東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ新製品 4モデルの発売について

2005年1月25日

「デジタル新頭脳メタブレイン」搭載モデルのラインアップ強化

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「液晶 beautiful “face”」新商品
 
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

 当社は、システムLSI技術とデジタル映像処理技術を活かした映像処理システム「デジタル新頭脳メタブレイン」を搭載した地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「液晶 beautiful “face” 37LC100」など4機種を商品化し、3月上旬から順次発売します。

 新製品は、64bitCPUを内蔵した画像処理用デジタルLSI、リナックスOSなどを搭載した東芝の映像処理システム「デジタル新頭脳メタブレイン」と、高輝度、広視野角のハイビジョン液晶パネルを採用しているため、デジタルハイビジョン放送の高画質な映像を楽しむことができます。また、デジタル放送特有のノイズを低減する「MPEGノイズリダクション」など、デジタル放送をより高画質にする新機能を搭載することで、画像の再現性を高めています。さらに省スペース設置を実現するアンダースピーカーシステムを採用しています。

 当社は今後も、大画面薄型テレビのコアとなる映像処理システム「デジタル新頭脳メタブレイン」を搭載したモデルのラインアップを強化していきます。さらに、当社は「デジタル新頭脳メタブレイン」の改良を進めて、現在開発中のSED*1テレビにも搭載する予定です。
*1: Surface-conduction Electron-emitter Display(表面伝導型電子放出素子ディスプレイ)の略称。

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

商品化の背景と狙い

 国内テレビ市場に占める液晶テレビの割合は、2005年度中には台数ベース約50%、金額ベースでは約70%に達すると、当社は見込んでいます。また、地上デジタル放送の放送地域が全国へと拡大することで、高画質な映像を楽しみたいというニーズがますます高まっていくものと予想しています。
 当社は、このようなニーズを先取りし、高画質と高音質を実現した商品のラインアップを強化することで、ユーザーの利便性の向上と当社の売上げの拡大を図っていきます。

新製品のおもな特長

1. 「デジタル新頭脳メタブレイン搭載」で高画質映像
 さまざまな高画質回路を搭載するとともに、新たにデジタル放送特有のノイズを低減するノイズリダクション機能を強化することで、高画質な画像を実現しました。
(1) 「ヒストグラム・ダイナミックガンマ」
 画素の明るさを検出して、ヒストグラムで解析し、リアルタイムで最適なガンマ補正パターンを適用することで立体感のある映像を再現します。
(2) 「カラーイメージコントロール」
 人が記憶に持っている記憶色を再現することで、さわやかな青空や美しい肌の色など感性に響く高画質映像を映します。さらに、6つの基本色の色あいと濃さをキメ細かく調整できるベースカラー調整機能も搭載しています。
(3) 「MPEGノイズリダクション」機能
 文字のエッジ部分などの高域成分を含んだ映像に発生するMPEGモスキートノイズ*1を低減し、すっきりクリアな映像を再現します。
*1: モスキートノイズ 高域成分を含んだ映像やエッジ部分に発生する、蚊が飛んでいるように見えるノイズ
(4) 「エンコードクロスカラー・リダクション」機能
 色信号の中に輝度信号が混ざり込むことで発生する虹色状のエンコードクロスカラーを抑え、目ざわりな色にじみを低減させます。
(5) 「MPEGカラースムーサー」機能
 デジタル放送やDVDなどのMPEG信号の色の変わり目で発生しやすい横線状の色ムラを低減させます。
 
2. 高輝度、広視野角を実現した新ハイビジョン液晶パネルを採用
 すべてのモデルに画面アスペクト16:9の新ハイビジョン液晶パネルを採用し、業界トップクラス*1の高輝度500cd/m2を実現するとともに広視野角を実現しました。斜めからテレビを見てもコントラスト感ある映像をお楽しみいただけます。
*1: 2005年1月25日現在、東芝調べ
 
3. アンダースピーカーシステム採用
 薄型テレビとアンダースピーカーシステムの特徴をいかすことで、省スペース化を実現しています。従来25型ブラウン管テレビを設置していたコーナースペースに、新商品の37V型を設置することができます。*1また、新たに以下のSRS WOW技術を搭載することで、自然な立体音や豊かな低音、クリアなサウンドを再現しています。
*1: 当社製25型ブラウン管テレビ25ZB28と、テレビ台RL−F80と37LC100との組み合わせでの比較
(1) 「SRS 3D」
 音の方向性などを補正し、適正なリスニングポジションを拡大し、スピーカー前方の広い範囲で立体的な音を再現しています。
(2) 「SRS TruBass」
 パイプオルガンの重低音再生技法を応用したサウンドシステムで、本体スピーカーのみで迫力ある音声を楽しめます。
(3) 「SRS FOCUS」
 音の補正をおこなうことで人の声やドラマのセリフなどをクリアに再現します。
 
4. デジタルカメラをダイレクトに接続できるUSB端子搭載
 デジタルカメラなどを直接USB接続して、JPEG写真をテレビに映し出せます。さらに市販のUSBメモリーカードリーダーを利用することで、各種メモリーカードのJPEG写真も表示できます。また、USBキーボードも接続できるので、番組のキーワード検索などでの文字入力も簡単に行えます。
*: 機器によっては対応できない場合があります。接続確認済み機器については当社Webサイトhttp://www.toshiba.co.jp/product/tv/ で公開していく予定です。
 
5. 操作が簡単なユーザーインターフェイスと新スマートリモコンを採用
(1) 「face ネット」
 いますぐ見たい番組の検索や録画予約、JPEG写真再生などの機能を、わかりやすく操作することができます。
(2) 地上アナログ放送にも対応した電子番組表
 デジタル放送や地上アナログ放送*1の番組を大きめの表示エリアに6チャンネル5時間分表示しています。文字サイズ切換や高速ページ切換、キーワード&ジャンル検索、日時指定ジャンプなどで、多様な番組選びや録画予約操作を実現しました。
*1: 地上アナログ放送はインターネットのiNETサーバーから番組情報を取得します。
iNETのご利用にはインターネット常時接続環境にあることが必要です。また、放送時間の変更には対応していません。インターネットのサーバーを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
(3) 新・スマートリモコン
 従来比1.7倍*1の大きく押しやすいチャンネルボタンと素早い画面操作ができる高速ページ切換、目的のビデオ入力をすぐ選べる高速ビデオ入力切換を採用しています。
*1: 当社L400Vシリーズのリモコンとのチャンネルボタン面積の比較
「faceネット」   電子番組表
「faceネット」
 
電子番組表
 
6. 当社製DVDレコーダーに簡単に録画予約ができる「テレビdeナビ」
 新製品と当社製HDD&DVDビデオレコーダー「RDシリーズ」をLAN接続することで、デジタル放送の録画予約を簡単に行なうことができます*1。また、付属のビデオコントロールケーブルを使って、ビデオ*2に録画予約をすることもできます。
*1: RDシリーズとはLAN接続以外に映像・音声端子との接続が必要です。RDシリーズの機種によっては対応していないものもあります。以下のRDシリーズにはデジタル放送チューナーは搭載されていませんが、テレビのデジタル放送チューナーで受信した放送を、テレビの録画出力端子経由でRDシリーズに録画することができます。RDシリーズでハイビジョン放送を録画した場合、ハイビジョンではなくNTSC標準画質で記録されます。対象機種「RD-XS24, RD-XS31, RD-XS34, RD-XS36, RD-XS40, RD-XS41, RD-XS43, RD-XS46, RD-XS53, RD-X3, RD-X4, RD-X5」(2005年1月現在)
*2: メーカー・機種によっては対応していないものがあります。
 
7. 使いやすさに配慮した設計
(1) ファンレス設計
 回路の高効率化によって低消費電力を実現するとともに、熱構造解析による最適放熱設計で、送風音の気になる放熱ファンをなくしました。
(2) スイベル機能  
 左右各15度の首振りで見やすい角度に調整できます。
(3) スッキリ配線  
 背面パネル内に各接続機器の配線をスマートに収納することができます。
 外観がすっきりし、掃除もしやすくなります。
(4) 転倒防止機能 
 転倒防止用のバンドやフックを採用し、倒れにくくしています。
 
8. その他の特長
(1) 用サーバーからのソフトウェアをダウンロード
 LAN端子を使って、当社の設置した専用サーバーから、最新のソフトウェアをダウンロードすることができます。
*: 「専用サーバーからのソフトウェアダウンロード」などを行なうには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。
*: WOW、SRS 3D、SRS TruBass、SRS FOCUS、SRSと(●)記号はSRS Labs,Inc.の商標です。
*: 画面はすべてイメージです。実際の番組とは異なります。
*: 本機の通信機能を利用した結果あるいは利用できなかったことによって生じた損害等の補償につきましては、当社はその責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

別売オプション機器

別売オプション機器

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*1 画面正面から見た画面中心部の出荷時平均値
*2 JEITA測定法による:コントラスト比10:1が確保できる角度の標準値
*3 室温25degreeで映像メニューを「標準」で連続使用した場合に輝度が初期の半分になるまでの平均的な目安
*4 接続確認機器については当社Webサイト http://www.toshiba.co.jp/product/tv/ で公開していく予定です。
*5 デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。
「専用サーバーからのソフトウェアダウンロード」などを行なうには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
CTV事業部
TV国内営業部
TEL 03(3457)8344
商品情報掲載ホームページ http://www.toshiba.co.jp/product/tv/


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright