東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
0.85型HDD搭載のムービーカメラ「gigashot(R) V10」の発売について

2005年9月28日

DVD画質並みの動画と約500万画素写真を撮る・見る・残すことが可能

「gigashot(R) V10」

 当社は、0.85型HDD(4GB*1)と総画素数約519万画素CCD、SDカードスロットを搭載したムービーカメラ「gigashot(R) V10」を商品化し、東芝Web直販モデルとして、「shop1048」(ショップトウシバ)*2から販売します。(URL:http://shop1048.jp/)9月28日から予約受付を開始し、10月21日から発売します。
 新製品には、静止画有効画素数約500万画素、動画有効画素数約250万画素*3のCCDを搭載しており、HDDに最高画質で約1時間25分*4、最長約4時間*5の動画を撮影することが可能で、静止画では約500万画素の写真で約3,000枚*6の撮影ができます。 

 新商品は、動画用の録画ボタンと写真用のシャッターボタンを別々に備えており、モード切換せずに動画と静止画をそれぞれ撮影をすることができます。さらに、撮影した動画をズームアップしたり、撮影した動画の中から静止画を切り出して、ベストショットの写真を保存したりすることもできます。
 また、2.0型液晶画面をあけるだけで電源がはいり、約4秒で撮影できるため、タイミングよく、動画や写真を撮影することができます。
 さらに、片手でも操作できるように、背面に親指で回せるジョグダイヤルを備えています。ジョグダイヤルを操作することで、見たい動画や写真をスムーズに探し出すことができます。
 加えて、新商品をUSBケーブルでパソコンに接続し、パソコンの画面に従えば簡単にDVDビデオディスクが作成*7できるアプリケーションソフトを同梱しており、撮影から保存まで手軽にお楽しみいただくことができます。

 新商品は当社のデジタル家電製品との連携を強化したモデルとなっています。当社製HDD&DVDレコーダー「RDシリーズ」の「ネットdeダビング」機能に対応しているため、同梱のクレードルを介してLAN接続することで、「gigashot(R)」で撮影した動画を画質の劣化無くHDD&DVDレコーダーに転送することができます。さらに、撮影した画像データを当社製のHDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R)」にも転送できるため*8、長期の旅行に行くときなどでも、「gigabeat(R)」にデータ転送することで、継続して撮影することが可能です。

*1: 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされた容量は、表記の数値よりも小さくなります。
*2: 東芝Web直販サイト
*3: 手ぶれ補正機能OFF時
*4: MPEG2、6Mbps=ハイクォリティモード
*5: 2Mbps=LPモードでの内蔵HDDへの録画可能時間です。フル充電バッテリーでの連続撮影可能時間は、23℃の条件下でズーム不使用で動画撮影した場合、約80分です。
*6: スタンダード画質時
*7: DVD書き込み機能搭載のパソコンが必要です。
*8:

gigabeat FシリーズおよびXシリーズでファームウェアのバージョンが2.0以降であること、および専用クレードル経由での接続が必要です。gigabeatのクレードルには専用ACアダプターからの電源供給が必要です。

購入時、購入後にアンケートにお応えいただく必要があります。

商品化の背景と狙い

 ムービーカメラの市場は主に運動会や入学式、結婚式などファミリーのイベントでの活用を中心に国内で170万台規模を増加傾向で推移しています。(当社調査による)
 また一方で、DVDレコーダーやHDDオーディオプレーヤーの普及や、カメラ付き携帯電話やデジタルカメラの普及によって、「日常的に動画や写真をより気軽に撮りたい」「撮影したデータをDVDレコーダーやパソコンに保存して編集したい」というニーズが増えてきています。
 このようなニーズに応えるために、当社は「軽い・小さい」「長時間録画できるHDD搭載」「デジタル家電との親和性が高い」ムービーカメラ「gigashot(R) V10」を商品化し、新商品の楽しさや便利さを提案していきます。さらに、今後は大容量HDD搭載モデルのラインナップ強化などをはかり、ビデオカメラ市場の拡大を目指していきます。

新商品の主な特長

1. 世界最小*1 0.85型4GB*2 HDD内蔵で小型軽量化を実現
 世界最小*1の0.85型HDD内蔵で、小型軽量化を実現しました。バッテリーとSDカードを装着した使用時でも約260gの軽量です。内蔵4GB*2のHDDには約500万画素の写真なら約3,000枚(スタンダード画質)、HQ(ハイクォリティ)モード*3で約1時間25分の動画撮影が可能、最長で約4時間*4の動画撮影ができます。
 
2. 1/2.5型有効約500万画素CCD、光学5倍ズームレンズ搭載
 静止画有効画素数約500万画素、動画有効画素数約250万画素*7のCCDは、1/2.5型総画素数約519万画素の高性能となっています。その上、最短1cmの接写までできる光学5倍ズームレンズは20倍のデジタルズームとあわせて100倍の迫力ズーム撮影が可能です。また、本体に搭載しているデジタル画像システムエンジン「Color RealizerTM(カラーリアライザー)」は、美しい発色と高画質表示を可能にしました。
 
3. 独立した動画用録画ボタンと静止画用シャッターで動画も静止画もシームレス撮影
 動画用の録画ボタンを背面に、静止画用のシャッターを前面に独立配置しています。撮影者の思うままに動画も静止画も撮りたいときに撮影することが可能です。液晶モニターを開くだけで約4秒で高速起動し、動画・静止画のモード切換の必要も無いため、撮りたい一瞬を逃しません。動画撮影中に一瞬のシャッターチャンスを捉え、静止画撮影も可能*8です。さらに、撮影済みの動画からお気に入りの一瞬を静止画として切り出し、保存することも可能です。
 
4. ジョグダイヤル使用の軽快なインターフェースと当社独自の「動画ズーム」機能
 ジョグダイヤルとその中心にあるスティック型十字キーのコンビネーションで軽快に操作が可能です。4GB*2のHDDに撮った、たくさんの動画・静止画の検索も素早く行うことができます。ジョグダイヤルの回転にあわせて回る操作画面も軽快な操作感を助長します。
 また、静止画のみならず動画を再生中に、気になる部分などをズームアップ再生することが可能です。今までのムービーにはない東芝独自の機能です。
 
5. 初心者でも簡単にDVDビデオ作成可能
 動画加工ソフトとして定評の「PowerProducer」*9を静止画管理ソフトとして評価の高い「ACDSee 7.0 for TOSHIBA」*9のプラグインという形で統合したアプリケーションソフトを同梱。動画・静止画を意識することなくACDSeeからの操作が可能です。さらに、「gigashotバックアップツール」*9が接続されたgigashot(R) を認識すると自動的に起動し、ユーザーの操作をサポートします。
 gigashot(R) の「DVD作成リスト」でDVD化したい動画・静止画を事前に選んでおけば、gigashot(R) の接続を検知した「gigashotバックアップツール」が自動的に起動するので、画面の指示に従ってクリックするだけで簡単にDVDビデオディスクを作る*10ことができます。
 また、当社製DVD&HDDレコーダー*10の「ネットdeダビング」機能にも対応しています。gigashot(R) とDVD&HDDレコーダー*11をLAN接続*12すれば、全く画質劣化の無い動画転送が可能です。
 
6. HDD保護対策システム「DiprotechsTM(ディプロテックス)」搭載*5
 万一の落下などの衝撃からHDDを保護するシステムは、ゲル素材によるHDDの緩衝材に加え、3次元加速度センサーがカメラの落下を検知し、ディスクからヘッドを退避させてディスクの損傷を回避する、HDD保護システム「DiprotechsTM」を搭載*5しています。記録された映像データを可能な限り保護します。さらに、安全を確認後にヘッドは復帰し、撮影の継続が可能*6です。
 
7. 手ぶれ補正機能「Shake EstimatorTM(シェイクエスティメイター)」搭載
 動画撮影中の動きを予測して手ぶれを補正する新アルゴリズムを採用した手ぶれ補正機能「Shake EstimatorTM」を搭載しました。

*1: 2005年9月28日現在
*2: 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされた容量は、表記の数値よりも小さくなります。
*3: MPEG2、6Mbps=ハイクォリティモード
*4: 2Mbps=LPモードでの内蔵HDDへの録画可能時間です。フル充電バッテリーでの連続撮影可能時間は、23℃の条件下でズーム不使用で動画撮影した場合、約80分です。
*5: ハードディスクを搭載した当社従来製品に比べてそれぞれの耐性を向上したもので、これらの機能強化により、ハードディスクの破損、データの破壊・消去などの防止を保証するものではありません。
*6: 連続して落下を検知すると、継続できない場合があります。
*7: 手ぶれ補正機能OFF時
*8: 静止画のサイズにより、動画撮影が一時とぎれた状態で記録されます。
*9: 付属の3つのアプリケーションソフトはともにWindows用です。Macintoshにおいてgigashotで撮影した動画データの再生・編集・DVDの作成を行うためには、別途Macintosh用動画編集・再生およびオーサリングアプリケーションが必要です。
*10: DVD書き込み機能搭載のパソコンが必要です。
*11: 2005年9月28日現在、動作確認済みの対応機種は、RD-XS57, RD-XS37, RD-H1, RD-Z1, RD-XS46, RD-XS36, RD-X5, RD-XS34, RD-XS24, RD-XS53, RD-XS43です。
*12: LANケーブルおよびLAN接続環境が必要です。

オプション

リチウムイオン充電池:MEHBT4 オープンプライス
新商品は、東芝Web直販モデルとして、「shop1048」(ショップトウシバ)から販売します。9月28日から予約受付を開始し、10月21日から発売します。
Shop1048 URL:http://shop1048.jp/

新商品のおもな仕様

新商品のおもな仕様
*1: 液晶モニターは非常に高精度の技術で作られておりますが、微細な斑点が現れることがあります。故障ではありませんので、そのままお使いください。
*2: 1GBを10億バイトで計算した数値です。実際にフォーマットされた容量は、表記の数値よりも少なくなります。
仕様は、改良のため予告無く変更することがありますので、ご了承ください。

動画の撮影可能時間について
 HDDおよびSDカードに記録できる目安は次のとおりです。
 被写体によって、記録されるデータ量が異なるため、撮影可能時間の減り方が一定ではありません(数値は目安であり、これを保証するものではありません)。
動画の撮影可能時間について

静止画の撮影可能枚数について
 HDDおよびSDカードに記録できる目安は次のとおりです。
 被写体によって、記録されるデータ量が異なるため、記録後の撮影可能枚数が増減します(数値は目安であり、これを保証するものではありません)。
静止画の撮影可能枚数について

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
モバイルAVサポートセンター TEL 0570(05)7000


  • gigashot、gigabeatは株式会社東芝の登録商標です。Shake Estimator、Diprotechs、Color Realizerは株式会社東芝の商標です。
  • Windowsは米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • ACDSeeはACD Systems社の商標です。
  • PowerProducerはサイバーリンク株式会社の商標です。
  • Macintoshは米国Apple Computer,Inc.の商標または登録商標です。
  • その他の社名と商品名は各社の商標または登録商標です。
  • 本資料に記載の商品の名称は、それぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright