東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
東芝アジア・パシフィック社 ハノイ駐在事務所における業務の開始について

2005年9月28日

 当社は、高い事業経済成長率を維持しているベトナム社会主義共和国における社会インフラ事業の強化策として、ハノイに駐在事務所を開設し、業務開始にあたり、本日、ハノイにて駐在事務所開所式を開催しました。

 ベトナムは市場開放後の近年、年7%から8%の高い経済成長率を維持しています。それにともない、発電設備の建設、鉄道、上下水道インフラシステムなどのプロジェクトが多数計画されています。ベトナムでの受注拡大を目指すために事前の調査活動や案件の育成活動が必要になるため、当社は、足掛りとなるための拠点としてベトナム ハノイ駐在事務所を設立することとなりました。

 当社の社会インフラ事業においては、収益基盤の拡大、強化のために海外事業の拡大を基本戦略のひとつとして掲げています。海外事業拡大により、電力・社会システム事業全体として、2004年度から2010年度までに年間平均売上高伸長率4%を事業の目標としています。このような中、ベトナム市場において、2007年度までに約25億円前後の売上高を目指しております。

概要

1. 拠点名 東芝アジア・パシフィック社 ハノイ駐在事務所
2. 所長 行則 茂(ゆきのり しげる)
3. 設立 2005年 7月
4. 業務開始 2005年 9月(開所式 9月28日)
5. 所在地 ベトナム ハノイ市内
(8‐02 44B Ly Thuong Kiet Street,Hanoi,Vietnam)
6. ビジネス対象と活動の概要:
1) 火力・水力などの発電事業:
 2010年までの電力需要の伸びが約14〜15%前後で推移する見込みであり、当社は円借款にて既に3水力発電所を受注しています。
(ハムツアンは完成済み、改修のダニム、新設のダイニンは建設中)
今後はさらなる市場調査、発掘によりビジネス展開を図る予定。
2) 電力流通事業:
 変電・系統・配電設備全般のビジネス展開を推進する。
3) 交通事業:
 主要都市の鉄道、地下鉄、モノレール計画等の市場調査。
4) その他公共事業:
 上下水道システム市場調査、排水処理・メタンガスからの代替エネルギー生成システム開発提案など。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright