東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
IAサーバ「MAGNIA(マグニア)」の新製品の発売について

2005年10月6日

東芝IAサーバ「MAGNIA3410」(ラック):左/東芝IAサーバ「MAGNIA3410」(タワー):右
 
東芝IAサーバ「MAGNIA3415R」(ラック)

 当社は、IAサーバ「MAGNIA」の新製品として、最新CPU*1「64ビット インテル(R) XeonTM プロセッサ(最高 3.80GHz 2次キャッシュ:2MB)」を採用し、64ビットOSに対応した「MAGNIA3410」および「MAGNIA3415R」を商品化し、本日から営業活動を開始します。

 新製品は、最新CPU*1「64ビット インテル(R) XeonTM プロセッサ(最高 3.80GHz 2次キャッシュ:2MB)」を採用した2Wayサーバです。2次キャッシュを1MBから2MBへ大幅に強化したCPUを採用することで、処理性能の向上を図っています。また、Windows ServerTM 2003 x64 Editionに対応したサーバ監視ソフト「HarnessEye/web」、Windows ServerTM 2003 x64 Editionのインストールをサポートするサーバ設定支援ソフト「SetupInstructor」を標準添付するなど従来機種にくらべ64ビットOS環境*2での利便性を向上しました。

 また、当社独自開発のRAID Booster機能を搭載したRAIDコントローラによりRAID5構成時に従来比2〜6倍の高い書き込み性能*3(書き込み速度)を実現しています。メモリは最大12GBまで*4、300GBハードディスク装置は「MAGNIA3410」で最大8台*5、「MAGNIA3415R」で最大6台まで搭載可能とするなど、システムの拡張性にも優れています。
 さらに、耐障害性を高めるために、ハードディスクや電源、ファンを冗長化可能としているほか、メモリのミラーリング機能・オンラインスペア機能などもサポートしています。

 新製品は、小中規模ネットワーク向けのワークグループサーバ、アプリケーションサーバ、グループウェアサーバから高い可用性が求められる基幹業務システムまで幅広く適用できます。

*1 2005年10月現在
*2 OSは標準構成に含みません。64ビット環境で使用するためには64ビット対応のOS、ドライバ、アプリケーションが必要です。
*3 当社従来RAIDコントローラ「T150」との比較
*4 4GBメモリ オプションを3組購入時
*5 ディスクを8台搭載するには拡張ディスクシャーシ(別売)が必要です。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の概要
*1 本体およびCPU(インテル(R) XeonTMプロセッサ2.80GHz)×1、メモリ(512MB)×1、HDD(73GB)×1による構成の価格です。OSの価格は含まれません。据付調整費、使用済み商品のお引取り費などは含まれておりません。
*2 ディスクを8台搭載するには拡張ディスクシャーシ(別売)が必要です。
*3 1GBは10億バイト換算値です。1GB=1024×1024×1024バイト換算のものとは、表記上同容量でも実容量は少なくなりますので、ご注意ください。

商品化の背景と狙い

 今年度の国内IAサーバ市場は、32ビットから64ビット対応CPU(EM64T)へのシフトが大きく進むと予想されています。 一方、最近では企業内の業務システム需要に加えて、インターネットを利用した様々なネットビジネス向けの需要が拡大し、より高性能で、高い信頼性を持つサーバへのニーズが高まっています。
 このようなニーズに応えるべく、当社は、64ビット インテル(R) XeonTM プロセッサ(最高 3.80GHz 2次キャッシュ:2MB)」を採用した「MAGNIA3410」「MAGNIA3415R」商品化し、「MAGNIAシリーズ」のラインアップ強化を図っていきます。

新製品の主な特長

1. インテル社の最新CPU「64ビット インテル(R) XeonTM プロセッサ」を搭載可能
 2MBの2次キャッシュメモリを搭載した、インテル社製CPU「64ビット インテル(R) XeonTM プロセッサ(2.80GHz/3.20GHz/3.80GHz)」を最大2つまで搭載可能で、インテル(R)エクステンデッド・メモリ64テクノロジ、ハイパースレッディングテクノロジ、インテル(R) NetBurstTMマイクロアーキテクチャ、800MHzフロントサイドバスなどの先進技術により一層高速なデータ処理が可能です。
インテル(R)エクステンデット・メモリ64テクノロジを利用するには、インテル(R)エクステンデット・ メモリ64テクノロジに対応したOS、BIOS、デバイスドドライバ、アプリケーションが必要となります。
 
2. 大容量・高信頼のメイン メモリを搭載
 最大12GBのECC付きDDRメモリをデュアルチャネルモードでサポートし、大規模なアプリケーションにも余裕を持って対応します。
 また、メモリのミラーリング、オンラインスペア機能のサポートしており、エントリ クラスながらミッドレンジ クラス並みの信頼性を提供いたします。
メモリミラーリング機能を使用する場合は、実装したメモリ容量の半分の容量をOS上で使用できます。 オンラインスペア機能を使用する場合は、実装したメモリ容量の2/3をOS上で使用できます。
 
3. 高速・高信頼のRAIDコントローラ オプションをラインアップ
 RAIDコントローラ「T250」は、ディスクアレイ装置(ArrayFortシリーズ)で培った高信頼RAID装置のノウハウと、当社独自開発のRAID高速化技術(RAID Booster)を採用しており、RAID5構成時の書き込み性能を従来モデルとの比較で2〜6倍に向上しています。
書き込み性能はシステム構成、データの書き込み頻度やデータ量などにより変わります。
 
4. 大容量ハードディスクを内蔵
 300GBのハードディスクを「MAGNIA3410」は8台まで(合計2.4TB)、「MAGNIA3415R」は6台まで(合計1.8TB)搭載可能で、拡張性に優れています。
 
5. AFT/ALBに対応したギガビットイーサネット対応LANを2ポート標準装備
 1000BASE−Tに対応したLANポート2つを標準で装備しています。オンボードの2つのLANポートで冗長構成をとることも可能です。
AFT (Adapter Fault Tolerance):LANの二重化
ALB (Adaptive Load Balancing):複数のLANポートを使用して送信帯域幅を向上させる機能
 
6. 冗長構成とホットプラグ(稼動中交換)対応により、システムの可用性を向上
 ハードディスク、電源ユニット*1、冷却ファン*2、メイン メモリ*3、LANは冗長構成をとることが可能で、更に、ハードディスクと電源ユニットについては電源を入れたままのホットプラグ(稼動中交換)が可能となっており、高い信頼性と可用性を実現しています。
*1 冗長電源ユニット(別売)増設時。
*2 「MAGNIA3410」は冗長ファン(別売)増設時、「MAGNIA3415R」は標準装備。
*3 メモリの冗長機能を使用した場合、実装しているメモリ容量の一部をOS上で使用することができます。
 
7. インストールや初期設定が容易
 OS「Windows(R) 2000 Server, Windows ServerTM 2003, Windows ServerTM 2003 x64 Edition」のインストールや初期設定を対話形式のGUI画面で行うことが可能な「SetupInstructor(セットアップインストラクター)」を標準で装備し、スムーズなセットアップが可能です。
 
8. サーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準搭載
 Windows ServerTM 2003 x64 Editionに対応した、サーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備しています。情報はEメールでも送信可能で、携帯電話などでも通知を受けることができます。また、ハードディスク障害予測などが可能となり、十分なシステムの可用性を備えています。
インターネット経由で接続する場合は、別途プロバイダ契約および通信回線契約などが必要となります。

お問い合わせ先

新製品に関する
お客様からの
お問い合わせ先
サーバ・ネットワーク事業部 TEL 03(3457)3019
E-Mail pcserver@ieg.toshiba.co.jp
MAGNIAシリーズ
ホームページ
URL http://www.magnia.toshiba.co.jp


  • MAGNIA、RAID Booster、HarnessEyeは、株式会社東芝の登録商標です。
  • インテル, Xeon, NetBurstはアメリカ合衆国および他の国におけるインテルコーポレーションおよび子会社の登録商標または商標です。
  • Microsoft, Windows, Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Ethernetは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright