテレビチューナーキット(SD-PTN27/12月発売予定)を使用してテレビ番組を視聴することもできます*2
*1 急停車の際の事故防止のため、走行中は取りはずしてください。また、閉めきった車内など高温となる場所には放置しないでください。
*2 画像や音声の品質はアンテナの電波受信状況によって大きく左右されます。また電波の弱い地域では受信状態が悪くなる場合があります。

新製品のおもな仕様

<RD−17V1>

[本体部]
[本体部]

[端子部]
[端子部]

[液晶画面部]
[液晶画面部]

[付属品]
[付属品]

<SD−P2700>

[本体部]
[本体部]

[端子部]
[端子部]

[液晶画面部]
[液晶画面部]

[付属品]
[付属品]

《 RD-17V1に関わる事項 》

  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用によって、録画禁止のものは録画できません。1回だけ録画可能な番組は録画できますが、ダビングはHDDからDVD-RAM方向だけで、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。
  • コピーが制限されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるためDVD-R/RW(Videoモード)には記録できません。
  • ディスクは、データの作りかた、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD-RAMは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。
  • 本機で作成したDVD-R/RW(Videoモード)ディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
  • DVD-R/RW(Videoモード)の作成では、DVD-Video規格の制限によって、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限によって、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD互換モードを「入」にしてレート変換ダビングしないとDVD-R/RWの作成はできません。
  • 画像圧縮技術であるMPEG2の特性によって、特にマニュアルモードの1.4Mbpsや1.0Mbps時は明暗や模様、動きの激しい映像条件では画質が著しく低下します。たいせつなライブラリを保存する場合、最低3Mbps以上、先にあげたような映像条件の場合には6Mbps以上を推奨します。
  • 不連続なタイトルやチャプターの境界はMPEG2の特性によって一瞬静止します。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • ドルビー、ドルビーデジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
  • すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。
  • 1回だけ録画可能な番組を録画する場合には、HDDまたはCPRM対応という表示のあるDVD−RAMディスクをお使いください。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD-RAM/-RW/-RドライブとHDDがATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換(有償)が必要となります。
  • 本機はNTSCテレビ方式に適合しています。他のテレビ方式のディスクは使用できません。
  • 本機のリージョン番号は「2」です。DVDビデオディスクに再生限定地域を表すリージョン番号の中に「2」が含まれていない場合は、再生ができません。
  • 本機は日本国内専用です。海外では電源電圧や放送方式が異なるため使用できません。
  • 本機は地上デジタル放送を受信できません。また、CATV放送はサービスの行われている地域でのみ受信可能で、使用する機器ごとにCATV会社との加入契約が必要です。さらに、スクランブルのかかった有料放送の視聴・録画には、ホームターミナル(アダプター)が必要です。詳しくは、CATV会社にお問い合わせください。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。

●地上アナログ放送は2011年7月までに終了することが、国の方針として決定されています。

《 SD-P2700に関わる事項 》

  • 本機はNTSCテレビ方式に適合したDVDプレーヤーです。他のテレビ方式のディスクは使用できません。
  • 本機のリージョン番号は「2」です。DVDビデオディスクに再生限定地域を表すリージョン番号の中に「2」が含まれていない場合は、再生ができません。
  • バッテリーパックでの連続再生時間は目安であり、使用状態、使用条件、使用周囲温度などの影響で異なります。
  • 本機は日本国内専用です。
  • ドルビー、ドルビー・デジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSは、デジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • 本機を持ち運ぶ場合や車での走行中など、強い振動や衝撃が故障の原因となる場合がありますのでご注意ください。
  • 付属の電源コードは、日本の法令や安全規格に適合しております。その他の国・地域ではご使用になれません。
  • 航空法で離着陸時の本商品の使用は禁止されています。また、その他病院等では、係員等の指示に従ってご使用ください。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
 一般電話用フリーボイス TEL  0120−96−3755
  * フリーボイスは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
 携帯電話用ダイヤル   TEL  0570−00−3755
  * 携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright