東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDD内蔵デジタルハイビジョン液晶テレビ新製品の発売について

2005年4月18日

急な来客時でもリモコンのボタンひとつで番組を簡単録画

東芝 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ ちょっとタイム“face”

 当社は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの新製品として、160GB*1のHDDを内蔵し、急な来客でも見たいシーンを見逃さない「ちょっとタイム」機能、いつでもリモコンのボタンひとつでニュースがチェックできる「今すぐニュース」機能を搭載し、テレビだけで簡単にハイビジョン番組の録画もできる「ちょっとタイム“face”37LH100」など3機種を商品化し、5月下旬から発売します。

 テレビにHDDを内蔵することで、時間の拘束を受けないテレビの新しい視聴スタイルを提案する新製品は、リモコンの「ちょっとタイム」ボタンを押すと、HDDに録画を開始し*2、もう一度ボタンを押すと、さかのぼって録画場面を再生する「ちょっとタイム」機能を搭載しています。この機能を使えば、急な来客などでテレビの前から離れていても、大事なシーンを逃さずにご覧いただくことができます。また、自動的にHDDにニュース番組を一時保存する「今すぐニュース」機能を備えており、リモコンのボタンひとつで、好きなときにニュース番組をチェックすることができます。さらに、テレビ画面に表示される電子番組表から録画したい番組を選ぶだけで、簡単にハイビジョン放送を高画質のまま録画することができます。長時間録画モードの場合、最大156時間*3の録画が可能です。このほか、新製品では、ブロードバンド環境に接続することで、外出先から携帯電話で録画予約ができるほか、インターネットへのアクセス、Eメールの受信をすることもできます。
 また、新製品では、64bit CPUを内蔵した画像処理用デジタルLSI、リナックスOSなどを搭載した映像処理システム「デジタル新頭脳“メタブレイン”」と、高輝度、広視野角のハイビジョン液晶パネルを採用しており、高画質な映像を楽しむことができます。
 なお、本商品は、創立130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」のひとつです。

*1: 1GB=10億バイトで算出。一部システム領域などで使用していますので、実際に使用できる領域とは異なります。
*2: 録画が始まるまで数秒かかります。
*3: 「ちょっとタイム」設定時間を30分、「今すぐニュース」で55分の地上アナログ放送の番組を登録しているときのEPモード時の目安です。長時間録画モードで録画した映像はハイビジョン画質ではありません。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 当社は、国内テレビ市場に占める液晶テレビの割合を、2005年度中には台数ベースで約50%、金額ベースでは約65%に達すると見込んでいます。
 現在伸張の著しいHDDを搭載したレコーダーの70%超*のユーザーは、録画したドラマやバラエティ番組を視聴後は消去しており、「HDDに録画して、見終わったら消去する」という視聴スタイルが浸透してきています。
 また、地上デジタル放送視聴可能地域が急速に拡大しており、2005年末には日本のおよそ6割の世帯で地上デジタル放送の視聴ができるものと見込まれており、今後、高画質な映像を楽しみたいというニーズがますます高まっていくものと予想しています。
 当社は、このような背景から、HDDを内蔵することで、テレビだけで簡単に録画、再生が行え、かつ高画質と高音質を実現した商品を発売することで、ユーザーの利便性の向上と当社の売上げの拡大を図っていきます。

東芝調べ

新製品のおもな特長

1. HDD搭載で簡単録画
(1) 「ちょっとタイム」機能
 リモコンの「ちょっとタイム」ボタンを押すと、HDDに録画を開始し*1、もう一度ボタンを押すだけで、番組をさかのぼって楽しむことができます。テレビ視聴中の急な来客や電話などで、しばらく*2テレビの前から離れていても、大事なシーンを逃さずにご覧いただくことができます。
*1: 録画が始まるまで数秒かかります。
*2: 最大60分ループ録画
(2) 「今すぐニュース」機能
 自動的にHDDにニュース番組を一時保存していますので、リモコンの「今すぐニュース」ボタンひとつで、好きなときにニュース番組をチェックすることができます。一時保存するニュース番組は、ユーザーが自由に設定することができます。
(3) 簡単ハイビジョン録画
 HDDを内蔵しているので、テレビの録画ボタンを押すだけで録画することができます。さらにBSデジタル放送、110度CSデジタル放送、地上デジタル放送、地上アナログ放送の電子番組表から録画したい番組を選ぶだけで、簡単に録画予約ができます。また、Gコード予約や日時指定予約など多彩な予約機能を搭載しています。
*: 地上アナログ放送の電子番組表はインターネット経由で提供されます。別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。
 
2. パソコンや携帯電話からメール録画予約*1
 パソコンやPDA、携帯電話のEメールを使って録画予約をすることができます。予約をし忘れて外出しても録画予約が可能です。さらに、携帯電話から東芝が運営するテレビサーフ*2モバイルサイトにアクセスすることで、予約メールがテレビに送られ録画予約をすることができます。
*1: 別途インターネットプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。
*2: 東芝が運営する、携帯電話向けのテレビ録画予約サービスです。サービス開始は5月中旬を予定。携帯電話の機種や契約内容によっては使えない場合があります。
 
3. 「デジタル新頭脳メタブレイン搭載」で高画質映像
 さまざまな高画質回路を搭載するとともに、新たにデジタル放送特有のノイズを低減するノイズリダクション機能を強化することで、高画質な映像を実現しました。
(1) 「ヒストグラム・ダイナミックガンマ」
 画素の明るさを検出して、ヒストグラムで解析し、リアルタイムで適切なガンマ補正パターンを適用することで立体感のある映像を再現します。
(2) 「カラーイメージコントロール」
 人が記憶に持っている記憶色を再現することで、さわやかな青空や美しい肌の色など感性に響く高画質映像を映します。基本6色の色あいと濃さをキメ細かく調整できるベースカラー調整機能を搭載しています。
(3) 「MPEGノイズリダクション」機能
 文字などの周囲に発生するMPEGモスキートノイズを低減し、すっきりクリアな映像を再現します。
モスキートノイズ 高域成分を含んだ映像のエッジ部分に発生する、蚊が飛んでいるように見えるノイズ
(4) 「エンコードクロスカラー・リダクション」機能
 色信号の中に輝度信号が混ざり込むことで発生する虹色状のエンコードクロスカラーを抑え、目ざわりな色にじみを低減させます。
(5) 「MPEGカラースムーサー」機能
 デジタル放送やDVDなどのMPEG信号の色の変わり目で発生しやすい横線状の色ムラを低減させます。
 
4. 高輝度、広視野角を実現した新ハイビジョン液晶パネルを採用
 すべてのモデルに画面アスペクト比16:9のハイビジョン液晶パネルを採用し、業界トップクラス*1の高輝度500cd/m2を実現するとともに、業界トップクラス*1の上下左右176度*2の広視野角(26V型は170度)を実現しました。斜めからテレビを見てもきれいな映像をお楽しみいただけます。
*1: 2005年4月18日現在、東芝調べ
*2: JEITA測定法による
 
5. その他の特徴
(1) インターネットブラウザー搭載*1
 パソコンを使わなくてもテレビだけでインターネットにアクセスできます。
 また、USB端子にUSBキーボードを接続すれば、文字も簡単に入力できます。
(2) Eメール受信機能*1
 テレビ視聴時にメールの受信を知らせてくれます。メール受信機能で、手軽にメールチェックができます。また、添付されたJPEG写真をテレビ画面に表示することもできます。
(3) USB1.1端子搭載*2
 USB対応のデジタルカメラのJPEG写真を、大画面上に映し出せます。もちろん、USB方式のメモリーカードリーダーを使えばさまざまなメモリーカードのJPEG写真再生もできます。また、USBキーボードを接続してインターネットや番組のキーワード検索などで文字入力をすることもできます。
(4) 高音質設計
 聞き取りやすい高音質を実現するSRS WOWを採用しています。
SRS 3D
 音の方向性などを補正することでリスニングポジションを拡大し、スピーカー前方の広い範囲で立体的な音を再現できます。
SRS TruBass
 本体スピーカーのみでダイナミックな音声を再現します。
SRS FOCUS
 音の補正をすることで人の声やドラマのセリフなどをクリアに再現します。
(5)

交換可能なHDDユニット*3
 内蔵のHDDユニットは、別売の交換用HDDユニットと簡単に交換することができます。

*1: 別途インターネットプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。コンテンツによっては表示できないものもあります。
*2: 対応するUSB機器はマスストレージクラスです。すべての機器の動作を保証するものではありません。接続確認済み機種については当社Webサイトで公開していく予定です。
*3 : HDDを交換すると録画した番組は失われます。
本製品は録画内容の長期保存を意図しておりません。保存が必要なコンテンツは、本製品ではなくDVDレコーダーなどの録画機器で録画してください。

別売オプション機器

別売オプション機器

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*1 ちょっとタイム設定時間を30分、今すぐニュースで55分の地上アナログ放送の番組を登録している場合の目安
*2 画面正面から見た画面中心部の出荷時平均値
*3 JEITA測定法による:コントラスト比10:1が確保できる角度の標準値
*4 室温25℃で映像メニューを「標準」で連続使用した場合に輝度が初期の半分になるまでの平均的な目安
*5 インターネット常時接続環境にあることが必要です。また、放送時間の変更には対応していません。インターネットのサーバーを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
*6 別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。
*7 RDシリーズとはLAN接続以外に映像・音声端子との接続が必要です。RDシリーズの機種によっては対応していないものもあります。以下のRDシリーズにはデジタル放送チューナーは搭載されていませんが、テレビのデジタル放送チューナーで受信した放送を、テレビのデジタル放送録画出力端子経由でRDシリーズに録画することができます。RDシリーズでハイビジョン放送を録画した場合、ハイビジョンではなくNTSC標準画質で記録されます。対象機種「RD-XS24,RD-XS31, RD-XS34,RD-XS36,RD-XS40, RD-XS41,RD-XS43,RD-XS46,RD-XS53 ,RD-X4EX、RD-X4, RD-X3,RD-X5、RD-XV34,RD-XV44 」(RD-XS40,RD-X3はネットdeナビ予約での連動予約はできません)(2005年4月18日現在)
*8 接続確認機器については当社Webサイト http://www.toshiba.co.jp/product/tv/ で公開していく予定です。
*9 デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。
*10 メーカー・機種によっては対応していないものがあります。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
映像営業事業部
TV国内営業部
03(3457)8344
商品情報掲載ホームページ http://www.toshiba.co.jp/product/tv/


  • テレビサーフは株式会社東芝の商標です。
  • WOW、SRS 3D、SRS TruBass、SRS FOCUS、SRSと(●)®記号はSRS Labs,Inc.の商標です。
  • Gコード(またはG-CODE)はジェムスター社の登録商標です。 
  • 仕様は予告なく変更になる場合があります。
  • 本機の通信機能を利用した結果あるいは利用できなかったことによって生じた損害等の補償につきましては、当社はその責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright