東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
携帯音楽プレーヤー向け小型燃料電池の開発について

2005年9月16日

“CEATEC JAPAN”に出展

東芝 小型燃料電池(試作品)を内蔵したシリコンオーディオプレーヤー(デモ機)

 当社は、昨年6月に発表した世界最小の燃料電池の実用化に向け、電子機器に組み込む小型燃料電池ユニットを開発し、携帯音楽プレーヤーの試作機を用いた動作検証を開始しました。

 今回開発したのは、出力が100mWと300mWの燃料電池ユニットで、それぞれシリコンオーディオ(メモリ内蔵型)プレーヤー、HDDオーディオプレーヤーに組み込みます。
 100mW型は、横23mm、縦75mm、厚さ10mmと板ガム程度のサイズ(プレーヤーは横35、縦110、厚さ20)で、内蔵タンクに3.5mLの燃料を注入して約35時間駆動できます。
 300mW型は、横60mm、縦75mm、厚さ10mmのサイズ(プレーヤーは横65、縦125、厚さ27)で、内蔵タンクに10mlの燃料を注入して約60時間駆動できます。
 プレーヤーには動作検証用の部品が含まれるため、最適な製品設計を行えば大幅な小型化が可能です。
 また、今回の開発では、小型燃料電池に関する国際標準化の動向を踏まえ、IEC(国際電気標準会議)で策定中の安全性規格案に準拠した設計を行っています。

 当社の燃料電池は、小型化に適したパッシブ型の採用や、一般に30%以下に希釈するメタノール燃料を薄めずに使用できることなどが特長です。
 今後当社は、耐久性・信頼性試験などを行い、2007年以降の燃料電池の本格普及期に向け、生産技術を含めた開発を加速していきます。

 なお、今回の燃料電池については、2種類のプレーヤー試作機と共通使用できる燃料カートリッジを、10月4日から千葉県幕張メッセで開催される“CEATEC JAPAN 2005”に出展します。

開発した燃料電池の概要


開発した燃料電池の概要
開発した燃料電池の概要


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright