東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ノートPCの新たな標準を先取りしてdynabookシリーズを刷新

2005年12月19日

新商品全機種にワイド液晶、高速HDD、データ移行ツールを搭載

東芝 ワイド液晶搭載ノートPCラインアップ
 
東芝 15.4型ワイド液晶搭載ノートPC「dynabook TX」

 当社は、多様化する顧客ニーズを踏まえた新しいノートPCの標準を見据え、新基準のスタンダードノートPCとして「dynabook」シリーズ3機種6モデル、およびAVノートPC「Qosmio」シリーズ2機種4モデルを投入し、ラインアップの刷新を図ります。新商品は、12月23日より順次発売します。

 新商品は、14.1型ワイド液晶を搭載した新シリーズ「dynabook TW」をはじめ、15.4型ワイド液晶を搭載した「dynabook TX」、さらには17型ワイド液晶を搭載した「Qosmio G20」など、全機種にワイド液晶を搭載しています。既に米国では家庭向けノートPC市場における60%以上*1がワイド液晶搭載モデルで、日本市場でも高価格帯のPCを中心に普及しています。この傾向は、ワイドコンテンツの増加やユーザニーズの高まりなどを背景に一層進み、普及価格帯のPCへ波及すると予測されます。そこで当社は、他社に先駆けて普及価格帯の機種にもワイド液晶を積極的に搭載し、高い付加価値と幅広い商品ラインアップで、多様化する顧客ニーズに対応していきます。

 また新商品では、新たにデータ移行ソフト「PC引越しナビ」をプレインストールしていることに加え、512MBの大容量USBフラッシュメモリ(以下、メディア)を同梱*2しています。買い替え・買い増し需要の拡大を背景として増加傾向にあるデータ移行トラブルに対し、新商品は、「PC引越しナビ」と同梱メディアを利用することで、従来使用していたPCからのデータ移行作業がスムーズに行えます。これにより、ユーザは従来のPC設定状況を確認したり、別途メディアを購入したりする手間もなく容易にデータ移行を完了できます。「PC引越しナビ」では、Internet ExplorerやOutlook Expressの設定、マイドキュメントフォルダ内のファイルなどを移行でき、メディアの容量を超過した場合には自動的にデータを分割できるほか、CD-R/RWなどメディアを選択することも可能です。

 さらに、新商品は5,400rpm高速HDDの搭載や、harman/kardon(R)ステレオスピーカ*3を採用するなど、多様化する顧客ニーズを踏まえた新しいノートPCの標準を見据え、ラインアップ強化を図っています。

 今回発表の全モデルは、2006年7月施行のEU(欧州連合)RoHS*4指令に完全対応しており、当社ではハイエンドモデルだけでなく、スタンダードモデルでもいち早く環境対応に取り組んでいます。

*1 2005年8月〜10月 米NPD調べ。
*2 Qosmio F20/573LS、dynabook TX/745LS、dynabook AX/740LS、dynabook AX/730LSモデルを除く。
*3 dynabook AXシリーズを除く。
*4 EU(欧州連合)25カ国で、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めた指令。

新商品の概要

新商品の概要

開発の背景と狙い

 昨今のPC市場においては、PCの利用スタイルの多様化に伴い、標準的なPCに求められる仕様や特長が大きく変わろうとしています。例えば、ブロードバンド/テレビ放送/DVDパッケージなどを媒体としたワイドコンテンツの増大、PCの買い替え・買い増しといった2台目需要の拡大、さらには携帯型オーディオプレーヤの普及などを背景としたPCでの音楽再生機会の拡大といったユーザのPC利用環境の変化は、オリンピックやサッカーワールドカップを控えた2006年以降、益々顕著になると予想されます。
 そこで当社は、これら市場環境変化を先取りし、2006年に向けた新しい標準ノートPCとして、全機種にワイド液晶を搭載し、データ移行用ツール添付により簡便性を向上させるなどの強化を図った新商品「dynabook」シリーズ、AVノート「Qosmio」シリーズを投入します。これにより新しいノートPCのあり方を提案するとともに、幅広いユーザニーズにフルラインアップでお応えしていきます。
 当社は、ノートPCを世界展開しており、世界累計出荷台数も11月には4,000万台*1を突破し、世界のトップ3に入る*2国内随一のノートPCメーカーです。そのグローバルスケールメリットと20年来蓄積したノートPC関連技術やノウハウを活かし、これからも一歩先行く高性能を、ユーザのお求め安い普及価格で実現していきます。
*1 1985年以降、東芝ノートPC世界累計出荷台数、当社調べ
*2 IDC Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2004〜Q3 2005(2004/10〜2005/9)出荷台数世界第3位

新商品の主な特長

1. 全シリーズにワイド画面を搭載、さらに新シリーズ「dynabook TW」を新たに投入
 新商品は、全モデルワイド画面を搭載しています。ワイド画面であれば表示領域が広がるため、Web閲覧やExcel表示でも利便性が向上することに加え、増大するワイド映像コンテンツを利用する際にも、上下に黒味が発生して画面が小さく表示されることなく、大きな迫力のワイド画面で映像を楽しむことができます。
 また14型ワイド液晶を搭載した新しいコンパクトノートPC「dynabook TW/750LS」を投入し、省スペースや家庭内で持ち運ぶためのコンパクトさを求めるユーザ層に対応します。PCで音楽を聴くユーザが増加していることから、harman/kardon(R)ステレオスピーカを採用したほか、IEEE802.11b/g無線LANや DVD±R 2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブ、高速回転5,400rpm の80GBHDDを搭載するなどコンパクトながら充実した性能を実現しています。
   
2. 買い替えユーザ向けに「PC引越しナビ」&「USBフラッシュメモリ」を標準搭載
(1) 「PC引越しナビ」を全モデルにプレインストール
 これまで使用していたPCの環境を、わかりやすいナビゲーションに沿って新しいPCに簡易に移行できるソフトを搭載しています。移行時にフラッシュメモリやCD-R/RWなどメディアを選択できるほか、メディアの容量を超過した場合でも自動的に分割されます。
(2) 512MB大容量USBフラッシュメモリ同梱モデルをラインナップ*1
 512MB大容量USBフラッシュメモリを同梱しているので、データをスムーズに移行できます。512MB でフロッピーディスク約350枚分を一回でまとめて移行できます。
 USBメモリドライバは2000年9月発売のWindows(R) MEから標準装備されており、汎用的な大容量メディアであるとともに、Windows(R) 98SE搭載PCの場合でも、USBメモリドライバのダウンロードにより使用が可能なため、多くの買い替え・買い増しユーザのデータ移行に有効です。
Qosmio F20/573LS、dynabook TX/745LS、dynabook AX/740LS、dynabook AX/730LSには同梱されません。
   
3. 「ワンタッチボタン付き光るタッチパッド」を新規採用(dynabook TXシリーズ)
  「dynabook TX」シリーズでは、新たに東芝独自の多機能タッチパッドを採用しています。タッチパッドとワンタッチボタン機能を融合することで、マウスしか使用しないユーザもタッチパッドをボタンとして有効に活用でき、より便利で使いやすい操作性を実現します。
 タッチパッドの右端をタッチすると青い光が灯り、ボタンモードとなります。ボタンは6種類あり、デフォルトの「Outlook」メールや「できるdynabook」起動のほか、設定画面で、指定のアプリケーション起動やURLアクセス、印刷実行などを割り当てることも可能なため、ユーザがよく使う機能を割り当ててオリジナルワンタッチボタンにすることもできます。また、ボタンのほかにボリュームコントロールも付いており、簡単にソフトボリュームを調整することが可能です。ボタンモードで操作後は自動的に通常のタッチパッドモードに戻る設定のほか、常時ボタンモードや、マウスのみで使用するモードなど使い勝手に合わせてモードを選択できます。
「ワンタッチボタン付き光るタッチパッド」を新規採用(dynabook TXシリーズ)
   
4. 「DVDぴったり記録」機能を新たに追加(Qosmioシリーズ)
 豊富な録画・予約機能や、PCならではの「ながら見モード」など、Qosmioの気配り機能に新たに「DVDぴったり記録」機能を追加しています。HDD など に保存した長時間番組や複数の番組など、そのままではDVD1枚に入り切らない場合でも、自動的に1枚(4.7GB)にぴったり収まるサイズに変換して記録する機能*1です。
*1 取り込めるファイルフォーマットは、mpg、mpeg、avi、wmv、dat、m2v、mp4、dvr-ms、asfです。画質は変換されます。
   
5. 全モデル「RoHS指令」完全対応
 新製品は、全モデルで2006年7月の施行に先駆けてRoHS指令*1に完全対応しています。
 当社は、2005年1月からプリント基板と筐体についてEU(欧州連合)RoHS指令に対応したノートPCを販売しており、これまでも地球環境に配慮したノートPCの開発に努めています。
*1 EU(欧州連合)25カ国で、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めた指令。RoHS=Restriction of the use of certain Hazardous Substances.

新製品の主な仕様

<Qosmio シリーズ>
Qosmio シリーズ

<dynabookシリーズ>
dynabookシリーズ
*1: 1GBは10億バイトで算出しています。
*2: 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリー動作測定法(Ver.1.0)」によるものです。満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境によって異なります。なお、省電力制御があります。

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Intel、Intel Centrino、Pentium、CeleronはIntel Corporationの登録商標です。
  • Microsoft、Windows、は米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • i.Linkとi.Linkロゴは商標です。
  • NVIDIA、GeForceは、NVIDIA Corporationの登録商標、または商標です。
  • harman/kardonスピーカーはHarman International社の登録商標です。
  • メモリースティックはソニー株式会社の商標です。
  • xD-ピクチャーカードは富士写真フィルム株式会社の商標です。
  • MultiMediaCardは、独Infineon Technologies AGの商標です。
  • SDメモリカードは株式会社東芝、松下電器産業株式会社、米国SanDisk社の登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright