東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
新AV統合ソフトを搭載したAVノートPC「Qosmio」シリーズの発売について

2005年8月31日

当社HDD&DVDレコーダー「RDシリーズ」の機能採用で操作性を向上

東芝AVノートPC「Qosmio G20」
 
東芝AVノートPC「Qosmio F20」

 当社は、AV機器の操作性とPCの多機能性を両立させる自社開発の新AV統合ソフト「Qosmio AV Center」を搭載した「Qosmio G20」、「Qosmio F20」の新商品を9月9日から順次発売します。さらに「dynabook」シリーズおよびモバイルノートPC「dynabook SS」シリーズの新モデルも商品化し、あわせて全7機種16モデルを発売します。

 新AV統合ソフト「Qosmio AV Center」は、AV機器感覚で操作ができるよう、当社HDD&DVDレコーダー「RDシリーズ」の「番組ナビ」、「録るナビ」、「見るナビ」メニューや、「スポーツ延長」、「ドラマ延長」などの録画機能を搭載しています。また付属のリモコンも多機能かつ使いやすさを追求し、独立ボタンの採用や、親指で主要な操作ができるボタン配置など「RDシリーズ」と同等の操作性を取り入れています。「Qosmio AV Center」は、リモコンでもマウスでもソフトを切り替えることなく統一された環境での操作が可能で、これまでのような2つのソフトを起動したり、2つの操作を覚えたりといったユーザの負担を解消しました。リモコンを使って離れた場所から操作を行う場合は画面が見やすい大文字表示に、マウスを使ってPCの近くで操作を行う場合は「番組ナビ」、「録るナビ」、「見るナビ」の3つの画面が一覧表示になるなど、わかりやすく優れた操作性を実現しています。

 また「Qosmio AV Center」は、Webサイトをチェックしたり、ワープロ機能で文章を作ったりしながら、放送中の気になるTV番組や録画番組をWindows(R)上の最前面に表示した小画面で視聴できる「ながら見モード」を搭載しています。加えて、保存しておきたいシーンを何箇所でも抜き出して保存できる「つまみ録り」機能を追加した「プレイバック録画」などPCならではのTV視聴・録画機能の充実も図っています。さらに「Qosmio G20」、「Qosmio F20」は、色彩の表現範囲を約72%に向上させた*1(従来機は約45%)高色純度・高輝度Clear SuperView液晶の採用により、色鮮やかな高画質映像を再現します。

 「Qosmio G20」については、2006年7月施行のEU(欧州連合)RoHS *2指令に完全対応したモデルとなっております。なお、「Qosmio G20」は、創立130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」のひとつです。

 今回あわせて「dynabook VX」、「dynabook TX」、「dynabook AX」、およびモバイルノートPC「dynabook SS LX」「dynabook SS MX」も発売し、dynabookシリーズを刷新し、ラインアップの強化を図ります。

*1 Qosmio F20/473LS、F20/470LSモデルを除く。
*2 EU(欧州連合)による電子電気機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令

新製品の概要

シリーズ /モデル 主な特長 価格 発売時期
AV ノート PC Qosmio G20 G20/495LS
新AV 統合ソフト
『Qosmio AV Center 』
高色純度の新液晶 (F20/473LS、F20/470LS を除く)
高速回転 5,400rpmのHDD
Pentium® M750(1.86GHz)または
Pentium® M740(1.73GHz)など
標準メモリ 1GB(G20/495LS)
DLNA対応
はっきりキーボード
オープン 9 /9
G20/490LS
Qosmio F20 F20/495LS 10月上旬
F20/490LS 9 /9
F20/490LSW
F20/475LS
F20/473LS
F20/470LS
ノート PC dynabook VX VX/670LS
harman/kardon® ステレオスピーカ
高速回転 5,400rpmの100GB*1 HDD
外付FDD/マウス同梱
はっきりキーボード
dynabook TX TX/650LS
harman/kardon® ステレオスピーカ
高速回転 5,400rpmの100GB*1 HDD
外付FDD/マウス同梱
はっきりキーボード
dynabook AX AX/650LS
ワイヤレス LAN搭載
XGA Clear SuperView 液晶
高速回転 5,400rpmの80GB*1 HDD
AX/630LL
XGA Clear SuperView 液晶
高速回転 5,400rpmの60GB*1 HDD
モバイル
ノート PC
dynabook SS LX LX/290DR
Pentium® M740(1.73GHz)
標準メモリ 512MB
高速回転 5,400rpmの80GB*1 HDD
プロテクト機能
LX/290DK
dynabook SS MX MX/290DR
Pentium® M753(1.20GHz)
標準メモリ512MB
高速回転5,400rpmの80GB*1 HDD
プロテクト機能
MX/290DK
*1: 1GBは10億バイトで算出しています。

新製品の主な特長

<Qosmio シリーズ>

1. 新開発のAV統合ソフト搭載で使い勝手のよさを実現
 自社開発のAV統合ソフト「Qosmio AV Center」を新規に搭載しています。「Qosmio AV Center」は、当社HDD&DVDレコーダー「RDシリーズ」の「番組ナビ」、「録るナビ」、「見るナビ」メニューを採用し、リモコンからでもマウスからでもソフトを切り替えることなくTV視聴やAVコンテンツの操作が可能で、2つのソフトを立ちあげたり、2つの操作を覚えたりといったユーザの負担を解消しました。画面表示もリモコンモードではPCから離れていても見やすい大文字表示になり、マウスモードでは「番組ナビ」、「録るナビ」、「見るナビ」の3つの画面が一覧できます。
 使いやすい多機能専用リモコンのそれぞれのメニューボタンを押すだけで下記の機能が簡単に使えます。
 「番組ナビ」 TV番組名が一覧表示された番組表で指定するだけで録画予約が可能
 「録るナビ」 録画の予約状況を一目で確認可能
 「見るナビ」 録画済みファイルやデジカメ画像、音楽を選択するだけで再生可能
 そのほか、多彩な検索機能や、チャンネル別や日別に選べる一覧表示、写真や音楽データの一元管理もできるなど使い勝手を向上しています。
 
2. TV録画や視聴機能をさらに便利に強化
 豊富な録画・予約機能や、PCならではの便利なTV視聴機能を新たに搭載しています。録画・予約機能は、PC電源がOFFでも自動的に起動して録画を開始します。
 1) 「ドラマ延長録画」:
 「ドラマ延長録画」機能を搭載。ドラマの最終回などが拡大放送になっている場合、東芝独自の番組表DEPGTMの情報に基づいて*1、終了時間を延長して録画します。
 2) 「スポーツ延長録画」:
 「スポーツ延長録画」機能を搭載。野球中継などが放送延長になった場合、その後に録画予約していた番組を東芝独自の番組表DEPGTMの情報に基づいて*1、終了時間を延長して録画します。
 3) 「プレイバック録画(つまみ録り機能付き)」:
 保存しておきたいシーンを何箇所でも抜き出して保存できる「つまみ録り」機能を「プレイバック録画」*2に新たに追加しました。これによりソフトを使った編集作業の必要もなく、残したいシーンだけを簡単に保存できます。
 4) 「ながら見モード」:
 Webサイトをチェックしたり、ワープロ機能で文章を作ったりしながら、気になるTV番組や録画番組をWindows(R)上の最前面に小画面で表示し、視聴することができます。Qosmioシリーズは全モデルワイド画面であり、「ながら見モード」でも作業領域を広くとることができます。
*1 DEPGTM(電子番組表)を利用するには、インターネットに常時接続する環境が必要です。またDEPGTMと実際の放送が異なる場合があるため、番組によっては正しく録画されない場合があります。
*2 あらかじめタイムスリップを設定することで、TV番組のHDDへの記録が開始され、タイムスリップ開始時から約9時間以内またはHDDの容量がなくなるまでの範囲で録画できます。
 
3. 新液晶ディスプレイ採用でさらに高画質
 色彩の表現範囲を従来機*1の約45%から、液晶TVに近い約72%へと拡大した新液晶ディスプレイを採用*2することで、色純度が向上し、画面のすみずみまで明るく色鮮やかな映像を可能としました。さらに、光の映り込みの軽減や液晶特有の斜めからの見づらさも改善しています。高画質化エンジン「QosmioEngine」と高画質化TVチューナ、そして高色純度・高輝度Clear SuperView液晶ディスプレイを組み合わせて、Qosmioの映像は一層の高画質化を実現しています。
*1 当社従来機「Qosmio F20」シリーズとの比較
*2 Qosmio F20/473LS、F20/470LSモデルを除く
 
4. Windows(R)を起動せずにTV視聴・録画が可能な「QosmioPlayer」
 Windows(R)を起動せずにTVやDVDの視聴やTV番組の録画ができる「QosmioPlayer」は、最大約18時間30分*1のTV番組録画が可能です。DVD再生時には、SRS WOW XT機能(擬似的に立体音響効果をもたらす機能)の採用によって、臨場感ある音声を楽しむことができます。
*1 長時間モード(約2Mbps QosmioPlayer上)で録画した場合。1タイトルの最長録画時間は180分です。180分を経過すると録画は停止します。
 
5. DLNAにいち早く対応し、高機能を実現
 標準メモリ1 GB(512MB×2、最大2GB、デュアルチャンネル対応DDR2)*1、最大録画時間約193時間*2の大容量200GBHDD*1(100GB×2、高速回転5,400rpm)を搭載。今後注目のDLNA(デジタル・リビング・ネットワーク・アライアンス)*3にもいち早く対応しています。有線でも無線でも、Qosmio で録画したTV番組をDLNA対応の大画面TVで楽しんだり、HDD&DVDレコーダーやステレオなどの映像や音楽コンテンツをQosmioで楽しむことも可能です。また、英文字が見やすい「はっきりキーボード」を採用し使い勝手も向上しています。
*1 Qosmio G20/495LSモデルに搭載。1GBは10億バイトで算出しています。
*2 長時間モード(約1.4Mbps Windows(R)起動時)でCドライブ(空き容量約46GB)とDドライブ(空き容量約90GB)に録画した場合の録画目安時間の合計
*3 DLNAとは、デジタル時代の相互接続性を実現させるための標準化活動を推進する団体。Qosmioは相互接続性を実現するためにDLNAが制定した“Home Networked Device Interoperability Guidelines v1.0”に基づきファームウェアを設計し、D2Gテストイベントに合格。
 
6. EU(欧州連合)RoHS指令への完全対応
 当社はこれまでも地球環境に配慮したノートPCの開発に努め、2005年1月からはプリント基板と筐体についてEU(欧州連合)RoHS*1指令に対応したノートPCを発売してきました。「Qosmio G20」は、さらに製品全体がRoHS*1指令に対応しています。今後も当社はRoHS*1完全対応の環境調和型製品の投入を積極的に進めてまいります。
*1 EU(欧州連合)による電子電気機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令

<dynabookシリーズ>

1. dynabook VXシリーズ
 15.4型ワイド液晶を搭載した高性能ノート「dynabook VX/670LS」は、大容量100GB*1HDD(高速回転5,400rpm)を搭載、外付FDDやマウスを同梱し、英文字が見やすい「はっきりキーボード」を採用するなど使い勝手を向上しています。
 
2. dynabook TXシリーズ
 15型液晶を搭載した機能充実のスタンダードノート「dynabook TX/650LS」は、PCで音楽を聴くユーザの増加に対応して今回新たにharman/kardon(R)ステレオスピーカを採用したほか、大容量100GB*1HDD(高速回転5,400rpm)搭載、外付FDD/マウス同梱、英文字が見やすい「はっきりキーボード」採用などスタンダードながら充実した性能を実現しています。
 
3. dynabook AXシリーズ
 15型液晶を搭載したコストパフォーマンス追求タイプのノートPC「dynabook AX/650LS」および「dynabook AX/630LL」は、新たに無線LAN搭載モデルを用意し、両モデルともXGA Clear SuperView液晶、80GB*1または60GB*1HDD(高速回転5,400rpm)を採用するなど、基本機能を充実させています。
*1 1GBは10億バイトで算出しています

<dynabook SSシリーズ>

1. dynabook SS LXシリーズ
 14.1型SXGA+液晶搭載の2スピンドルモバイルノート「dynabook SS LX/290DR」および「dynabook LX/290DK」は、新たにIntel(R) Pentium(R)Mプロセッサ 740(1.73GHz)を採用したほか、80GB*1HDD(高速回転5,400rpm)を搭載するなどパフォーマンスを向上しています。さらに、液晶カバー部分より張り出し丸みを帯びたベース部の「ラウンドフォルム」、筐体コーナー部に空洞をつくり、外部からの衝撃を分散する「ショックプロテクター」、液晶パネル、HDD、FLインバータをはさみ込む「プロテクトラバー」などの「衝撃緩和トリプル構造」を採用することで、HDDなどの主要部品を保護し、耐衝撃性を高めるとともに、「TPMセキュリティチップ」、「東芝HDDプロテクション」、「東芝RAID」、「ウオーターブロック構造」などのプロテクト機能*2を採用しています。
 
2. dynabook SS MXシリーズ
 12.1型液晶搭載の2スピンドルモバイルノート「dynabook SS MX/290DR」および「dynabook MX/290DK」は、Intel(R) Pentium(R)Mプロセッサ 超低電圧版 753 (1.20GHz)、標準メモリ512MB、80GB*1HDD(高速回転5,400rpm)を採用するなどパフォーマンスを向上しています。さらに、液晶カバー部分より張り出し丸みを帯びたベース部の「ラウンドフォルム」、筐体コーナー部に空洞をつくり、外部からの衝撃を分散する「ショックプロテクター」、液晶パネル、HDD、FLインバータをはさみ込む「プロテクトラバー」などの「衝撃緩和トリプル構造」を採用することで、HDDなどの主要部品を保護し、耐衝撃性を高めるとともに、「東芝HDDプロテクション」、「ウオーターブロック構造」などのプロテクト機能*2を採用しています。
*1 1GBは10億バイトで算出しています。
*2 当社従来機種に比してそれぞれの耐衝撃性を向上したもので、これらの機能強化により、PCパネルの破損・PC本体の破損などの防止を保証するものではありません。

新製品の主な仕様

Qosmio シリーズ(PDF形式/62KB)

dynabookシリーズ(PDF形式/59KB)

*1: 1GBは10億バイトで算出しています。
*2: 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリー動作測定法(Ver.1.0)」によるものです。満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境によって異なります。なお、省電力制御があります。


PDFデータを表示・印刷するためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のボタンをクリックして、Reader(Windows, Mac OSに対応:無償提供)をダウンロードしてください。 Acrobat Readerダウンロードページ

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Intel、Intel Centrino、Pentium、CeleronはIntel Corporationの登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windows、は米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • i.Linkとi.Linkロゴは商標です。
  • NVIDIA、GeForceは、NVIDIA Corporationの登録商標、または商標です。
  • harman/kardonスピーカーはHarman Multimedia社の登録商標です。
  • メモリースティックはソニー株式会社の商標です。
  • xD-ピクチャーカードは富士写真フィルム株式会社の商標です。
  • MultiMediaCardは、独Infineon Technologies AGの商標です。
  • SDメモリカードは株式会社東芝、松下電器産業株式会社、米国SanDisk社の登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright