東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
DVD-R Discのミニマムロイヤルティ引き下げについて

2006年3月31日

DVD6Cライセンスグループ
(代表幹事企業:株式会社 東芝)

 DVDの技術およびフォーマットの主要開発会社8社で構成するDVD6Cライセンスグループ(以下、DVD6C)は、2006年1月1日からDVD-R Discのミニマムロイヤルティ(*)を引き下げることと致しました。さらに2006年5月31日までにDVD-R Discに関わるDVD6Cカテゴリーライセンス契約を締結したライセンシーに対してはインセンティブプログラムを適用することと致しました。

 DVD-R Discに関するミニマムロイヤルティについては2004年12月31日までは7.5¢、2005年1月1日以降はDVD6Cカテゴリーライセンス契約を締結したライセンシーに対して契約発効日から6.5¢と低減を行ってまいりましたが、2006年1月1日以降4.5¢に引き下げます。

 また、2006年5月31日までにDVD-R DiscにかかわるDVD6Cカテゴリーライセンス契約を締結したライセンシーについてはインセンティブプログラムとして2004年1月1日に遡及して新レートが適用されることとなります。

 既に現在までにDVD-R Discに関わるカテゴリーライセンス契約を締結、ロイヤルティを支払っているライセンシーについては、同様に2004年1月1日に遡及して新レートが適用され、今まで支払ったロイヤルティに関してクレジットを受けることができます。

 なお、ライセンスを希望する第三者は、特許共同ライセンスによらず、8社各社と各々が保有する必須特許に関し、個別に契約することもできます。この場合、8社はライセンスを公正、合理的かつ公平な条件で提供します。

*ミニマムロイヤルティ
特許実施料として支払うべき最小金額(今回の引き下げにより、DVD6CのカテゴリーライセンスにおけるDVD-R Discにかかるロイヤルティは“4%もしくは4.5¢のいずれか高い方”となります。例えば販売価格の4%が2¢となる場合でも特許実施料としては最小金額である4.5¢を支払って頂くことになります)。

<DVD6Cの構成企業>
 株式会社日立製作所、松下電器産業株式会社、三菱電機株式会社、三洋電機株式会社、シャープ株式会社、株式会社東芝、日本ビクター株式会社、Warner Home Video Inc.(以上8社)

<ライセンスの詳細に関しての問い合わせ先>
日本
〒105-0013 東京都港区浜松町1−18−16住友浜松町ビル5階
東芝DVDライセンス株式会社
TEL:+81-3-5777-3286
FAX:+81-3-5401-2503

欧州・アフリカ
Toshiba of Europe Limited
Santander House, 6th Flr, 100 Ludgate Hill,
London EC4M 7RE, United Kingdom
TEL:+44 (0)20 7332 9862
FAX:+44 (0)20 7332 9889

アジア(日本を除く)、オセアニア、中東
〒100-0004 東京都千代田区大手町2−2−1
株式会社日立製作所 DVDライセンスセンター
TEL:+81-3-4232-5052
FAX:+81-3-4232-5091

北米・南米
Panasonic Corporation of North America
Exclusive Regional Agent for DVD 6C Licensing Agency
c/o Weil, Gotshal & Manges LLP
201 Redwood Shores Parkway
Redwoood Shores, CA 94065 U.S.A.
TEL:+1-650-802-3146
FAX:+1-650-802-3100


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright