東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
データプロジェクターの新製品の発売について

2005年2月15日

DLPTM方式で3,000ルーメンを実現したデータプロジェクター

東芝 データプロジェクター「TDP−T250(J)」

 当社は、データプロジェクターの新製品としてDLPTM*1方式で業界最高クラス*2の3,000ルーメン*3の輝度を実現し、当社独自の色補正回路「ナチュラルカラーエンハンサ(NCE:Natural Color Enhancer)」を搭載したデータプロジェクター「TDP−T250」を新たに商品化し、3月25日から発売します。

 新製品は300Wの高輝度ランプを採用し、DLPTM方式で3,000ルーメンの輝度を実現するとともに、本体内に排気ダクトを設けることでファンノイズを低減しています。
 また、当社独自の色補正回路「ナチュラルカラーエンハンサ(NCE:Natural Color Enhancer)」を搭載することで、彩度を補正し、本来の色合いを再現することができます。
 さらに、起動時や無信号時に画面に表示するロゴを自由に設定することができる「ユーザーロゴ機能」、投影する黒板などの色に応じて投影画面の色を選択することができる「黒板モード」など多彩な機能を搭載しています。
 そのほかに、ミニD-Sub端子、ビデオ端子、Sビデオ端子、DVI−I端子、5BNC端子など、多彩な入力端子を装備しているので、PCやDVD機器などの多様な機器の接続に対応することが可能です。

*1: DLPTMは、テキサス・インスツルメンツ社の商標です。
*2: 2005年2月15日現在DLPTM単板方式において。
*3: 出荷時における本製品全体の平均的な値を示します。

新製品の概要

新製品の概要
形名の(J)は日本国内識別記号です。製品本体には表示されていません。

商品化の背景とねらい

 データプロジェクターの国内市場は、2005年から2007年までの間に約1.5倍の市場拡大が見込まれます*1。また、ビジネスや教育などの場で、プロジェクターの利用機会が増加しているため、高輝度と長寿命の両方を兼ね備えたプロジェクターに対するニーズが増えてきています。
 当社は、こうしたニーズに応えるためにDLPTM方式を採用し、高輝度と長寿命*2両方を兼ね備えた「TDP−T250」を商品化し、売上拡大と市場でのシェアアップを目指します。

*1: 当社の市場分析による
*2: 当社液晶方式比でパネル寿命約2倍。

新製品の主な特長

1. 高輝度3,000ルーメンでコントラスト比2000:1を実現
 300Wの高輝度ランプを採用し、DLPTM*1単板方式では業界最高クラス*2の3,000ルーメン*3を実現するとともに、本体内に排気ダクトを設けることでファンノイズを低減しています。さらに、2000:1*3のコントラスト比で鮮明な画像を再現することができます。
*1: DLPTMは、テキサス・インスツルメンツ社の商標です。
*2: 2005年2月15日現在DLPTM単板方式において。
*3: 出荷時における本製品全体の平均的な値を示します。
 
2. 豊富な入出力端子を装備
 PCやDVDなどと接続できる多彩な入出力端子を装備しています。各映像入力端子に対応した音声入力端子を装備しているので、すべての入力で音声も利用することができます。
 ミニD-Sub端子 PCと接続する端子です。
 ビデオ端子 ビデオ、DVDなどとの接続端子です。
 Sビデオ端子 ビデオ、DVDなどとの接続端子です。ビデオ端子より高画質な画像を映し出すことができます。
 DVI−I端子 PCとのデジタル接続用端子です。アナログ接続でも使用することができます。
 5BNC端子 信号減衰量の少ない同軸ケーブルを使用することで、離れた場所のPCと接続した場合の映像劣化が抑えられます。広い会議室やホールでの使用などに適しています。
 
3. 「ナチュラルカラーエンハンサ (NCE: Natural Color Enhancer )」の採用
 新商品は東芝独自の色補正回路「ナチュラルカラーエンハンサ (NCE:Natural Color Enhancer )」を採用することで、輝度を低減することなく、より自然な色味にすることを実現しました。システム内で彩度を補正し、本来の色合いを再現することができます。
 
4. 黒板モード
 投影する黒板等の色(緑、黒、茶、青、ベージュ)に応じて投影画面の色味を選択することができます。
 
5. ユーザーロゴ機能
 起動時および無信号時の画面をユーザーが設定することができるので、ユーザーの会社ロゴ等を表示させることが可能です。
 
6. ネットワーク機能
 プロジェクター制御用のLAN端子を装備しています。また、ネットワーク経由でランプ切れ等の情報をプロジェクターからメールで配信することができます。
 
7. インスタントシャットダウン
 従来の当社プロジェクターでは、ランプがファンで冷却されてから電源プラグを抜く必要がありましたが、新製品ではランプの冷却を待たずに、使用後すぐに抜くことができます。
 
8. 自動入力検索機能を搭載
 入力信号を自動的に検知するので、複数の機器を接続している場合に、信号が入力されていないソースをスキップして映像を選択することができます。
 
9. パスワード機能を搭載
 パスワードを設定することで、特定のユーザー以外の使用を制限することができます。

製品の主な仕様

製品の主な仕様
出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2003 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書2に基づいています。
形名の(J)は日本国内識別記号です。本体に識別記号は表示されておりません
仕様は予告なく変更する場合があります。
対応走査周波数:この範囲の対応信号にプリセットしてあります。プリセット済みの信号仕様と異なるものは、周波数がこの範囲であっても画面に表示できない場合があります。
色差信号の各解像度はパネルの画素数に変換されます。
表示の希望小売価格には配送費、設置調整費、工事費、使用済み商品の引き取り費用は含まれておりません。
DLPTM、DMDTMは、テキサス・インスツルメンツ社の商標です。

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
東芝プロジェクターサポートセンター 050(5514)1437
受付時間(月曜〜金曜)9:00〜18:00
*正午〜午後1時、祝祭日、年末年始等を除く


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright