東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
中国における水力発電機器事業拠点の取得について

2004年11月16日

富春江富士水電設備有限公司の出資持分の80%を取得

 当社は、富春江水電設備総廠(以下、FCJ)と、富士電機株式会社(現 富士電機システムズ株式会社)が出資して設立した中国の水力発電機器メーカーの富春江富士水電設備有限公司(以下、FFEC)における出資持分譲渡契約を現出資者(FCJと富士電機システムズ株式会社)と締結しました。
 当社はFFECの出資持分のうち80%を取得することになり、持分移転手続の完了後、社名を東芝水電設備(杭州)有限公司(仮称)(以下、THPC )に変更する予定です。
 なお、出資持分の20%についてはFCJの親会社である中国水利水電建設集団公司(以下、Sino Hydro)が取得する予定です。当社とSino Hydroは、水力発電設備の製造、販売、サービス等に関して提携し、THPCを共同で事業運営する合弁契約を締結しています。

 THPCでは、当社の強みである主機性能の高さ、高落差揚水発電技術、大型揚水発電所の受注実績(葛野川発電所:最高揚程778m、中国西龍池発電所:最高揚程703m)をいかした事業を展開します。また、水力発電所の土木・据付工事において中国でNo.1のシェアを持つSino Hydroのビジネスノウハウを活かし、中国市場での事業拡大を図ります。
 中国に製造、販売等の拠点を持つことで、当社は、中国国内メーカーに限定された入札への参加が可能になり、中国におけるビジネスチャンスが広がります。
 当社は、中国の水力発電機器市場において、2006年までに80億円、2010年までに140億円の売上高を目指していきます。さらに、長期的な目標として、中国市場以外にも事業を拡大し、年間500億円の売上を目指して事業を拡大していきます。

<資本構成の変化図>

左:持分譲渡前の資本構成/右:持分譲渡後の資本構成。新会社の社名は仮称。
<資本構成の変化図>

背景と狙い

 現在、水力発電機器事業は新設、メンテナンスあわせた全世界で年間約5,000億円の市場が見込まれています。その中で中国市場は年間 約1,300億円で世界で最大の市場となっております。また、増大する都市部での電力ピーク需要を調整するために、今後、揚水発電機器の需要が期待されており、毎年約2GWの新設発注が見込まれています。
 このような中、FFECの出資持分80%を取得し、当社の水力発電機器事業の拠点とすることで、中国における水力事業の拡大を図ります。

新会社の概要

1.社名 東芝水電設備(杭州)有限公司(仮称)
(英文商号:Toshiba Hydro Power (Hangzhou) Co., Ltd.)
(日文商号:東芝水力機器杭州社)
2.総経理
 (代表者)
猪俣範一
現 株式会社東芝 火力・水力事業部 水力プラント技術部長
3.設立 2005年 1月(予定)
4.事業開始 2005年 1月(予定)
5.資本金 約28億円
6.出資比率 東芝 80%(内 東芝(中国)有限公司 10%)
中国水利水電建設集団公司 20%
7.所在地 中国浙江省杭州市
8.従業員数 約1,000名(2005年1月)
9.事業内容 水力発電設備の製造、販売、サービス

ご参考資料

<中国水利水電建設集団公司(Sino Hydro)の概要>
1.社名 中国水利水電建設集団公司
(英文商号:SINOHYDRO CORPORATION)
2.代表者 郭建堂(GUO JIANTANG)
3.設立 2002年12月
4.事業開始 2002年12月
5.資本金 約255億円
6.所在地 中国北京市
7.従業員数 約13万人
8.事業内容 中国の国家電力公司の分割株式会社化に伴い発足。
(国家電力公司は発電、送電、その他に分離)
以下の4つの役割を持っている。
(1) ダムなどの水力発電所関連の土木建設(中国のシェア64%)
(2) 水力設備据付事業(中国のシェア74%)
(3) 水力設備の製造
(4) 水力のIPPを中心とした投資事業

<富春江水電設備総廠(FCJ)の概要>
1.社名 富春江水電設備総廠
(英文商号:Fuchunjiang Hydropower Equipment Works)
2.代表者 潘承東(PAN CHENGDONG)
3.設立 1972年
4.資本金 約9億円
5.出資比率 中国水利水電建設集団公司(SINO HYDRO)100%
6.所在地 中国浙江省杭州市
7.従業員数 約300人
8.事業内容 水力発電設備等の研究、製造、販売を行う中国国家二級機械工業企業。

<富春江富士水電設備有限公司(FFEC)の概要>
1.社名 富春江富士水電設備有限公司
(英文商号:Fuchunjiang Fuji Hydropower Equipment Co., Ltd.)
2.代表者 潘承東(PAN CHENGDONG)
3.設立 1994年
4.資本金 約19億円
5.出資比率 富春江水電設備総廠(Sino Hydroの子会社)66% 
富士電機システムズ株式会社 34%
6.所在地 中国浙江省杭州市
7.従業員数 約1,000人
8.事業内容 中国向け水力発電設備の製造、販売、サービス


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright