東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
データプロジェクター新製品の発売について

2005年12月8日

2.0kgで2,000ルーメン*1の「TDP−T9」など

東芝 データプロジェクター「TDP−T9(J)」
 
東芝 データプロジェクター「TDP−S8(J)」

 当社は、DLPTM方式のデータプロジェクターの新製品として2.0kgの重さで2,000ルーメン*1の輝度を実現した「TDP−T9」と、1,800ルーメン*1の「TDP−S8」を商品化し、12月26日から発売します。

 新製品「TDP−T9」、「TDP−S8」は、DLPTM方式を採用しており、A4サイズ相当、2.0kgの重さで、それぞれ2,000ルーメン*1、1,800ルーメン*1の輝度と、2000:1*1のコントラスト比を実現しています。従来製品に比べて*2、小型・軽量化を図ることで持ち運びや設置がこれまで以上に容易になります。また、輝度・コントラストを向上させることで、会議室や教室などの明るい場所でもより鮮明に画像を映し出すことができます。

 加えて、新製品は利用者を管理できる「パスワード機能」や誤操作を防止する「操作ボタンロック機能」を搭載し、プロジェクターを管理するお客様のニーズに応えます。さらに、「TDP−T9」にはレーザーポインタ付マウスリモコンが標準で付属しており、離れた場所からでもパソコンのマウス操作を行うことができます。 

*1: 出荷時における本製品全体の平均的な値を示します。
*2: TDP−T40と新製品TDP−T9、TDP−S25と新製品TDP−S8との比較。

新製品の概要

新製品の概要
形名の(J)は日本国内識別記号です。製品本体には表示されていません。輝度は出荷時における各機種での製品全体の平均的な値を示します。
*1: XGA,SVGAは米国IBM Corp.の登録商標です。

商品化の背景とねらい

 現在、ビジネスや教育などの場でデータプロジェクターの需要が増えており、データプロジェクターの国内市場は、2005年から2007年までの間に10%以上の市場拡大が見込まれます*1。このうち約7割は主に教育現場などで使用される明るさ2,000ルーメン前後の普及モデルになると予測されます。
 当社は、こうした市場ニーズに応えるために重さ約2.0kgで、明るさ2,000ルーメン*2の「TDP−T9」と1,800ルーメン*2の「TDP−S8」を新たに商品化し、はじめてお使いになるユーザーを含め幅広いお客様に提供することにより、売上拡大と市場でのシェアアップを目指します。

*1: 当社の市場分析による。
*2: 出荷時における本製品全体の平均的な値を示します。

新製品の主な特長

1. A4サイズ相当、重さ2.0kgを実現
 小型・軽量化*1を図りA4サイズ相当の大きさで重さ2.0kgを実現しました。プロジェクターの持ち運びや設置の負担を軽減します。
*1: 容積は約25%減、重さ1.0kg減(同等機種TDP−T40と比較)。
   
2. 2,000ルーメン(TDP−T9)、コントラスト比2,000:1を実現
 XGAモデルの「TDP−T9」は2,000ルーメン*1、SVGAモデルの「TDP−S8」は1,800ルーメン*1、コントラスト比は両モデルとも2,000:1*1を実現しました。室内の照明を消さなくてもより鮮明に投写ができ、会議や授業での使用に適しています。
*1: 出荷時における本製品全体の平均的な値を示します。
   
3. 「パスワード機能」や「操作ボタンロック機能」を搭載
 パスワードを設定することにより使用者を制限することができます。また本体の操作ボタンをロックすることにより、会議中や授業中の誤操作を防ぐことができます。
   
4. レーザーポインター付マウスリモコンを標準装備(TDP−T9のみ)
 パソコンのUSBポートに付属のリモコンレシーバーを接続することにより、プロジェクターのリモコンで投写画面を見ながら、パソコンの操作を行うことができます。またリモコンにはレーザーポインタが搭載されており、より効果的なプレゼンテーションが可能となります。
   
5. コントロール端子を搭載
 パソコンからプロジェクターを制御するためのコントロール端子としてRS−232C端子を装備しており、システムに組み込んだ設置が可能です。

製品の主な仕様

製品の主な仕様
出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2003 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書2に基づいています。
形名の(J)は日本国内識別記号です。本体に識別記号は表示されておりません。
仕様は予告なく変更する場合があります。
対応走査周波数:この範囲の対応信号にプリセットしてあります。プリセット済みの信号仕様と異なるものは、周波数がこの範囲であっても画面に表示できない場合があります。
色差信号の各解像度はパネルの画素数に変換されます。
DLPTM、DMDは、テキサス・インスツルメンツ社の商標です。

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
東芝プロジェクターサポートセンター 050(5514)1437
受付時間(月曜〜金曜)9:00〜18:00
*正午〜午後1時、祝祭日、年末年始等を除く

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright