東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
RGB LEDドライバICの製品化について

2005年1月13日

カメラ付携帯電話のフラッシュやイルミネーション用に最適

TCA62724FMG
 
TCA62724FMG

 当社は、カメラ付携帯電話のカメラフラッシュ(補助光)やイルミネーションに用いられるRGB LEDを低消費電力で最大150mAの大電流駆動ができるドライバICの新製品「TCA62724FMG」を製品化し、2月末より量産を行います。

 近年、カメラ付携帯電話においてはカメラの高画素化等の高機能化が進み、フラッシュの高輝度化や色再現性の良い白色点灯が求められています。新製品は、標準460倍の高ゲイン定電流回路により、ICにおける消費電流2mAという低消費電力で150mAのLED電流駆動が可能です。また、内蔵PWM(Pulse Width Modulation)回路によりRGB LEDを各色16階調で設定し、4,096色のイルミネーション点灯を可能としました。

 定電流回路の採用により、従来RGBの出力チャンネルごとに必要だった抵抗を3本から基準電流設定抵抗の1本に減少することが可能となるほか、RGB各色16階調の設定の制御方式をICバスインターフェース対応とすることにより2線の通信線で制御可能となり、トータル的にシステムを簡単かつ低コストで実現できます。
 * Cバスはフィリップス社の商標です。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の開発の背景

 昨今のカメラ付携帯電話にはカメラフラッシュが搭載されていますが、カメラの高画素化に伴い、フラッシュの高輝度化や三原色による色再現性の良い白色点灯が可能なRGB LEDでのフラッシュを採用するケースが増加しています。
 当社は、こうしたニーズに応えて、より低い消費電力でRGB LEDを大電流駆動できるドライバICを製品化し市場に投入することで、売上げの拡大を図っていきます。

新製品のおもな特長

1. 最大150mAの大電流定電流駆動。
   
2. 内蔵PWM回路によりRGB LEDを各色16階調で設定し、4,096色のイルミネーション点灯が可能。
   
3. Cバスインターフェース対応により、RGB各色16階調の設定を2線の通信線で容易に制御することが可能。
   
4. 460倍の高ゲインの定電流回路の採用により低消費電力を実現。

新製品のおもな仕様

新製品のおもな仕様

お問い合わせ先

お客様からの
お問い合わせ先
システムLSI営業推進第二部 TEL 03(3457)3489


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright