東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R)(ギガビート)」新シリーズの発売について

2006年4月10日

動画にも対応した「gigabeat(R) S30」と「gigabeat(R) S60V」 

東芝 HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R)S30 」
 
東芝 HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R)S60V 」

 当社は、HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R)(ギガビート)」の新シリーズとして、当社としては初めて動画再生にも対応した30GB*1 HDD搭載の「gigabeat(R) S30」3機種と、60GB*1 HDD搭載でFMチューナー内蔵の「gigabeat(R) S60V」1機種を商品化し、4月28日から発売します。

 新製品は、写真などの静止画に加え、動画も液晶画面で楽しめるように、当社ポータブルオーディオ製品では初めて、本体OS(基本ソフト)にマイクロソフト社のWindows Mobile(R) software for Portable Media Center(PMC)を採用しています。ミュージッククリップを楽しんだり、当社HDD搭載ムービーカメラ「gigashot(R) (ギガショット)シリーズ」などで撮影したお気に入りの映像をWindows Mediaィ Player 10からWindows Media(R) Video(WMV)ファイルとしてgigabeat(R) へ転送*2し、視聴できます。
また、PMCに準拠した操作体系を採用することに加え、操作ボタンの配置や形状を工夫することで、操作性の向上を図っています。

 さらに、新製品は、今回新たに開発*3した音質改善テクノロジーである「H2Cテクノロジー*4」を搭載しています。Windows Media(R) Audio(WMA)やMPEG-1 Audio Layer3(MP3)などのデータ圧縮時にカットされていた高音域(約16kHz以上)を独自のアルゴリズムにより補完し、中音域から高音域まで自然な音質で再現します。すでにお持ちのWMAやMP3オーディオデータに手を加えることなく小さいファイル容量でもCDの音源に迫るサウンドをお楽しみいただけます。また、元の音源を損なうことなく圧縮するWMA 9 Lossless*4にも対応し、本来の自然な音質で再生することができます。30GB*1 HDD搭載の「gigabeat(R) S30」は約7,500曲*5、60GB*1 HDD搭載の「gigabeat(R) S60V」は約15,000曲*5を保存し、楽しむことができます。

 なお、「gigabeat(R) Sシリーズ」の各商品は、創業130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」です。
*1 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は表記の値よりも少なくなります。またあらかじめシステムファイルやデモ用ファイルをプレインストールしているため、空き容量はより少なくなります。
*2 お使いのPCの環境により、Windows Mediaィ Player 10上で表示したり、転送できる動画ファイル形式は異なります。
*3 国立大学法人 九州工業大学のヒューマンライフIT開発センターが有する基本技術と当社が有する応用技術を融合することでH2Cテクノロジーを開発しました。
*4 H2Cテクノロジーによる再生およびWMA 9 Losslessの再生は消費電流が大きくなるため、MP3やWMAの再生に比べて連続再生時間が大幅に短くなります。H2Cテクノロジーは3分の1程度、WMA 9 Losslessは3分の2程度の連続再生時間となります。
*5 WMAまたはMP3フォーマット/128kbps/4分間のオーディオデータのみを収録した場合。

新製品の概要
新製品の概要

商品化の背景と狙い

 昨今、デジタル著作権保護技術(DRM)の普及に伴い、インターネット上で楽曲を販売する音楽配信サイトが増加しており、インターネットで購入した楽曲データを、携帯型のデジタルオーディオプレーヤーに保存して聴くという音楽の楽しみ方が広がっています。一方、室内やアウトドアなど、いつでも、どこでも、音楽を楽しみたいというニーズとともに、ムービーカメラやデジタルカメラで撮影した動画や静止画などを取り込んで、いろいろな場所で楽しみたいというニーズも増えてきています。このような中、当社は、音楽データだけでなく、動画・静止画の再生にも対応した「gigabeat(R) S30」と「gigabeat(R) S60V」を商品化することで、HDDオーディオプレーヤー市場のさらなる拡大と当社シェアの向上を図っていきます。

新製品のおもな特長

1. 動画、静止画、音楽の再生が可能
 「gigabeat Sシリーズ」はWMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAV(PCM)のオーディオファイル、JPEG静止画ファイルの再生に加え、WMVファイルの動画再生に対応。録画したテレビ番組などの映像や、ネット上の動画もWindows Media(R) Player 10からWMVファイルとして転送*1し、QVGA 2.4型低温ポリシリコン液晶で鮮やかに再生します。
   
2. さらなる高音質を実現する技術 H2C テクノロジー、WMA 9 Lossless対応
 音質改善テクノロジーである「H2Cテクノロジー*2」を新しく開発し*3、新製品に搭載しました。WMAや MP3などのデータ圧縮時にカットされていた高音域(約16kHz以上)を独自のアルゴリズムにより補完し、中音域から高音域まで自然な音質で再現します。すでにお持ちのWMAやMP3オーディオデータに手を加えることなく小さいファイル容量でもCDの音源に迫るサウンドをお楽しみいただけます。また、元の音源を損なうことなく圧縮するWMA 9 Lossless*2にも対応し、本来の自然な音質で再生できます。
   
3. Windows Mobile(R) software for Portable Media Center(PMC)採用
 マイクロソフト社のPMCを本体OS(基本ソフト)として採用。Windowsィ XP Media Center Edition同様のメニュー構成でPCとの連携性をアップし、簡単な操作で、音楽や映像を楽しむことができます。
   
 4. 定額配信(音楽/映像)コンテンツ対応
 著作権保護(DRM)の仕組みであるWindows Media(R) DRMに対応し、音楽配信サイト*4で購入した音楽データもgigabeat に転送して再生することができます。さらに、Windows Media(R) DRM10対応により、これから始まる音楽や映像の定額制配信サービスなどにも対応可能です。

*1 お使いのPCの環境により、Windows Mediaィ Player 10上で表示したり、転送できる動画ファイル形式は異なります。
*2 H2Cテクノロジーによる再生およびWMA 9 Losslessの再生は消費電流が大きくなるため、MP3やWMAの再生に比べて連続再生時間が大幅に短くなります。H2Cテクノロジーは3分の1程度、WMA 9 Losslessは3分の2程度の連続再生時間となります。
*3 国立大学法人 九州工業大学のヒューマンライフIT開発センターが有する基本技術と当社が有する応用技術を融合することでH2Cテクノロジーを開発しました。
*4 対応する音楽配信サイトに関してはホームページ(http://www.gigabeat.net/)をご覧ください。

新製品のおもな仕様

<gigabeat(R) S30/S60V>
新製品のおもな仕様
*1 対応するサンプリング周波数、ビットレートは、オーディオ形式によって異なります。
*2 1GBを10億バイトで計算した場合の数値。実際にフォーマットされる容量は表記の値よりも少なくなります。また、あらかじめシステムファイルやデモ用ファイルをプレインストールしているため、空き容量はより少なくなります。
*3 ビットレート128kbps時
*4 ビットレート500kbps時
*5 常温(25℃)、工場出荷時の音量で再生する場合。この連続再生時間は、使用条件、使用周囲温度、内蔵電池の充電繰り返し回数などによって変わるため、あくまでも目安であり、保証する時間ではありません。使用条件の範囲内でも低温の環境で使うと連続再生時間は短くなります。H2C テクノロジーを使用しての再生およびWAVオーディオデータやWMA 9 Losslessの再生は消費電流が大きくなるため、MP3やWMAに比べて連続再生時間が短くなります。H2Cテクノロジーは3分の1程度、WMA 9 Losslessは3分の2程度の連続再生時間となります。 (Windows Media DRM 10で保護されたコンテンツを除く)。
*6 128kbps, 44.1kHzのWMAオーディオデータ、バックライト非点灯の場合。
*7 500kbpsのWMVビデオデータの場合。
*8 USB2.0で動作するには、USB2.0インターフェースを標準搭載、または増設しているパソコンが必要です。USB1.1インターフェースと接続すると、USB1.1として動作します。
*9 USBからの充電は、パソコンの本体のUSBバス電源供給機能の性能によるため、パソコンの機種によっては充電できない場合があります。

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
モバイルAVサポートセンター TEL 0570(05)7000


  • Windows、Windows Mediaおよび、Windows Mobileは、米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • gigabeatは株式会社東芝の登録商標です。
  • 記載されている会社名・商品名などは各社の商標または登録商標の場合があります。
  • 大きな音量で聴き続けると、難聴その他の障害の原因になるおそれがあります。通常の音量であっても長時間の使用によっては、難聴などになるおそれがあります。医学的にも悪影響が調査されています。周囲の人たちへの配慮も忘れないようご留意ください。
  • 運転中、外部の交通騒音や緊急信号音などの安全確認のために必要な音声が聞こえないと、事故につながるおそれがあります。また、運転中にスクリーンを見るような操作は事故の原因になるため、おやめください。
  • 航空法で離発着の本商品の使用は禁止されています。また、その他病院等では、係員等の指示に従ってご使用ください。
  • 仕様は予告なく一部変更になる場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright