東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
VTR一体型HDD&DVDレコーダー 新製品2モデル他の発売について

2005年9月15日

簡単操作の「カンタロウTM」シリーズ初の3in1レコーダー 

東芝 VTR一体型HDD&DVDレコーダー「AK−V100」
 
東芝 VTR一体型HDD&DVDレコーダー「AK−V200」
東芝 ポータブルDVDプレーヤー「SD−P1800」

 当社は、使いやすさを重視したHDD&DVDレコーダーの新ブランド「カンタロウTM」シリーズの第2弾として、「おまかせプレイリスト」「かんたん6WAYダビング」などの新機能を搭載したシリーズ初のVTR一体型HDD&DVDレコーダー「AK−V100」、「AK−V200」を本年10月上旬から順次発売します。あわせて、ポータブルDVDプレーヤー「ポータロウ(R) SD−P1800」を10月上旬から発売し、デジタルAV機器のラインアップを強化します。

 新製品「AK−V100」「AK−V200」は、「カンタロウTM AK−G200」に採用した簡単操作GUIをVTR一体型HDD&DVDレコーダーに初めて搭載しました。電源を入れると最初に分かり易いメニュー画面が表示されるなど、初心者の方の使いやすさを重視した商品です。また、新製品には「本編自動チャプター分割」機能*1を搭載しているため、録画番組の本編の前後を自動でチャプター分割することができます。さらに、今回、新たに「おまかせプレイリスト」機能を搭載しているため、番組本編だけを保存したり、バラエティー番組のCFの前後にある繰り返し映像の一方を削除したプレイリストを自動作成することができます。*2
 また、「かんたん6WAYダビング」機能を使うことで、HDD、DVDメディア、VHSテープいずれかの間で双方向ダビングが可能となっています。
 さらに、「AK−V100」は160GB、「AK−V200」が250GBのHDDを搭載し、それぞれ最大約284時間、最大約445時間*3の録画が可能です。2機種とも地上アナログチューナーを2個内蔵しているため、VTRとHDDまたはDVDに2番組同時録画が可能です。「AK−V200」についてはBSアナログチューナーも1個内蔵しています*4
 なお、本商品は、創立130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」のひとつです。

 また、当社は付属のバッテリーパックで連続約4時間*5のDVD再生を実現し、同梱のTV/FMチューナー、カーアダプターを使用することで、テレビやラジオが楽しめる「ポータロウ(R) SD−P1800」もあわせて発売致します。
*1: 「本編自動チャプター分割」は予約録画時のみ有効です。必ず本編の前後でチャプター分割されるとは限りません。
*2: 「おまかせプレイリスト」で作成したプレイリストに不要シーンが含まれる場合もあります。
*3: 画質レートMN1.0Mbps、音声モードM1時のHDD最大録画スペース。ただし、1回の最長連続録画単位は9時間。最大録画可能時間は、画質レートや音声モード、録画タイトル数などによって変わります。録画できる最大のタイトル数は、DVD-RAM/-R/-RWディスクは99、内蔵HDDは396です。これを超えると空き容量があっても録画できなくなります。
*4: HDD/DVD録画用。VTRでは録画できません。
*5: 連続再生時間は目安であり、バッテリーパックの状態、使用条件、使用周囲温度などの影響で異なります。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 HDD&DVDレコーダー市場が広がるにつれて、VTR一体型HDD&DVDレコーダーを購入するエントリーユーザーが増えてきました(録再DVD購入層の約35%がVTR一体型HDD&DVDレコーダー:当社調べ)。特に主な購入者層となる高年齢者層からは、より簡単に使えるVTR一体型HDD&DVDレコーダーが望まれています。
 このようなユーザーニーズに応えるために、簡単操作の「カンタロウTM」シリーズのソフトウエアを採用し、VHSテープ、HDD、DVDメディアの3つが使える「AK−V100」「AK−V200」を製品化しました。さらにポータブルDVDプレーヤー「SD−P1800」を商品化することで、DVDユーザーの拡大を図り、さらなるシェア拡大を図っていきます。

新製品の主な特長

<カンタロウTM「AK−V100」「AK−V200」>
1. 見たいシーンのスキップ再生に便利な「マジックチャプター」機能
 HDDへの予約録画時に画像を解析して自動でチャプターを作成する「マジックチャプター」機能を搭載しています。このマジックチャプターは、ニュースや番組のトピックスの変わり目など、ある程度意味のある単位でチャプターを分割しますので、ニュース番組、バラエティー、歌番組等の見たいシーンのスキップ再生などが手軽にできます。
「マジックチャプター」は、番組の内容によって分割した結果に差があります。
 
2. 本編の前後にチャプターを自動作成する「本編自動チャプター分割」機能
 HDDへの予約録画時に録画番組の本編とCFの間を自動でチャプター分割する「本編自動チャプター分割」機能を搭載しています。二カ国語放送やモノラル放送だけでなく、ステレオ放送でも分割されますので、大変便利です。
「本編自動チャプター分割」はフレーム単位ではありませんので、不要シーンが含まれる場合があります。また、放送によっては、きちんと本編の前後で分割されない場合もあります。チャプター分割位置は編集画面で調整することも可能です。
 
3. 見たい場面だけのプレイリストが簡単に作れる「おまかせプレイリスト」機能
 録画番組の本編部分だけを抽出してプレイリストを作る「おまかせプレイリスト」機能を初搭載しました。録画番組を選択し、クイックメニューから「おまかせプレイリスト作成」を選ぶだけで、本編だけのプレイリストを作成することが可能です。さらに、バラエティー番組については、CFの前後で同じ映像が繰り返されていた場合、最初の繰り返し部分をダブり部分と認識して自動的に除いてプレイリストを作成します。本機能を使うことで簡単に本編だけの視聴やダビングができるようになります。
「おまかせプレイリスト」機能は「本編自動チャプター分割」を「入」にしてHDDに予約録画した番組に対して有効です。また、自動作成されたプレイリストに不要シーンが含まれる場合もあります。
 
4. 録り逃しを低減する「スポーツ延長」「ドラマ延長」機能
 ナイター等の延長情報に合わせて予約録画の終了時間を伸ばす「スポーツ延長」、連続ドラマ等の最終回に多い放送延長に対応する「ドラマ延長」機能を搭載しており、録り逃しを低減します。
「スポーツ延長」「ドラマ延長」といった機能は、番組表の情報に依存します。すべての番組が必ず録画できるわけではありません。
 
5. VTRのDVD化などが簡単な「かんたん6WAYダビング」
 当社既発売モデルRD−XV34で搭載していた6WAYダビング画面に、「AK−G200」で新たに開発したオートダビングモードを加えることで、VTRからHDD、DVDだけでなく、HDD−DVD間のダビングも分かりやすくなった「かんたん6WAYダビング」機能を搭載しています。「かんたん6WAYダビング」機能を使えば、メニュー画面の「ダビング」からダビング方向、やりたいダビングを選ぶだけでかんたんに各メディア間のダビングができ、既に録画したVTRのDVD化保存などが簡単に行えます。
著作権保護技術の採用によって、コピー禁止のものはダビングできません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングはHDDからCPRM対応のDVD-RAM、DVD-R/RW(VRモード)方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。VTRへのダビングはできません。
 
6. かんたんリモコンとかんたん操作画面(GUI)の採用
 リモコンのキー数を大幅に削減し、使い勝手を向上させたかんたんリモコンを付属しています。また、キー数の削減にあわせて本体内蔵の操作系ソフトウエアも一新、VTR、HDD、DVDという3メディアを一体化しながら、初心者にもわかりやすい使い勝手を追求しています。
 
7. DVD−R DL(2層)、高速ダビングに対応したDVDマルチドライブ
 搭載するDVDマルチドライブは、DVD−R最大約8倍速、DVD−RAM約3倍速、DVD−RW約4倍速で書き込みが可能です。また、DVD−Rについては、DVD−R DL(2層)ディスクにも対応しています。DLディスクはVideoモードでHDDからのダビング(DVD−Video作成)のみに対応しています。それ以外のディスクについては、VRモードおよびCPRMにも対応していますので、デジタル放送の保存も可能です。

<ポータブルDVDプレーヤー「SD−P1800」>
1. 充実した同梱品、オールインワンパッケージ
 車の座席に固定できる*1キャリングバックとシガーソケットから電源を供給できるカーアダプターコード、またVHF(1〜12ch)/UHF(13〜62ch)/CATV(C13〜C63ch)のテレビチューナー*2を同梱しています。テレビチューナーはFM放送*3も受信でき、車でDVDやテレビを楽しむことができます。またバッテリーパックは約4時間*4の連続再生ができるので、車外でも再生できます。
*1: 急停車の際の事故防止のため、走行中は取りはずしてください。また、閉めきった車内など高温となる場所には放置しないでください。
*2: テレビチューナーをご利用いただいた場合、画像や音声の品質はアンテナの電波受信状況によって大きく左右されます。また電波の弱い地域では受信状態が悪くなる場合があります。
*3: 音声はモノラルになります。
*4: 連続再生時間は目安であり、バッテリーパックの状態、使用条件、使用周囲温度などの影響で異なります。
 
2. 本格的な映像・音声を楽しめる8型ワイド液晶搭載モデル
 12bit/54MHzの高性能映像DACを搭載し、8V型ワイド液晶で高画質映像再生を実現します。また、192kHz/24bitの高性能音声DACを採用し、さらに臨場感あるサイドスピーカーで、高音質再生を楽しめます。
 
3. 多彩な光ディスクと映像・音声フォーマットに対応
 DVD−Video、DVD−R*1、ビデオCD、音楽CD、CD−R/−RW*2のメディアに対応しています。
*1: DVD−Videoフォーマットで記録されたDVD−Rの再生が可能です。ただし、ディスクの特性や記録状態によっては再生できない場合があります。
*2: CD−DA、ビデオCD、WMA、MP3、JPEGの各形式で記録されたCD−R/−RWの再生が可能です。ただし、ディスクの特性や記録状態によっては再生できない場合があります。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
ディスクはデータの作りかた、ディスクの状態によって再生または録画できないものがあります。
本機で録画したDVD-RAM、DVD-R、DVD-RWは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。
本機で作成したDVD-R/RW(Videoモード)ディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
不連続なタイトルやチャプターの境界はMPEG2の特性によって一瞬静止します。
録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
Dolby、ドルビー、及びダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの登録商標です。
DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。
電子番組表について:地上アナログ放送のアンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。
著作権保護技術の採用によって、録画禁止のものは録画できません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングはHDDからDVD-RAM、DVD-R/RW(VRモード)方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。VTRへのダビングはできません。
すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。
実際の書き込み速度はドライブ速度よりも落ちる場合があります。
ディスクにコピーワンスの放送を録画する場合には、CPRM対応という表示のあるディスクをお使いください。
VRモード録画対応という表示がないDVD-RディスクでもVRモードでフォーマット(初期化)、録画ができることがありますが、動作については保証していません。
DVD-RをVRモードで記録する場合、記録前に VRモードでのフォーマット(初期化)が必要です。
CPRM対応、VRモード録画対応という表示のあるDVD-Rディスクでも、フォーマット(初期化)せずに録画するとVideoモードで録画されます。
本機でVRモード録画したDVD-Rディスクは本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
CPRM対応という表示のあるDVD-Rディスクに Videoモードで録画した場合でも、本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
DVD-R DLディスクにビデオモードで録画した場合でも本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD-RAM/-RW/-RドライブとHDDがATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。
HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換(有料)が必要となります。
HDDへの長期保存はお勧めできません。たいせつな録画内容は、こまめにDVDディスクにダビングしてください(DVDディスクの保存性能を保証するものではありません)。失われた録画内容の復旧や補償はいたしかねます。        
HDDの容量は1GB=10億バイトで計算しています。

本製品は地上デジタル放送の受信に対応していませんが、外部チューナーなどからアナログ放送同等画質での録画は可能です。地上アナログ放送は2011年7月までに終了することが、国の方針として決定されています。

<SD−P1800>
<SD−P1800>
*1 DVD−Videoフォーマットで記録されたDVD−Rの再生が可能です。
*2 CD−DA、ビデオCD、WMA、MP3、JPEGの各形式で記録されたCD−R/−RWの再生が可能です。

[本体部]
[本体部]

[端子部]
[端子部]

[液晶画面部]
[液晶画面部]

[付属品]
[付属品]

(SD−P1800に関する事項)
バッテリーパックでの連続再生時間は目安であり、使用状態、使用条件、使用周囲温度などの影響で異なります。
本機を持ち運ぶ場合や車での走行中など、強い振動や衝撃が故障の原因となる場合がありますのでご注意ください。
航空法で離着陸時の本商品の使用は禁止されています。また、その他病院等では、係員等の指示に従ってご使用ください。
すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
 一般電話用フリーボイス TEL  0120−96−3755
  * フリーボイスは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
 携帯電話用ダイヤル   TEL  0570−00−3755
  * 携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
 商品情報掲載ホームページ: http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright