東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
垂直磁気記録方式を採用した磁気ディスク装置の世界初の商品化について

2004年12月14日

1.8型磁気ディスクで業界最大容量の80GBを実現

東芝 1.8型ハードディスクドライブ「MK4007GAL」(40GB:左側)「MK8007GAH」(80GB:右側)

 当社は、垂直磁気方式を採用した磁気ディスク装置を世界で初めて*1商品化します。40ギガバイトの容量で本体の厚さを5mmに抑えた1.8型磁気ディスク「MK4007GAL」を商品化し、2005年度第1四半期(4月−6月期)から量産を開始します。さらに、1.8型磁気ディスク装置として業界最大容量*1の80ギガバイト*2を実現した「MK8007GAH」を商品化し、2005年度第2四半期(7月−9月期)から量産を開始します。

 新製品は、垂直磁気記録方式を採用することで、世界最高*3の面記録密度206メガビット/平方ミリメートル(133ギガビット/平方インチ)を実現し、当社従来機種に比べ記憶容量を33%向上*4しています。新製品には新しく開発された垂直記録用ヘッドとディスクを採用しており、垂直記録の性能を十分に引き出すためのヘッド・ディスク統合設計技術を開発することで、安定した高密度記録を実現しています。
 垂直磁気記録方式は、記録信号として磁石をディスクに垂直な方向に配列させて記録する、高密度記録に適した方式です。信号記録のためにディスク内が磁化されるとき、信号磁石のS極とN極が隣り合って磁化され相互に磁化を強めあうため、安定的に記録密度を高めることが可能です。

 当社は世界に先駆けて、垂直磁気記録方式を採用した磁気ディスク装置を商品化することで、小型磁気ディスク装置の差異化を図り、売上げを拡大していきます。
 さらに、今後、0.85型磁気ディスク装置に今回開発した垂直磁気記録技術を採用することで、大容量化を図り、超小型磁気ディスク装置市場の拡大を積極的に図っていきます。

*1: 2004年12月14日現在
*2: 1ギガバイト(GB)を109 = 1,000,000,000バイトで算出しています。但し、コンピューターの基本ソフトウェア(OS)はGBを230= 1,073,741,824バイトとして扱うため、より少ない容量を表示します。また、実際のフォーマットされた容量は異なる場合があります。
*3: 2004年12月14日現在、製品化されている磁気ディスク装置では世界最高記録密度
*4: 当社製1.8型 30ギガバイト磁気ディスク装置「MK3006GAL」との比較

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 現在、磁気ディスク装置に採用されている面内磁気記録方式は、ディスク内が磁化されたとき、S極同士、N極同士が突き合わさった構成となるため、記録密度を高めようとするとお互いに磁化を弱めあうという特徴があります。そのため、面内磁気記録方式は、安定に記録密度を高めることが難しくなってきています。
 一方、磁気ディスク装置はモバイル用PCやデジタルオーディオプレーヤーなどの用途において、小型化、大容量化が求められております。
 このようななか、当社は垂直磁気記録方式を採用した磁気ディスク装置を商品化することで、小型磁気ディスク装置の大容量化を図り、売上げを拡大していきます。

新製品の主な特長

1. 垂直磁気記録方式を採用した磁気ディスク装置の世界初実用化
 垂直磁気記録方式を採用することで、世界最高の記録密度206メガビット/平方ミリメートル(133ギガビット/平方インチ)を達成し、プラッターあたり40ギガバイトの大容量を実現しています。
 高密度記録性能と記録安定性に優れる垂直磁気記録方式を磁気ディスク装置に採用し、世界で初めて実用化・商品化に成功しました。ヘッド部には高密度記録に適した構造の高性能垂直磁気ヘッドを採用するとともに、ディスクの記録層には新規開発した垂直磁気記録用磁性材料を採用しました。
 
2. 高度な磁気記録技術開発による高密度化の実現
 当社は、垂直磁気記録方式の優れた特性にいち早く着目し、高密度記録を安定に行うためのヘッドおよびディスクを含む垂直磁気記録統合設計技術を研究してきました。今回はその研究開発成果をもとに、新しく開発した垂直記録用ディスクを採用し、高密度化を実現しています。
 
3. 0.85型磁気ディスク装置への採用による大容量化
 2004年1月に発表した超小型0.85型磁気ディスクに今回開発した垂直磁気記録技術を採用することにより、今後、6〜8ギガバイトの0.85型磁気ディスク装置を開発し、超小型磁気ディスク装置市場の拡大を積極的に図っていきます。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
(注) 1メガバイト(MB)は1,000,000バイト、1ギガバイト(GB)は1,000,000,000バイトで計算しています。

《磁気ディスク装置における記録方式の違い》

1.面内記録方式(従来)の構造

1.面内記録方式(従来)の構造

2.垂直記録方式の構造

2.垂直記録方式の構造

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
ストレージデバイス事業部 TEL 03(3457)2445


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright