東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界初(*1)のHD DVD-ROMドライブ搭載ノートPCの発売について

2006年4月10日

17型ワイド フルHD液晶でハイビジョン高画質のHD DVDコンテンツが楽しめる

東芝 HD DVD-ROMドライブ掲載AVノートPC「Qosmio G30/697HS」

 当社は、AVノートPC「Qosmio」シリーズの新製品として、HD DVDコンテンツの再生機能と従来のDVDスーパーマルチドライブの機能を一台に実現した「HD DVD-ROMドライブ」を世界で初めて*1ノートPCに搭載した「Qosmio G30/697HS」を5月中旬より発売します。

 新商品は、HD DVDの再生用とDVD/CDの記録再生用の光学系を1つの対物レンズで構成することによって、厚さ12.7mmに薄型化を実現した「HD DVD-ROMドライブ(光ディスクドライブ)」を世界で初めて*1ノートPCに採用しました。高性能デュアルコアCPU「Intel(R) CoreTM DuoプロセッサーT2500(動作周波数2.00GHz)」、高性能グラフィックアクセラレータ「NVIDIA(R) GeForceTM Go 7600」、及びソフトウェア技術の組み合わせにより、ノートPCにおいてもHD DVDコンテンツの再生を実現しています。
さらに、地上アナログTVチューナと地上デジタルTVチューナの2つのTVチューナを搭載しているため、地上アナログ放送や地上デジタルハイビジョン放送を視聴できます。HDDへのダブル同時録画(地上アナログ×地上デジタル)も可能です。

 また、新商品は、17型ワイドのフルHD液晶(WUXGA:1,920×1,200ドット)を搭載しており、ハイビジョン高画質(1,920×1,080ドット)のHD DVDコンテンツや地上デジタル放送のハイビジョン番組をハイクオリティのまま楽しめます。
さらに、外部インターフェースにはHDMI端子を搭載しており、新商品を大画面液晶TVやプロジェクタなどにHDMI端子を用いて接続するだけで、HD DVDコンテンツなどのハイビジョン高画質を迫力の大画面で楽しむこともできます。*2

 本商品は、創業130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」のひとつです。

新商品の概要
新商品の概要
*1: 2006年4月10日時点
*2: HD DVDを外部ディスプレイでご覧になるには、HDCP対応のHDMI TMまたはDVI入力のあるディスプレイが必要です。

開発の背景と狙い

 ブロードバンド化の進展や、地上デジタル放送の普及に伴い、ハイビジョンコンテンツを個人で楽しむ機会が増えたことを背景に、ノートPCにおいてもハイビジョンコンテンツを楽しみたいというニーズが高まっています。このようななか当社は、AVノートPC「Qosmio」に世界で初めて17型ワイドのフルHD液晶と地上デジタルチューナとを同時に搭載するなど、他社に先駆けハイビジョンコンテンツをノートPCで楽しめる環境を提供してきました。 
 DVDにおいても映画ソフトや音楽ライブ映像だけでなく、PC、車載機器、ゲームソフトなど利用シーンが拡大してきており、HD DVDの登場によって、大容量のハイビジョンコンテンツの提供も可能になりました。
 当社は新商品に、世界で初めて*1「HD DVD-ROMドライブ」を搭載することで、従来のブロードバンドメディア、放送メディアに加え、新たにパッケージメディアであるHD DVDによるハイビジョンコンテンツまで楽しむことができる環境をAVノートPCで実現しました。「HD DVD-ROMドライブ」を搭載したAVノートPCを世界に先駆けて商品化することで、次世代DVDの市場の早期立ち上げや、市場の拡大を目指していきます。
*1: 2006年4月10日時点

新商品の特長

1. 世界初*1HD DVD-ROMドライブ搭載ノートPC
 HD DVDの再生とDVD/CDの記録再生の光学系を1つの対物レンズで構成することで、厚さ12.7mmの薄型化を実現した「HD DVD-ROMドライブ(光ディスクドライブ)」を世界で初めて*1ノートPCの小型筐体に内蔵しています。
 HD DVDの高密度記録による高画質・高音質を活かしたハイビジョン高画質のHD DVDコンテンツを再生することできます。また、コンテンツによって、本編動画上にメニューを表示したり、チャプター一覧を表示して、行ないたい機能を検索したり、好きな画面にスキップする「ポップアップ・メニュー」機能にも対応が可能です。
 さらに、従来のDVDスーパーマルチドライブ同等の機能を搭載したHD DVD-ROMドライブ(「HD DVD-ROM/DVDスーパーマルチドライブ」)を搭載しており、HD DVDコンテンツの再生機能に加え、DVD±R DL(2層)、DVD-RAMなどへの書き込みも一台で可能です。*2
*1: 2006年4月10日時点
*2: 全てのディスクの再生または書き込みを保証するものではありません。
   
2. 地上デジタルTVチューナを搭載した高性能AVノートPC
 地上アナログTVチューナと地上デジタルTVチューナの2つのTVチューナを搭載しているため、地上アナログ放送や地上デジタルハイビジョン放送が視聴できます。また、HDDへのダブル同時録画(地上デジタル×地上アナログ)も可能です。
 画面には、17型ワイドフルHD液晶を搭載しており、HD DVDや、地上デジタル放送の高画質ハイビジョンコンテンツがそのままのハイクオリティで美しく再生できます。
 さらに、動画編集や3Dゲームなどで強力なパワーを発揮するIntel(R) Centrino(R) Duoモバイル・テクノロジー Intel(R) CoreTM DuoプロセッサーT2500を採用したほか、3Dグラフィックを精細に高速描画するNVIDIA(R) GeForceTM Go7600を搭載しています。
 また、「1bitデジタルアンプ」と「大口径harman/kardon(R)バスレフ型ステレオスピーカ」を搭載し、中高音域から低音域までクリアに再生します。
   
3. 拡張インタフェースも充実
 1本のケーブルで映像と音声を圧縮せずにデジタル信号のまま出力できるHDMI端子を搭載しています。HDMI端子を使って液晶TVやプラズマTVなどに接続すれば、HD DVDコンテンツや地上デジタル放送のハイビジョン高画質・高音質をそのまま大画面で楽しむことが可能です。*3
 さらに、5.1ch対応光デジタルオーディオ出力(S/PDIF)端子や、RGB、S-Video出力、i.LINK(IEEE1394)、AV入力端子(コンポジット映像入力、L/R音声入力)、USB2.0×4など豊富なインタフェースを用意しています。
*3: HD DVDを外部ディスプレイでご覧になるには、HDCP対応のHDMITM またはDVI入力のあるディスプレイが必要です。

HD DVDは新技術を利用した新規格です。ディスク、その他のデジタル機器との接続、その他の互換性、動作に何らかの問題が生じる可能性があります。HD DVD-ROMロゴは、ドライブがHD DVDの物理規格に対応していることを表すものであり、HD DVDビデオの規格に対応していることを表すものではありません。本機は、DVDフォーラムの規格の定めるHD DVDのビデオ規格のアドバンスト機能のうち、ピクチャーインピクチャー、ネットワークダウンロード等の機能には対応しておりません。HD DVDのコンテンツによっては、画面の動きがスムーズでなくなったり、パフォーマンスが落ちる場合があります。

新製品の主な仕様

<Qosmio G30/697HS>
<Qosmio G30/697HS>
*1: 1GBは10億バイトで算出しています。
*2: 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリー動作測定法(Ver.1.0)」によるものです。
満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境によって異なります。なお、省電力制御があります。
HD DVDを再生する場合には、外部電源が必要となります。
*3: 映像の種類、(TV、DVD、外部入力、録画した映像の再生など)によっては、効果が有効にならない場合があります。またHD DVDを再生、地上デジタル放送を視聴・録画する際には有効となりません。
*4: 本機のHD DVD再生機能は次世代著作権保護技術AACS(Advanced Access Content System)に対応しています。HD DVDを継続的にお楽しみいただくためには、本機に含まれているAACSキーの更新が必要となります。更新の際にはインターネット接続が必要です。
*5: HD DVD再生機能はコンテンツ内蔵のプログラムに従って作動しますので、コンテンツによって、操作方法、操作時の画面、効果音、アイコンなどの機能・動作は、それぞれ異なる場合があります。これらの詳細は、コンテンツに添付されている取扱説明書を参照されるか、発売メーカーに直接お問い合わせください。
仕様は予告なく変更になる場合があります。

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • インテル、Intel、Centrino、Core、Celeronはアメリカ合衆国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • Microsoft、Windows、OneNoteは米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。    
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • i.Linkとi.Linkロゴは商標です。
  • NVIDIA、GeForceは、NVIDIA Corporationの登録商標、または商標です。
  • harman/kardonスピーカーはHarman International社の登録商標です。
  • メモリースティックはソニー株式会社の商標です。
  • xD-ピクチャーカードは富士写真フィルム株式会社の商標です。
  • MultiMediaCardは、独Infineon Technologies AGの商標です。
  • SDメモリカードは株式会社東芝、松下電器産業株式会社、米国SanDisk社の登録商標です。
  • DVD、HD DVDはDVD Format/Licensing Corporationの商標です。
  • HDMIはHDMI Licensing, L.L.C.の商標です。
  • ドルビー、ドルビーデジタルはドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright