東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「LAZONA(ラゾーナ)川崎」プロジェクト起工式の挙行について

2005年2月2日

株式会社 東芝
東芝不動産株式会社
三井不動産株式会社

 株式会社 東芝(代表執行役社長 岡村 正)、東芝不動産株式会社(代表取締役社長 谷川 和生)および三井不動産株式会社(代表取締役社長 岩沙 弘道)は、JR川崎駅前の東芝 川崎事業所(旧堀川町工場:所在地 川崎市幸区堀川町72番地)跡地において、商業・住宅・業務で構成される複合開発を推進して参りましたが、このたび着工に向けた準備が整い、商業ゾーンならびに住宅ゾーンの起工式を本日挙行いたしました。

 また、本プロジェクトによって新たに誕生する街全体の名称を今般「LAZONA(ラゾーナ)川崎」と決定しました。
 「LAZONA」とは、「Lazo(スペイン語で縁、繋がり、絆、結合を表す語)」と「Zona(スペイン語で地域を表す語)」を組合せた造語です。街づくりのコンセプトである「人と人の関係のあり方の再生」、「人と自然の関係のあり方の再生」、「自然な自分に再生」の3つの「再生」に込めた、「人と人」、「人と自然」等の「縁・繋がり・絆」を「Lazo」で表現しています。さらに、1908年(明治41年)に電球の生産を開始し、100年近くにわたって人々のライフスタイルの発展に寄与する製品・技術を送り出してきたこの土地と社会との関係が、将来も変わらず繋がっていくとの意味合いも併せて表現しました。

 首都圏のターミナル駅前に残された敷地面積約11万m2の広大な土地を活用した本プロジェクトは、(1)敷地中央部分(約72,000m2)の商業ゾーン、(2)敷地東側部分(約17,000m2)の住宅ゾーン、(3)敷地南西部分(約10,000m2)の業務ゾーンの3つのエリアから構成されます。商業ゾーンについては、東芝が、東芝不動産、三井不動産の両社に定期借地(借地期間20年)にて土地を貸与し、両社が建物を建設して保有するとともに、商業施設の事業者として商業テナントへの貸与と施設の運営を行います。住宅ゾーンについては、東芝不動産と三井不動産が分譲住宅事業者として土地・建物を販売する予定です。
 竣工時期は、商業ゾーンが2006年秋、住宅ゾーンが2007年春の予定です。

 商業ゾーンは、JR川崎駅の自由通路とデッキで直結します。「屋根のある街」という建築コンセプトのもと、スペインの建築家リカルド・ボフィル(Ricardo Bofill)氏が設計を担当し、都心の駅前でありながら、大きな広場等の開放空間を多数備え、人々が集ってコミュニケーションを交わしたり、日常生活の中においてほっとできる場を提供しています。

 店舗面積は約76,000m2(約23,000坪)で、首都圏有数の食ゾーン(店舗面積約16,000m2<5,000坪弱>を予定)をはじめ、店舗数が約300におよぶ大規模商業施設となります。ターミナル駅前の利便性を生かしたバラエティ豊かな業種業態の専門店の集積や、地域住民の日常生活を支えるデイリーゾーンの構築等、多様なニーズに対応した新しいタイプの商業施設です。なお、すでに、店舗としては、食のゾーンに食品スーパーとして株式会社三和が、園芸・ペット・日用雑貨の大型店として株式会社ユニリビングが、日々の生活をサポートする大型家電量販店として株式会社ビックカメラが、シネマコンプレックスとして株式会社東急レクリエーションが、スポーツクラブとしてコナミスポーツ株式会社の出店が内定しています。また、約250席の多目的ホールも出来る予定です。

 住宅ゾーンは、東京や、横浜へのアクセスにも優れたターミナル駅前の恵まれた立地にあり、なおかつ新たに設ける公園をはじめ豊かな緑化空間に包まれた総戸数667戸の都市型住宅として誕生します。最新のオール電化設備を備え、セキュリティ面と合わせた安全面だけではなく、環境面にも配慮した住宅となります。販売については、今春開始する予定です。

 さらに、本プロジェクトの開発に合わせて、日中は歩行者が施設内を自由に往来できる南北と東西の都市動線を整備するとともに、川崎市により駅前交通広場の新設と周辺道路の拡幅整備が行われます。これにより、周辺地域から駅方面へのアクセスが向上し、今まで事業場として外部から遮断され、駅と周辺を分断していた敷地が外部に開かれた空間へと生まれ変わります。

 東芝 川崎事業所は、1908年(明治41年)に東芝の前身である東京電気株式会社 川崎工場として稼動し、1945年(昭和20年)には堀川町工場と改称され、電球、蛍光ランプ、受信管、X線管、ブラウン管、半導体など、様々な新製品・新技術を世の中に送り出してきました。近年は、事業場としての機能を製造拠点から技術開発拠点に移してきましたが、2000年(平成12年)3月に製造・技術開発の事業を終息しました。
 今回、東芝グループと三井不動産が共同で不動産開発を行うことで、当計画地が21世紀の時代に適合した新たな姿に再生を果たし、地域の利便性向上と川崎駅周辺の活性化に繋がるように取り組んでいきます。


添付資料

1.街づくりのコンセプトと街の名称について(ロゴ)
2.各施設の概要および特徴
3.テナント会社概要
4.事業スキーム図
5.リカルド・ボフィル氏経歴
6.全体完成予想パース
7.ロケーションマップおよび計画地周辺航空写真



プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright