東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高光束白色LEDランプの製品化について

2005年3月28日

TL10W02−D

 当社は、一般照明や装飾用、バックライト用白色LEDランプの新製品として、2ワット駆動時に標準光束60ルーメンを得ることができる高光束タイプの「TL10W02−D」を製品化します。7月からサンプル出荷を開始し、10月から月産100万個規模で量産を行ないます。

 新製品は、LEDチップのマウント技術の改良を行なうことで、放熱性を向上した低熱抵抗パッケージを採用し、500ミリアンペア(約2ワット)駆動時の光束値で、業界最高レベルの60ルーメンを実現しています。また、高精度光学シミュレーション技術を導入し、反射板構造の最適化を図ったことで、光取り出し効率も改善しています。

 なお、当社では、2ワット駆動時の明るさを30ルーメンとした「TL10W01−D」についても製品化し、7月から量産を開始します。
 新製品は、いずれも2ワット駆動タイプとしては小型のパッケージとするとともに、無鉛リフローはんだ実装にも対応しており、実装面・環境面に配慮しています。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の開発の背景

 近年、白色LEDは高輝度化が進み、長寿命で低消費電力という白色LED本来の特性を活かした照明光源としての利用に期待が集まっています。
 しかしながら、白色LEDランプの発光効率は現在の管球光源(白熱灯・蛍光ランプ等)と比べてまだ低く、光束値および発光効率の向上が求められています。
 当社は、こうしたニーズに応えるべく製品開発を進めており、今回、一般照明用光源としての使用に耐える高光束かつ発光効率に優れた白色LEDランプを製品化し、市場に投入するものです。

新製品のおもな特長

1. 高い放熱性を実現し高光束と優れた発光効率を実現。
 新製品では、独自のリードフレーム形状と、熱伝導性の高いダイボンディング技術を確立し、放熱性の高い低熱抵抗パッケージを実現しています。これによって、LEDランプ取り付け用のヒートシンクへの放熱効果を高め、500ミリアンペア(約2ワット)の大電流での安定駆動を可能とし、光束値も業界最高レベルの60ルーメンを実現しています。
 また、高精度光学シミュレーション技術の導入により反射板構造の最適化を図ったことで、光取り出し効率を改善し、一般照明用光源用途への使用に適した仕様としています。
 
2. 最大700ミリアンペアの大電流駆動を実現する優れた放熱特性。
 放熱性に優れたパッケージの実現により、ヒートシンクに対する熱伝達性を高めており、大電流駆動が可能です。最大700ミリアンペアまで、十分な光出力を得ることができます。
 
3. 給電と放熱を一体化した構造により小型パッケージを実現。
 反射板を有した銅リードフレームにLEDチップを直接マウントする構造により、銅リードフレームが給電と放熱の両方の役割を同時に果たします。これによってパッケージ全体を小型化しており、2ワットクラスの製品としてはトップクラスの小型化を実現しています。
 
4. 無鉛はんだでのリフロー実装が可能。
 無鉛はんだリフロー実装に対応しており、実装面・環境面にも配慮した仕様としています。

新製品のおもな仕様

新製品のおもな仕様

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
セミコンダクター社
ディスクリート半導体事業部
光半導体応用技術部 
光半導体応用技術第二担当
044(549)8351


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright