東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDDオーディオプレーヤーのラインアップ強化について

2005年3月14日

デジタルカメラで撮影した画像を表示可能な「gigabeat(R) F40」など

東芝 HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R) F40」
 
東芝 HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R) G23」

 当社は、デジタルオーディオプレーヤーの新製品として、デジタルカメラで撮影した画像を本体に保存して、2.2型のカラー液晶画面に表示することができる「gigabeat(R) F40」などを商品化し、4月上旬から発売します。

 新製品は、フォトビューアー機能を搭載しているため、デジタルカメラで撮影した画像を本体に保存し、2.2型のカラー液晶画面に表示することができます*1。保存した画像は最大12枚(縦3X横4)のサムネイル表示をすることもできます。
 また、画面テーマ設定機能を搭載しているため、ダウンロードした音楽のジャケット写真の大きさや液晶表示の縦横の向きを変えたり、曲名・アーティスト名の文字の大きさを変えたりすることができます。
 新製品は、40GB*2のHDDを内蔵しており、約1万曲*3の音楽データを保存することができます。また、本体に搭載した2.2型QVGA低温ポリシリコンTFTカラー液晶画面にメニュー画面や曲目のリストを表示し、「プラスタッチTM」をなぞったり、触ったりすることによって、曲の選択やスキップ、早送りなどの操作をすることができます。

 なお当社は、薄型・軽量デザインの本体に20GB*2のHDDを内蔵した「gigabeat(R) G23」についても合わせて商品化し、3月18日から発売します。

*1 デジタルカメラで撮影した画像を本体で表示するためには付属のデジタルオーディオソフトウェア「gigabeat roomTM」でPCから画像を転送する必要があります。
*2 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は表記の値よりも少なくなります。また、あらかじめシステムファイルやデモ用ファイルで約0.05GBを使用しています。(F40)
*3

WMAまたはMP3フォーマット、128kbps、4分間の音楽データの場合。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 昨今、デジタル著作権保護技術(DRM)の普及に伴い、インターネット上で楽曲を販売する音楽配信サイトが増加してきており、インターネットで購入した楽曲のデータを、携帯型のデジタルオーディオプレーヤーに保存して聴くという音楽の新たな楽しみ方が広まってきています。一方、室内やアウトドアなどいつでも、どこでも、音楽を楽しみたいというニーズとともに、デジタルカメラで撮影した画像などを取り込んで、いろいろな場所で画像も楽しみたいというニーズも増えてきています。
 このような中、当社は、「gigabeat(R) F40」を商品化することで、HDDオーディオプレーヤー市場のさらなる拡大と当社シェアの向上を図っていきます。

新製品のおもな特長

<「gigabeat(R) F40」の特長>
1. フォトビューアー機能搭載
 デジタルカメラで撮影した画像などを付属のソフトウェア「gigabeat roomTM」でPCから本体に転送し、液晶画面に表示することができます。サムネイル表示した画像の中から1枚を選択したり、スライドショーのように連続表示をしながら音楽を楽しむことができます。
デジタルカメラで撮影した画像を本体で表示するためには付属のデジタルオーディオソフトウェア「gigabeat roomTM」でPCから画像(JPEGもしくはビットマップファイル)を転送する必要があります。付属のUSBクレードルのUSB端子とUSBマスストレージに対応したデジタルカメラを直接接続し、デジタルカメラ内のデータを本体に保存することもできます。ただしこの場合は本体で画像表示はできません。フォトビューアー機能では、5,000枚までの画像を表示出来ます。
 
2. 画面テーマ設定機能
 液晶表示の向き、文字の大きさ、ジャケット写真表示エリアの大きさなどを好みに合わせて変更できます。横向き表示に設定する場合には、画面とプラスタッチTMとの位置関係から左手操作用、右手操作用の両方向の設定が可能です。
 
3. 分かりやすく直感的な操作が可能な新ユーザーインタフェース「プラスタッチTM
 本体に搭載した2.2型QVGA低温ポリシリコンTFTカラー液晶パネルに表示される操作ガイドを見ながら、「プラスタッチTM」をなぞったり、触ったりすることで、曲の選択やスキップ、早送りなどの操作をすることができます。
 
4. ボタン一つで音楽の転送が可能な「RipRecTM」機能
 パソコン*1に接続したUSBクレードルにgigabeat(R) 本体を載せた状態で、パソコンの光ディスクドライブに音楽CDを入れ、USBクレードルの「RipRecTM」ボタンを押すと、パソコンにインストールした付属のアプリケーション「gigabeat roomTM」が自動的に起動して、音楽データのパソコンへの取込み*2から本体への転送までの処理を行ないます。
 また、パソコンの中の音楽データとgigabeat(R)本体のデータを同じ状態に同期させることができます。「gigabeat roomTM」で同期用フォルダを指定し、USBクレードルの「Sync」ボタンを押すか、もしくは「gigabeat roomTM」のSyncボタンをクリックすることで、パソコンに追加した音楽データだけを本体に転送することができます。
*1 使用するパソコンにつきましては、「新製品のおもな仕様」の「パソコンの動作環境」をご覧ください。
*2 音楽ファイルはPCには残りません。
 
5. デジタルオーディオソフトウェア「gigabeat roomTM Ver.2」付属
 付属の「gigabeat roomTM」はVer.2となり、新たな機能を追加しています。
 ・ PCからの楽曲転送時に、楽曲ファイルと同じフォルダ内にjpegやビットマップファイルがあると、それを自動的にジャケット写真としてgigabeat(R) に転送することができます。
 ・ 楽曲タイトルやアルバム名、アーティスト名といったタグ情報の付いていない楽曲ファイルに後からタグ情報を追加したり、付け直したりすることのできるGracenote Music IDに対応しています。
 ・ キーワード選択でプレイリストの自動生成が可能なGracenote PLAYLISTに対応しています。
 ・ 本体に保存している楽曲別にイコライザー(29種類)と音量を設定することできます。
 ・ gigabeat(R) をPCに接続し、gigabeat roomTMで再生することで、PCのスピーカーでgigabeat(R) 内の楽曲を聴くことができます。
 
6. 高音質を実現
 S/N比95dB以上という高音質設計に加え、臨場感あふれる音場効果を作り上げる3Dヘッドホンサラウンドシステム「SRS WOW(R) 」を搭載しました。
 
7. 軽量・小型の本体に40GBのHDDを搭載、約16時間の連続再生
 新製品は、40GB*1のHDDを内蔵しており、約10,000曲*2の音楽データを保存して楽しむことができます。また、約16時間*3の連続再生が可能です。充電は付属のACアダプターからでもUSBバスパワーでパソコンからでも、約3時間*4で可能です。
*1 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は40GB以下となります。また、あらかじめシステムファイルやデモ用ファイルで約0.05GBを使用しています。
*2 WMAまたはMP3フォーマット、128kbps、4分の音楽データの場合。
*3 常温(25degree)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzのWMAオーディオデータの場合。
*4 USBからの充電は、パソコン本体のUSBバス電源供給機能の性能によるため、パソコンの機種によっては充電出来ない場合があります。
 
8. Windows Media(R) DRM 対応
 著作権保護(DRM)の仕組みである「Windows Media(R) DRM 」に対応し、音楽配信サイトで購入した音楽データもgigabeat(R) に転送して再生することができます。

<「gigabeat(R) G23」の特長>
1. 薄型・軽量の本体に20GB HDDを搭載
 厚さわずか12.7mmの薄型ボディに20GB*1のHDDを内蔵しており、約5,000曲*2の音楽データを保存して楽しむことができます。また、約11時間*3の連続再生が可能です。
*1 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は20GB以下となります。
*2 WMAまたはMP3フォーマット、128kbps、4分の音楽データの場合。
*3 常温(25degree)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzのWMAオーディオデータの場合。
 
2. 「TOSHIBA Audio Application」付属
 「gigabeat(R) G23」への音楽データ転送には、マイクロソフト社の「Windows Media(R) Player9シリーズ」「Windows Media(R) Player10シリーズ」と、当社オリジナルの「TOSHIBA Audio Application」を使うことができます。転送された音楽ファイルは、アーティスト名やアルバム名での検索が可能です。また、パソコンに同期用フォルダを指定し、同期フォルダに追加された音楽ファイルのみをgigabeat(R) に転送する「同期機能」も搭載しています。
 
3. Windows Media(R) DRM 対応
 著作権保護(DRM)の仕組みである「Windows Media(R) DRM 」に対応し、音楽配信サイトで購入した音楽データもgigabeat(R) に転送して再生することができます。
Windows Media(R) DRMで著作権保護された楽曲はWindows Media(R) Player9シリーズおよびシリーズ10でgigabeat(R) に転送する必要があります。

新製品のおもな仕様

<gigabeat(R) F40>
<gigabeat(R) F40>
*1 対応するサンプリング周波数、ビットレートは、オーディオ形式によって異なります。
*2 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は表記の値よりも少なくなります。また、あらかじめシステムファイルやデモ用ファイルで約0.05GBを使用しています。
*3 常温(25degree)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzの WMAオーディオデータの場合。この連続再生時間は、使用条件、使用周囲温度、内蔵電池の充電繰り返し回数などによって変わります。使用条件の範囲内でも低温の環境で使うと連続再生時間は短くなります。WAVオーディオデータの再生は、電池の消耗が大きいため、MP3やWMAに比べて連続再生時間が短くなります。
*4 USB2.0で動作するには、USB2.0インターフェースを標準搭載、または増設しているパソコンが必要です。USB1.1インターフェースと接続すると、USB1.1として動作します。

<gigabeat(R) G23>
<gigabeat(R) G23>
*1 対応するサンプリング周波数、ビットレートは、オーディオ形式によって異なります。
*2 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は表記の値よりも少なくなります。
*3 常温(25degree)、バックライト非点灯、調整範囲の中央の音量で、128kbps、44.1kHzの WMAオーディオデータの場合。この連続再生時間は、使用条件、使用周囲温度、内蔵電池の充電繰り返し回数などによって変わります。使用条件の範囲内でも低温の環境で使うと連続再生時間は短くなります。WAVオーディオデータの再生は、電池の消耗が大きいため、MP3やWMAに比べて連続再生時間が短くなります。
*4 USB2.0で動作するには、USB2.0インターフェースを標準搭載、または増設しているパソコンが必要です。USB1.1インターフェースと接続すると、USB1.1として動作します。
*5 Windows(R) 98 Second Edition用のUSBストレージドライバはソフトウェアCD-ROMの中にあります。

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
モバイルAVサポートセンター 0570(05)7000


  • Windowsおよび Windows Mediaは、米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Pentiumは、Intel Corporation の米国における商標または登録商標です。
  • WOW、SRSはSRS Labs,Inc.の商標です。
  • GracenoteとCDDBは、グレースノート社の登録商標です。Gracenoteロゴおよびロゴ標記、Gracenote CDDBロゴ及び"Powered by Gracenote"ロゴはグレースノート社の商標です。
  • gigabeatは株式会社東芝の登録商標です。
  • プラスタッチ、RipRec、gigabeat roomは株式会社東芝の商標です。
  • 記載されている会社名・商品名などは各社の商標または登録商標の場合があります。
  • すべてのパソコンでの動作を保証するものではありません。自作パソコンは動作保証いたしません。
  • Dual CPU構成のWindows(R) 2000 Professional/XP Professionalシステムでは、動作を保証しておりません。あらかじめご了承ください。
  • 航空法で離着陸時の本商品の使用は禁止されています。また、その他病院等では、係員等の指示に従ってご使用ください。
  • 仕様は予告なく一部変更になる場合があります。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright