東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
薄さと長時間駆動を両立した「dynabook SS」と映像を楽しめる「libretto」の発売について

2005年4月20日

東芝ノートPC事業 20周年記念モデルの発売について

東芝ノートPC dynabook SS SX/190NR
 
東芝ノートPC libretto U100/190DSB

 当社は、ノートPC事業20年間のノウハウと差異化技術を採用した、20周年記念モデルを4月下旬の日本国内向け発売を皮切りに全世界に展開します。

 20周年記念モデルは「Thin&Light」を基本コンセプトとした「dynabook SS SX」、「dynabook SS S20」と「libretto U100」の3機種です。
 約19.8mmの薄型筐体と約5.4時間の長時間駆動を実現した「dynabook SS SX」「dynabook SS S20」を4月22日から発売します。また、手のひらにのる小型筐体に当社AVノートPC「Qosmio(コスミオ)」で培った高画質化機能を搭載した「libretto U100」4モデルを4月29日から順次発売します。

 「dynabook SS SX」「dynabook SS S20」では、高速信号伝送時の電圧や電流の損失を低く抑えられる新素材を採用した「低損失基板」を開発したことで、配線幅を約25%、線間隔を約20%縮小しています。また、配線スペースを省き、部品実装スペースを大きく取ることができる「スタックビア構造」を採用しているため、高密度な部品実装が可能となります。これら高密度実装技術を駆使した基板の小型化により、基板サイズを約30%削減するとともに、最も厚い部分でも約19.8mmの薄さとフラットデザインを実現しています。また、基板の小型化による実装スペース削減により、バッテリ体積を当社従来機種*1より2倍に増やすことが可能となり、最大約5.4時間の長時間駆動を実現しています。さらに、新製品には、振動を高感度で検出し、ディスクから磁気ヘッドを退避することによってHDD損傷やデータ消失のリスクを軽減する「東芝HDDプロテクション」機能*2や指紋認証機能など、多彩な保護機能を搭載しています。筐体にはクリアコーティング・マグネシウム合金ボディを採用するなど、機能だけではなく、デザインや質感にもこだわったモデルです。
 新製品「libretto U100」は、「低損失基板」「スタックビア構造」などを採用することで、手のひらにのる小型筐体を実現し、さらに、質量も約999gに軽量化しています。ディスプレイには、7.2型液晶サイズにおいて初めてLEDバックライトを採用し、32個のLEDをグループ制御する独自制御機構を搭載しているため、輝度制御、省電力化*3を実現しています。また、着脱式のDVDスーパーマルチドライブ「リブレットDVDドック」を接続した場合、DVDの映画や、CDの音楽を楽しむことができます。さらに、Qosmioシリーズで培ったデジタルシャープネス、インタレース・プログレッシブ変換といった高画質化機能を搭載しており、明るくきめ細かで自然な色合いの画質を実現しています。
 なお、本商品は、創立130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」のひとつです。

*1 dynabook SS S9シリーズ
*2 すべての状況に対してHDDおよびHDD内データの破壊と消失の防止を保証するものではありません
*3 表示部においてFL管タイプより消費電力約48%削減

新製品の概要

<dynabook SS>
<dynabook SS>

<libretto U100>
<libretto U100>
libretto U100/190NLWはWeb専用モデル

開発の背景と狙い

 当社は1985年に世界初のラップトップPC T1100を発売し、その後、技術の標準化をリードしたり、先進技術をいち早く新製品に採用することで、ノートPC市場の創造と拡大を進めてきました。例えば、2.5インチHDD、ニッケル水素電池、カラーTFT液晶といった技術をノートPCに搭載し、その技術を標準化することで、ノートPC市場を牽引してきました。一方、昨今、ライフスタイルの多様化やインターネット環境の整備など外部環境が大きく変化してきており、PCの利用スタイルや応用範囲はますます多様化してきています。
 このような中、当社は昨年の8月に映像技術を融合したAVノートPC「Qosmio(コスミオ)」を製品化することで、多様化するニーズに対応するとともに、新たな市場を創造してきました。さらに今回、「スタックビア構造」など高密度実装技術を採用することで、薄さ、軽さの追求とともに、AV機能、長時間駆動、セキュリティ、デザインなどといった新たな価値を付加したThin&Lightモデル「dynabook SS SX」や「libretto U100」などを商品化し、さらに、新たな市場を創造していきます。

新製品の主な特長

<dynabook SS SXシリーズ>
1. 高密度実装技術による本体の薄型化とバッテリ駆動時間の向上
 高速信号伝送時の電圧や電流の損失を低く抑えられる新素材を使用した「低損失基板」を開発したことで、配線幅を約25%、線間隔を約20%縮小しています。従来基板の配線の幅100μm、線から線の間120μmに対して、線幅75μm、線間隔100μmまで微細化、狭間隔化を実現しています。
 また、配線スペースを省き、部品実装スペースを大きく取ることができる「スタックビア構造」を採用しているため、高密度な部品実装が可能となります。「スタックビア構造」の場合、裏面への配線部の上にも部品を実装できるため、高密度部品実装が可能となります。これら高密度実装技術を駆使した基板の小型化により、基板サイズを約30%削減するとともに、最も厚い部分でも約19.8mmの薄さとフラットデザインを実現しています。また、基板の小型化による実装スペース削減により、バッテリ体積を当社従来機種比*1約2倍に増やすことが可能となり、最大約5.4時間の長時間使用を実現しています。
*1 dynabook SS S9シリーズ。

「スタックビア構造」採用メリット

 
2. 東芝HDDプロテクション機能や指紋認証機能などの保護機能を搭載
(1) 「東芝HDDプロテクション」
 新製品には前後・左右・上下の動きを感知できる3D加速度センサーを搭載しています。振動を高感度に検出し、ディスクから磁気ヘッドを退避することによってHDD損傷やデータ消失のリスクを軽減する「東芝HDDプロテクション」機能*1を搭載しています。
(2) 「指紋センサ」
 最新のバイオメトリクス技術を応用し、指の表面より深い層にある真皮の部分のパターンを読み取ることで認証が可能な「指紋センサ」を搭載しています。指でセンサをなぞるだけで、パスワード入力の代わりに個人認証を行うことができます。
(3) 「プロテクトラバー」
 衝撃などで損傷を受けやすい液晶パネル、HDDを、衝撃吸収力の高いゴム素材を使った「プロテクトラバー」*2ではさみ込み、落下時のショックを緩和して、主要なパーツを守ります。
(4) 「TPMセキュリティチップ」
 最新のTPMセキュリティチップを搭載しています。ファイルやパスワードなどの暗号化や、公開鍵方式でのデータのやりとりの場合には暗号鍵がHDDの中に記憶されていますが、TPMセキュリティチップの搭載により、暗号鍵をCPUやHDDとは独立した安全な場所(TPMセキュリティチップ内)に保持するため、さらにセキュリティが強化されます。
*1 すべての状況に対してHDDおよびHDD内データの破壊と消失の防止を保証するものではありません
*2 PCパネルの破損・PC本体の破損などの防止を保証するものではありません
 
3. 基本性能、拡張性、デザイン性も両立
 最新チップセットを採用。DDR2メモリモジュールやMicrosoft(R) Windows(R) XP Professionalの搭載、1000BASE-Tのギガビットイーサネットや次世代のBluetoothTM V2.0+EDR対応、大容量バッテリ(オプション)利用で最大約11時間の長時間駆動、スリムポートリプリケータ(オプション)をサポートするなど、拡張性にも優れています。また、上質感のあるクリアコーディングを施した直線的で美しいフルフラットボディを実現しています。

<libretto U100シリーズ>
1. 基板の高密度化技術の追求により、質量約999gの手のひらにのる小型筐体を実現
 新素材を採用した低損失基板、スタックビア構造などを採用することで、手のひらにのる小型筐体を実現し、さらに、質量も約999gと軽量化しています。また、チップの間隔を従来の0.25mmから0.2mmに圧縮する高密度マウント技術、携帯電話などで使用されている微細化チップなど、多面的な高密度実装技術を駆使することにより小型化をはかるとともに、バッテリ駆動約5.3時間や、キーボードのキー配列をA4ノートPCと同じにするなど、小型化と使いやすさを両立しています。
 
2. 7.2型液晶サイズにおいて初めてLEDバックライトを採用するなど鮮明な画像を追求
 7.2型液晶サイズにおいて初めてLEDバックライトを採用し、映像を鮮やかに再現します。32個のLEDをグループ制御する独自制御機構を搭載することで、従来のFL管タイプに比べ、輝度制御、省電力化*1を実現しています。
*1 表示部においてFL管タイプより消費電力約48%削減
 
3. 着脱式の「リブレットDVDドック」に高画質化機能を搭載するなどAV機能も充実
 着脱式のDVDスーパーマルチドライブ「リブレットDVDドック」*1を装着した場合、DVDの映画や、CDの音楽を楽しむことができます。また、Windows(R) を起動せずにCD/DVDの再生が可能なクイックプレイ機能を搭載しており、DVD映像や、CDの音楽を手軽に楽しむことができます。また、Qosmioシリーズで培ったデジタルシャープネス、インタレース・プログレッシブ変換、色補正、デブロッキング、デリンギングの高画質化機能を搭載しており、きめ細かで自然な色合いの画質を実現しています。さらに、スピーカ音量を最大にしても音割れを抑える機能「Auto Gain Control(オートゲインコントロール)」やヘッドフォンに対応したSRSサラウンド機能を搭載し、音質にも配慮しています。
*1 libretto U100/190DSB、libretto U100/190DSWモデルに同梱。libretto U100/190NLB、libretto U100/190NLWモデルは別売オプションでの利用が可能。
 
4. 東芝HDDプロテクション機能や指紋認証機能などの保護機能を搭載
 振動を瞬時に検出し、ディスクから磁気ヘッドを退避することによってHDD損傷やデータ消失のリスクを軽減する「東芝HDDプロテクション」機能*1を搭載しています。
 また、最新のバイオメトリクス技術を応用し、指の表面より深い層にある真皮部分のパターンを読み取って認証する「指紋センサ」を搭載、パスワード入力の代わりに個人認証を行うことができます。
*1 すべての状況に対してHDDおよびHDD内データの破壊と消失の防止を保証するものではありません

新製品の主な仕様

<dynabook SS シリーズ>
<dynabook SS シリーズ>

<libretto U100シリーズ>
<libretto U100シリーズ>
libretto U100/190NLWはWeb専用モデル

*1: 1GBは10億バイトで算出しています。
*2: 高画質化機能についてはリブレットDVDドック装着時に対応します。
*3: 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリー動作測定法(Ver.1.0)」によるものです。
満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境によって異なります。なお、省電力制御があります。
* : 仕様は予告なく変更になる場合があります。

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Intel、Intel Centrino、Pentium、CeleronはIntel Corporationの登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windows、は米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • SRSはSRS Labs,Inc.の商標です。
  • i.Linkとi.Linkロゴは商標です。
  • SDメモリカードは株式会社東芝、松下電器産業株式会社、米国SanDisk社の登録商標です。
  • Bluetoothは、その商標権者が所有しており、東芝はライセンスに基づき使用しています。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright