東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
地上デジタルハイビジョン放送が楽しめるAVノートPCの発売について

2006年5月15日

「PC引越ナビTM」や「おたすけナビ」などソフトも充実

AVノートPC「Qosmio G30/695LS」

 当社は、「便利で、簡単、画がきれい」を特長とするAVノートPC「Qosmio」シリーズの新商品として、自社開発の小型地上デジタルTVチューナと、17型ワイド液晶(WXGA+:1,440×900ドット)を搭載し、「PC引越ナビTM Ver2.0」や「おたすけナビ」といったソフトウェアも標準搭載することで利便性を向上した「Qosmio G30/695LS」を5月19日より発売します。

 新商品は、自社開発した小型の地上デジタルTVチューナを搭載し、ノートPCでも地上デジタル放送を視聴することができます。地上アナログTVチューナも搭載しており、HDDへのダブル同時録画(地上デジタル放送/地上アナログ放送のW録(R)機能)ができるほか、デジタルハイビジョン番組を、HDDに高画質のまま録画することができます*1。さらに、オーディオ機器などで使用されている「1bitデジタルアンプ」を実装することで、中高音のクリアな音再現と高出力化を実現するとともに、バスレフ型の大口径harman/kardon(R)ステレオスピーカを搭載し、中高音だけでなく低音まで幅広い音域の音再現が可能です。
 また、新商品は、現在使用しているPCからデータを簡単に新商品へ移行させるためのツール「PC引越ナビTM Ver2.0」をプレインストールしています。さらに、PCの操作で困ったり、迷ったりした場合に、使いたいソフトを見つけたり、トラブルの解決方法や操作ヒントを確認できる「おたすけナビ」などのソフトウェアをプレインストールし利便性を向上しています。

*1 デジタルハイビジョン番組を高画質のまま録画できるのはHDDにのみ可能。なお、5月末日予定の無償アップレードによってSD画質に変換し、DVD-RAMに録画することが可能になります。

新商品の概要

新商品の概要

新商品の主な特長

<地上デジタル放送対応AVノートPC「Qosmio G30/695LS」>

1. 高色純度・高輝度の17型ワイド液晶と地上デジタルTVチューナ搭載で高画質
 17型ワイド WXGA+(1,440×900ドット) 高色純度・高輝度Clear SuperView液晶を搭載しており、TV映像やDVD映像なども、17型のワイド液晶で明るく鮮明に楽しむことができます。TVチューナには、自社開発の小型地上デジタルTVチューナと地上アナログTVチューナの2つを搭載し、地上デジタル放送のハイビジョン番組やQosmioEngine(高画質化エンジン)で高画質化したアナログ放送の番組などが視聴できるだけでなく、HDDへのダブル同時録画(地上デジタル放送/地上アナログ放送のW録(R)機能)も可能です。
   
2. 「PC引越ナビTM」や「おたすけナビ」など充実したソフトウェアをプレインストール
 従来利用しているPCに保存してある写真データや、メール/インターネットの設定情報などを市販のLANクロスケーブル*1やUSBフラッシュメモリなどを利用して新商品に簡単に引越できるデータ移行ソフトウェア「PC引越しナビTM Ver2.0」をプレインストールしています。さらに、PCの操作で困ったり、迷ったりした場合に、使いたいソフトを見つけたり、トラブルの解決法や操作ヒントを確認できるソフトウェア「おたすけナビ」をプレインストールしています。

*1 従来ご利用のPCにLANコネクタが必要です。
   
3. 1bitデジタルアンプおよびバスレフ型ステレオスピーカの採用で高音質
 オーディオ機器などで使用されている「1bitデジタルアンプ」をノートPC用に小型化して実装しています。高出力と、低ノイズでクリアな音再現を実現するとともに、バスレフ型(スピーカボックス容積40cc)を採用した大口径(直径30mm)のharman/kardon(R)ステレオスピーカを搭載し、中高音から低音まで幅広い音域の音再現が可能です。さらに、「TruSurround XT」、「WOW HD」および「Circle Surround XTRACT」のSRSサラウンド機能の採用により、TV視聴、DVD・音楽CD鑑賞も、立体音場のサラウンド効果で楽しむことができます。
   
4. 最新CPU「Intel(R) CoreTM Duo プロセッサー」を採用し、高パフォーマンス
 ノートPCのための新世代モバイル・テクノロジーIntel(R) Centrino(R) Duoモバイル・テクノロジーおよびCPUにIntel(R) CoreTM Duo プロセッサーを採用しています。2つのコアでデータ処理を分担して行うため、高い処理性能を発揮します。また、3Dグラフィックを精細に高速描写する最先端のNVIDIA(R) GeForceTM Go 7600を採用しています。
   
5. 地上デジタル放送も地上アナログ放送も「Qosmio AV Center」1つで簡単操作
(1) 地上デジタル放送も地上アナログ放送も1つのアプリケーションで操作可能
 地上デジタル/地上アナログ放送に対応した新商品は、「Qosmio AV Center」の1つのユーザインターフェースで、両放送の視聴・録画操作をリモコンやマウスを使って行うことが可能です。また地上デジタル放送におけるデータ放送や文字放送などにも対応しており、番組解説や天気予報などのデータを表示しながら番組視聴することもできます。また「Qosmio AV Center」から、地上デジタル放送と地上アナログ放送のダブル同時録画(地上デジタル放送/地上アナログ放送のW録(R)機能)や、どちらかの放送を視聴しながら、もう一方で裏番組を録画することも可能です。
(2) PCで作業しながら、TVが見られる「ながら見モード」
 「ながら見モード」の視聴画面とビューアコントローラ(非表示も可能)を分割し、視聴画面のサイズや配置を自在に変更できます。さらに、視聴画面の配置場所を「左上」「右上」「左下」「右下」にワンクリックで切替えできる四隅モードも搭載しました。

FIFAワールドカップ オフィシャルITパートナーについて

 当社は、世界最大のスポーツイベントFIFAワールドカップを、初のオフィシャルITパートナーとして、2002年大会に引き続き、2006年ドイツ大会もサポートしていきます。
 ドイツ大会では、大会組織委員会、国際メディアセンター、試合が行われる12のスタジアムとそこに併設されたメディアセンターなどの最前線で、2,000台を超える当社ノートPCが大会運営を支えています。また、オフィシャルITパートナーとしての運営サポートに加え、お客様にはFIFAワールドカップを見て、録って、調べて楽しめるユーザ環境をQosmioで提供し、大いに大会を盛り上げてまいります 。

新商品の主な仕様

<Qosmio G30シリーズ>
2006年5月15日現在
新商品の主な仕様<Qosmio G30シリーズ>
*1: 映像の種類(TV、DVD、外部入力、録画した映像の再生など)によっては、効果が有効にならない場合あります。また、地上デジタル放送を視聴・録画する際には有効となりません。
*2: 1GBは10億バイトで算出しています。
*3: 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)」によるものです。
満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境によって異なります。なお、省電力制御があります。
記載されている仕様は予告なく変更する場合があります。

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCあんしんサポート
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • インテル、Intel、Centrino、Coreはアメリカ合衆国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windows、OneNoteは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • i.LINKとi.LINKロゴは商標です。
  • NVIDIA、GeForceはNVIDIA Corporationの登録商標または商標です。
  • harman/kardonスピーカはHarman International社の登録商標です。
  • メモリースティックはソニー株式会社の商標です。
  • xD-ピクチャーカードは富士写真フイルム株式会社の商標です。
  • MultiMediaCardは独Infineon Technologies AGの登録商標です。
  • SDメモリカードは株式会社東芝、松下電器産業株式会社、米国SanDisk社の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright