東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界初(*1)のHD DVDプレーヤー「HD−XA1」の発売について

2006年3月31日

国際規格団体DVDフォーラムが正式に承認した次世代DVD「HD DVD」対応プレーヤー〜

HD-XA1
 
HD-XA1

 当社は、国際規格団体DVDフォーラムが次世代DVDとして正式に承認した「HD DVD*2」に対応したHD DVDプレーヤー「HD−XA1」を世界で初めて商品化し、本日から順次出荷、発売を開始します。

 本商品は次世代DVD「HD DVD」の再生に対応しており、従来のDVDプレーヤーで再現できなかった質感や高精細なハイビジョン高画質を大型ディスプレイ等で楽しむことができます*3
  また、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrue HD、DTS−HDといった「次世代サラウンドフォーマット」やL−PCM5.1chに対応しているため、本製品に搭載しているHDMI出力端子やマルチチャンネル音声出力端子をオーディオシステムと接続することで、クリアで迫力のある音声を楽しむことができます。さらに、従来のDVDソフトの映像をハイビジョン映像である1080i/720Pにアップコンバートして出力できるため、現在、持っているDVDの映画ソフトなどをより高画質で楽しむことができます*4
 また、本商品は、映画の本編動画上にサムネイル画像付のチャプターメニューを表示し、見たい画像にジャンプできる「ポップアップ・メニュー」機能や、監督のメッセージやメイキングなどの特典映像をサブ画面で同時に動画として再生できるPinP(ピクチャーインピクチャー)動画機能など、従来のDVDには無い、魅力的な「アドバンスト機能」を搭載しています*5
 なお、本商品の4月27日までの出荷分においては「バイオハザード」「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」の2つのHD DVDソフトを同梱して発売いたします。

 本商品は、創立130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」のひとつです。

 「HD DVD」の規格策定は、世界の約240社からなるDVDフォーラムで行われており、再生専用規格については、物理・ファイル・アプリケーションの基本規格策定が2005年8月に完了しております。現行のDVDと同じくプレーヤー、レコーダー、PC、車載機器など多用途の使用が可能なことに加え、以下のような特長があります。
(1) DVDと同じディスク構造(0.6mmディスク2枚の貼合わせ構造)を採用していることで、対応ハード機器がDVDとの互換性に優れているとともに*6、ディスクや機器の製造面の容易さを確保してコストを抑えていること。
(2) カートリッジが無くても、指紋・ゴミ等に対する耐性があること。
(3) 青色レーザ、新たなデータ処理方式等により既に1層15GB(1GB=10億バイト)、2層30GBの大容量HD DVD−ROMディスクを規格化している。
(4) アドバンスト機能により、拡張されたコンテンツを楽しむことができること。
(5) コンテンツホルダーの著作権を守る強固なコピープロテクション機能(Advanced Access Content System:AACS)を採用していること。
(6) ツインフォーマットディスク(片面2層、DVD1層4.7GB+HD DVD15GB)が規格として採用されています。また、コンビネーションディスク(両面2層、DVD2層8.5GB/HD DVD2層 30GB)について現在、開発中です。

*1 2006年3月現在HD DVDプレーヤーとして
*2 HD DVD Videoフォーマットに収録された「HD DVD−ROM」のみ対応
*3 HD DVDコンテンツの高画質、高精細映像を楽しんでいただくためには、D3/D4入力端子またはHDMI入力端子を搭載したハイビジョン対応のTVまたはプロジェクターが必要です。
*4 DVDコンテンツによっては、アップコンバートできない場合があります。SD映像からのアップコンバートなので、本来のハイビジョンより画質は低下します。
*5 HD DVDプレーヤーは多様な機能に対応できる可能性を備えております。また、コンテンツ内蔵のプログラムに従って作動しますので、コンテンツによってアップデートが必要であったり、操作方法、操作時の画面、効果音、アイコンなどの機能・動作は、それぞれ異なる場合があります。これらの詳細は、コンテンツに添付されている取扱説明書を参照されるか、発売メーカーに直接お問い合わせください。
*6 すべてのコンテンツまたはディスクとの互換性を保証するものではありません。
現行のDVDプレーヤーでは、HD DVDコンテンツはかかりません。

新商品の概要

新商品の概要

商品化の背景と狙い

 当社は世界初のDVDプレーヤーを製品化し1996年11月に日本市場で、続いて1997年3月に米国で発売しました。DVDプレーヤーおよびDVDレコーダー市場は2005年12月末までに全世界での累積台数で約3億7千万台*1に拡大し、また日本でのDVDプレーヤーおよびDVDレコーダーの一般世帯普及率も2005年3月末の時点で49%*2に達しました。現在、DVDは、映画ソフトや音楽ライブのほか、PC、車載機器、カムコーダー、ゲームソフトなど、多岐に渡る分野で利用されてきており、今後も、その利用範囲はさらに拡大していくものと考えられています。
 一方、映像機器を取り巻く環境は現在大きな変革期を迎えています。地上デジタル放送の開始、2011年のアナログ放送の終了、デジタル放送のサービスの拡大などにより、データの大容量化、高画質化が求められています。
 このような中、当社では、次世代DVDの市場の早期立ち上げ、市場の拡大、コンテンツのタイトルソフトの普及を促進するために、業界に先駆けて、HD DVDプレーヤーの商品化を実現しました。今後はさらに、HD DVD−ROMドライブ内蔵パソコンやHDD搭載HD DVDレコーダーなどの次世代DVDの応用製品を積極的に商品化していく計画です。
*1 (社)電子情報技術産業協会データより試算
*2 内閣府、主要耐久消費財の普及率(全世帯、平成17年3月末現在)データより

新商品の主な特長

1. ハイビジョン高画質&高機能のHD DVDコンテンツを再生
 デジタルハイビジョン品位のHD DVDコンテンツの再生はもちろん、HD DVDならではのアドバンスト機能を活かした楽しみ方も可能になります。
 例えば、本編動画上にメニューを表示したり、チャプター一覧を表示して、行ないたい機能を検索したり、好きな画面にスキップする「ポップアップ・メニュー」機能に対応しています。また、監督のメッセージやメイキングなどの特典映像をサブ画面で同時に動画として再生できるPinP(ピクチャーインピクチャー)動画機能にも対応しています。
   
2. 次世代のサラウンドフォーマットに対応
 HD DVDは次世代サラウンドフォーマットであるドルビーデジタルプラス、ドルビーTrue HD、DTS−HDに対応しています。アナログ5.1ch出力に対応していますのでアナログ入力端子のあるAVアンプとの組合せでサラウンド音響を楽しむことが出来ます。また、L-PCM5.1chにも対応しています。
ドルビーデジタルプラス
 本商品では従来のドルビーデジタルに比べて原音に近いマルチチャンネル音声を5.1chまで楽しむことができます。(7.1chフォーマットのソフトも5.1ch分の出力になります。)
ドルビーTrue HD
 本商品では原音を忠実にした再現した(ロスレス)2ch音声を楽しむことができます。(2chを超える場合は2chにダウンミックスされます。)
DTS-HD
 本商品ではDTS-HDのサラウンドフォーマットも従来のDTSに変換して5.1chまでのマルチ音声を楽しむことができます。(7.1chフォーマットのソフトも5.1ch分の出力になります。)
   
3. アップコンバート&HDMI端子搭載で高画質デジタルハイビジョン出力
 HDMI端子搭載なので当社製の新しいTVであるREGZA(Z1000シリーズ)などのHDMI端子搭載テレビやプロジェクターと接続して、デジタルハイビジョン高画質で収録された映像をそのままの画質でデジタル出力することが可能です。従来のDVDコンテンツも1080i/720Pにアップコンバートが可能な機能を搭載していますので、より高画質な映像をお楽しみいただくことができます。また、高性能11bit/216MHzビデオDACを搭載していますので、HDMI端子を搭載していないデジタルハイビジョン対応テレビやプロジェクターでも、D3/D4端子、コンポーネント端子に接続することで、高画質なハイビジョン映像をお楽しみいただけます。*1
   
4. 従来のDVDソフトなど多彩なディスク再生に対応
 市販のDVDソフトはもちろん、録画済みDVD−R/DVD−RW/DVD−RAM*2の再生に対応しています*3
 音楽CDやWMA/MP3ファイル形式のCDの再生にも対応しています。

*1 DVDコンテンツによっては、アップコンバートできない場合があります。SD映像からのアップコンバートなので、本来のハイビジョンより画質は低下します。
*2 DVD−RはDVD Videoモード、DVD−RWはDVD−VRモードとDVD Videoモード、DVD−RAMはDVD−VRモードに対応しています。
*3 CPRM対応番組(デジタル放送など1回だけ録画可能な番組)は再生できません。また、すべてのコンテンツまたはディスクに適合することを保証するものではありません。録画モード・録画状態によっては再生できないディスクがあります。

新商品の主なハードウェア仕様

新商品の主なハードウェア仕様
HD-XA1は次世代著作権保護法技術AACS (Advance Access Content System) に対応しています。
HD DVDコンテンツの高画質・高精細映像をお楽しみいただくには、ハイビジョン対応でHDMI入力端子またはD3/D4入力端子、コンポーネント映像入力端子が搭載されているテレビまたはプロジェクターが必要です。これら以外のテレビ・プロジェクターでのコンテンツ視聴は可能ですが、ハイビジョン品位での視聴はできません。また、コンテンツによってはD3/D4出力、およびコンポーネント出力において、映像出力が禁止されたり、解像度が低く制限される場合があります。
HDMI、HDMIロゴおよびHigh-Definition Multimedia interfaceは、HDMI Licensing LLC.の登録商標または商標です。
HD DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンスMの商標です。
ドルビー、ドルビーデジタルはドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
仕様は予告なく変更になる場合があります。

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
 一般電話用フリーボイス TEL  0120−96−3755
  * フリーボイスは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
 携帯電話用ダイヤル   TEL  0570−00−3755
  * 携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
ソフトウェア新仕様・商品情報掲載ホームページ: http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright