東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタルハイビジョン液晶テレビ「Z1000」シリーズの発売について

2005年9月28日

新開発「メタブレイン・プロ」と広視野角フルHD液晶パネル搭載で高画質を実現

東芝 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「液晶 beautiful “face” 47Z1000」

 当社は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの新製品として、システムLSI技術とデジタル映像処理技術を活かした新映像処理システム「メタブレイン・プロ」と広視野角フルHD液晶パネルを搭載し*1、また光ブロードバンドでビデオ・オン・デマンドを実現するブロードバンド放送に業界で初めて*2対応した「液晶 beautiful “face” 47Z1000」など4機種を商品化し、10月下旬から順次発売します。

 新商品は、当社新開発のフルHD映像処理LSIを採用した“デジタル新頭脳「メタブレイン・プロ」”を搭載しました。これは、東芝独自のフルデジタル高画質処理システムで、きめ細かな階調表現や色補正、ノイズ低減を実現し、ハイビジョン映像をはじめさまざまな映像をより忠実に、より美しく再現します。今回、新たに採用した業界トップクラスの視野角178度を実現する広視野角フルHD液晶パネルの精細感をさらに一層、際立たせます。

 加えて、新商品はネットワーク機能を強化しており、光ブロードバンドでビデオ・オン・デマンドを実現するブロードバンド放送「4th MEDIA」*3に、業界で初めて*2対応しました。またDLNAガイドラインにも対応予定*4であり、当社HDD&DVDレコーダー「RD−X6」やAVノートPC「Qosmio F20」、「Qosmio G20」などのDLNAガイドライン対応機器と、ホームネットワーク(LAN接続)を構築することで、映像や写真などを再生することができます。さらに、市販のLAN HDDや、ハイビジョンHDDレコーダーを利用したハイビジョン録画も可能です。

 なお、本商品は、創立130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」のひとつです。

*1: 「47Z1000」、「42Z1000」、「37Z1000」に採用。「32Z1000」は広視野角ワイドXGAを採用。
*2: 2005年9月28日現在、国内デジタルテレビにおいて。(東芝調べ)
*3: 「4thMEDIA」はNTT東日本のグループ会社「(株)ぷららネットワークス」が行っているサービスです。
ビデオ・オン・デマンドで映画やアニメーションなど約4,500タイトルの映像コンテンツを視聴できるビデオサービスのほか、テレビ、カラオケなどの各サービスを視聴できます。
*4: DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、デジタル時代の相互接続性を実現させるための標準化活動を推進している国際団体です。デジタルメディアプレーヤーとして、DLNAの認証機関による認定を取得予定です。(2005 年9 月28日現在)

新製品の概要

新製品の概要
デジタルハイビジョン液晶テレビ「47Z1000」発売遅延のご連絡とお詫び

商品化の背景と狙い

 国内テレビ市場に占める液晶テレビの割合は、2005年度中には台数ベース約50%、金額ベースでは約70%に達すると、当社は見込んでいます。今後、地上デジタル放送の放送地域が全国へと拡大することで、より大画面で高画質なハイビジョン映像を楽しみたいというニーズがますます高まっていくものと予想しています。このような状況のなか、当社は、新開発「メタブレイン・プロ」とフルHD液晶パネルを搭載した「47Z1000」をはじめとする高画質モデル4機種を追加し、商品のラインアップを強化することで、ユーザーの利便性の向上と当社の売上げの拡大を図ります。

新製品のおもな特長

1. 新開発、デジタル新頭脳「メタブレイン・プロ」搭載でフルHD高画質を実現
 新開発のフルHD映像処理ツインLSIや業界で初めて*1高速DDR2メモリー*2を採用した“デジタル新頭脳「メタブレイン・プロ」”を搭載しました。これにより、デジタル放送だけでなく、HDMI端子、i.LINK端子、LAN端子から入力されたデジタル映像をフルデジタルで高画質処理するとともに、さまざまなネットワーク機能を実現しています。
*1: 2005年9月28日現在、国内デジタルテレビにおいて。(東芝調べ)
*2: パソコンに使用されている高速書き込み、読み出しのできるメモリー
(1) 「ジャストスキャンモード」
 ハイビジョン映像信号を高精細に再現するジャストスキャンモードを搭載しました。デジタルハイビジョン放送の水平1920×垂直1080のフレーム画素をスケーリング処理なしに表示する*1ことで、画質劣化のない画像を表示します。
*1: 32Z1000でのジャストスキャンモードはスケーリング処理を行います。
(2) 「魔方陣アルゴリズム・プロ」
 階調表現の12bit化によって、RGBそれぞれについて4096階調の表現が可能になり、豊かな階調で映像を再現します。
(3) 「新ヒストグラムダイナミックガンマ」
 映像信号を、画素の明るさなど7種のヒストグラムで解析し、最大256点もの変曲点をもつガンマ補正パターンで1シーンごとにキメ細かな階調コントロールを14bit精度で行ないます。明るいシーンから暗いシーンまで、ダイナミックに映像を再現します。
(4) 「ヒストグラムバックライトコントロール」
 ヒストグラム解析により、暗部の明るさや面積を検出してバックライトを制御しますので、黒浮きを押さえた、コントラスト感のある映像を再現します。
(5) 「カラーイメージコントロール・プロ」
 64色にわたり濃度、色合い、明るさを14bit精度で独立制御。美しく色あざやかに、質感豊かな映像を再現します。
(6) 豊富なノイズリダクション機能
 輝度信号のフレーム間差分ヒストグラム分布に応じて、モスキートノイズやブロックノイズが多く発生する場面を検出し低減する「新MPEGノイズリダクション」、暗部のノイズを重点的に低減する「ダイナミックノイズリダクション」など、さまざまなノイズリダクション機能でクリアな映像を再現します。
 
2. 広視野角フルHD液晶パネル搭載
 「47Z1000」、「42Z1000」、「37Z1000」にはフルHD液晶パネルを搭載*1しました。デジタルハイビジョン放送信号と同じ水平1920×垂直1080画素の液晶パネルで、高画質なハイビジョン映像を忠実に再現します。また、業界トップクラスの上下・左右178度の広視野角を実現し、斜めから見てもコントラスト感のある映像を楽しめます。
*1: 「32Z1000」は広視野角ワイドXGAを採用。
 
3. 光ブロードバンド&ホームネットワーク対応
(1) 光ブロードバンド放送「4th MEDIA」対応
 光ブロードバンド放送「4th MEDIA」*1のビデオ・オン・デマンドなどの映像配信サービスに対応。NTT東日本・NTT西日本の光回線(フレッツ)をテレビに接続することで、いつでも約4,500タイトルの映画などが楽しめます。また、ビデオサービスでは一時停止や早送り、早戻しなどの操作も可能です。
(2) DLNAガイドライン対応予定*2
 当社HDD&DVDレコーダー「RD−X6」やAVノートPC「Qosmio F20」、「Qosmio G20」などのDLNAガイドライン対応機器と、ホームネットワーク(LAN接続)を構築することで、これらの機器の映像や写真などを再生することができます。
(3) 「ちょっとタイム」機能
 市販のハイビジョンレコーダー*3をi.LINK端子に接続することで、時間をさかのぼって見ることができる「ちょっとタイム」機能*4を使うことができます。
(4) その他のネットワーク対応
 市販のLAN HDD*3へのハイビジョン録画機能、当社HDD&DVDレコーダー*3に簡単に録画予約ができる「テレビdeナビ」機能、インターネット閲覧機能、Eメール受信機能など、さまざまなネットワーク機能を搭載しています。また、USB端子を搭載しJPEG写真再生にも対応しています。
*1: 「4thMEDIA」はNTT東日本のグループ会社「(株)ぷららネットワークス」が行っているサービスです。
ビデオ・オン・デマンドで映画やアニメーションなど約4,500タイトルの映像コンテンツを視聴できるビデオサービスのほか、テレビ、カラオケなどの各サービスを視聴できます。
*2: DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、デジタル時代の相互接続性を実現させるための標準化活動を推進している団体です。デジタルメディアプレーヤーとして、DLNAの認証機関による認定を取得予定です。(2005 年9 月28日現在)
*3: 接続確認済み機器については当社Webサイトhttp://www.toshiba.co.jp/product/tv/で順次公開します。
*4: 「ちょっとタイム」で録画できるのは、アンテナ入力端子で受信したデジタル放送だけです。アンテナ入力端子で受信したアナログ放送は録画できません。また、CATVホームターミナルやVTRなど、ビデオ入力端子からの信号は録画できません。
 
4. その他の特長
(1) 地上デジタルダブルウィンドウ
 地上デジタルチューナーを二つ搭載し、地上デジタル放送の2画面表示が可能です。また、地上デジタル放送を見ながら裏番組の地上デジタル放送を外部機器に録画することもできます。
(2) ジェットスリットスピーカー搭載
 オーディオ専業メーカーのオンキヨー(株)と共同開発したジェットスリットスピーカーを搭載しています。従来のフェライトマグネットに比べ約10%の磁力アップを達成した大口径マグネットで、キレが良く、引き締まったサウンドを実現します。
(3) 使いやすさに配慮した設計
 アンダースピーカー構造による横幅省スペース設計を実現するとともに、左右各15度の首振りが可能なスイベル機能、背面パネル内に各接続機器の配線をスマートに収納可能なスッキリ配線対応、転倒防止用のバンドやフックなどによる転倒防止機能などを搭載しています。

別売オプション機器

別売オプション機器

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*1 画面正面から見た画面中心部の出荷時平均値
*2 JEITA測定法による:コントラスト比10:1が確保できる角度の標準値
*3 室温25℃で映像メニューを「標準」で連続使用した場合に輝度が初期の半分になるまでの平均的な目安
*4 接続確認機器については当社Webサイト http://www.toshiba.co.jp/product/tv/ で順次公開します。
*5 デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。
「4th MEDIA」、「インターネット」など外部ネットワークを利用するには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。
放送や通信サービス(インターネットを利用した地上アナログ放送の番組表、光通信回線などを利用した映像配信サービス、その他の通信サービスなど)は、お客さまへの予告なしに、放送事業者や通信事業者などによって一時的に中断したり、内容が変更されたり、サービス自体が終了されたりする場合があります。あらかじめご了承ください。
文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
映像営業事業部
TV国内営業部
TEL 03(3457)8344
商品情報掲載ホームページ http://www.toshiba.co.jp/product/tv/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright