東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDD&DVDレコーダー新ブランド「VARDIA(ヴァルディア)」の採用について

2006年5月16日

デジタルW録の採用などデジタル時代の録画ニーズに対応した新商品の発売

東芝 デジタルハイビジョンWチューナーを内蔵 HDD&DVDレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)RD−XD92D」
 
東芝 デジタルハイビジョンWチューナーを内蔵 HDD&DVDレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)RD−XD72D」

 当社は、デジタルハイビジョン放送の急速な拡大を受け、デジタル時代の快適な録画環境をお客様に提供する思想のもと、新たにデジタルハイビジョンHDD&DVDレコーダーのブランドとして「VARDIA(ヴァルディア)」を採用します。あわせて、デジタルハイビジョン放送を同時録画できる「デジタルW録」機能を搭載した600GB HDD搭載の「VARDIA RD−XD92D」と、400GB HDD搭載の「VARDIA RD−XD72D」を商品化し、本年5月下旬より発売します。

 当社は、2001年に世界で初めてHDD&DVDレコーダーを商品化し、「テレビ番組はHDDに録画して見る」、「残したい映像だけDVDでライブラリー保存する」という新しいAVスタイルを提案してきました。これまで「W録」機能、「ネットdeナビ」機能、DVDマルチドライブなどを世界に先駆けて搭載し、同商品のリーディングカンパニーとして、新市場の拡大に貢献してきました。

 地上デジタル放送の視聴可能地域の拡大や、地上デジタルハイビジョンチューナー搭載機種構成比率の急激な高まりを受け、また、さらには当社の得意とする「ハイビジョン高品位録画」、「快適なユーザビリティ」、「ネットワーク環境対応」をより強く市場に訴求するために商品ブランド「VARDIA」を採用します。「VARDIA」とは、“Value Added Researched and Developed Intelligent Architecture”の頭文字からの造語で、知的な進化を続けるプラットフォームとしての思いをこめて命名しました。

 今回発表する新商品は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵し、600GBのHDDを搭載した「VARDIA RD−XD92D」と、400GBのHDD搭載の「VARDIA RD−XD72D」の2機種で、当社としては初めて、デジタルハイビジョン放送をHDDに2番組同時録画できる「デジタルW録」機能を搭載しています。また、本編だけの視聴が容易にできる「おまかせプレイリスト」機能も、本商品よりデジタルハイビジョン放送対応となっています。さらに画像表示・編集機能プラットフォームである「RDエンジンHD」のGUIも操作性をより向上し、おすすめサービス機能の進化、DLNA*1やネットdeナビにも対応しています。

 なお、新商品は、創業130周年期間中に、特に戦略性の高い商品として市場に投入される「T130商品」です。

*1 DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、デジタル時代の相互接続性を実現させるための標準化活動を推進している団体です。VARDIAはデジタルメディアサーバー機能のみサポートします。

新商品の概要

新商品の概要

商品化の背景と狙い

 HDD&DVDレコーダー市場でも地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵した商品の構成比が高まると同時に、デジタルハイビジョン放送も2番組同時録画したいというニーズが高まってきました。そのような市場の声に対応し、新たに「デジタルW録」機能を搭載したレコーダーを商品化し、幅広いラインアップ展開によって一層のシェアアップを図ります。

新商品のおもな特長

1. 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーをダブルで搭載
 当社HDD&DVDレコーダーとしては初めて、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを2セット(6チューナー)搭載しました。HDDにハイビジョン放送をそのままのHD画質で2番組同時に録画する「デジタルW録」が可能です。さらに、地上アナログチューナーを1つ搭載しています。
   
2. ハイビジョン時代に対応した「RDエンジンHD」
 HD DVD時代に対応したワイドGUI(操作画面)・ソフトウエア*1による「RDエンジンHD」を搭載しています。前モデルと比較して設定画面などのGUI上に説明文を大幅に追加することで、初めての人でもより分かりやすく設定できるようにしています。当社独自の「スカパー!連動」の設定なども従来の専用コード入力でなく、ポップアップ画面からチャンネル名を選ぶだけの簡単設定になっています。
*1 その他の内蔵ソフトウエアの仕様等はホームページをご覧ください。
   
3. デジタル放送の「マジックチャプター」および「おまかせプレイリスト」に対応
 デジタル放送のマジックチャプター分割、本編自動チャプター分割に対応しました(TS1、VRのみ)。さらに「おまかせプレイリスト」機能を使うことで、HDDに録画した番組の本編だけを集めたプレイリストが簡単に作成できます。
「おまかせプレイリスト」「本編自動チャプター分割」は、すべての録画タイトルで動作するわけではありません。分割位置がずれたり、意図しないところで分割される場合もあります。
   
4. DVD−R DL(2層)のCPRMに対応
 搭載するDVDマルチドライブは、DVD−R最大約16倍速、DVD−RAM最大約5倍速、DVD−RW最大約6倍速、DVD−R DL(2層)最大約4倍速で書き込みが可能です*1。また、DVD−R DLは新たにVRモード記録およびCPRMに対応していますので、デジタル放送をより高画質、または長時間記録することが可能になりました。
*1 DVD−R/RWにはVideoモードでは直接録画できません。HDDからの高速ダビング、またはDVD−Video作成のみとなります。DVD−R DLについては、HDDからのDVD−Video作成のみとなります。
   
5. ネットdeナビ、おすすめサービス、およびDLNAガイドライン対応*1
 メール予約、iEPG予約などが可能なネットdeナビ機能を搭載しています。また、当社デジタルハイビジョン液晶テレビ「REGZA(レグザ) Z1000」シリーズやAVノートPC「Qosmio G30」などのDLNAガイドライン対応機器と、ホームネットワーク(LAN接続)を構築することで、これらの機器が「VARDIA」とは離れた部屋にあったとしても、録画したタイトル(番組)をこれらの機器で再生することができます*2。おすすめサービスも、「写真付おすすめ情報」機能を新搭載し、文字情報だけでなく、複数の写真等の画像情報も扱えるようになりました。同画面からは、関連番組の予約ができたり、プレゼントキャンペーンへの応募ができたりと、提供する情報に応じてさまざまな展開が可能となりました。
*1 DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、デジタル時代の相互接続性を実現させるための標準化活動を推進している団体です。VARDIAはデジタルメディアサーバー機能のみサポートします。
*2 コピーフリー、かつVRモードのタイトル(番組)に限ります。

新商品の主なハードウェア仕様

新商品の主なハードウェア仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
 一般電話用フリーボイス TEL  0120−96−3755
  * フリーボイスは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
 携帯電話用ダイヤル   TEL  0570−00−3755
  * 携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
ソフトウェア新仕様・商品情報掲載ホームページ: http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/


  • インターネットのサーバを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • ディスクはデータの作りかた、ディスクの状態によって再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD-RAM、DVD-R、DVD-RWは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。
  • 本機で作成したDVD-R/RW (Videoモード) ディスクはDVD-Video 規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • Dolby、ドルビー、及びダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの登録商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • i.LINKはソニー株式会社の登録商標です。
  • その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。
  • WEPGについて:地上アナログ放送のアンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。また、インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。
  • すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。
  • 実際の書き込み速度はドライブ速度よりも落ちる場合があります。
  • ディスクにコピーワンスの放送を録画する場合には、CPRM対応という表示のあるディスクをお使いください。
  • VRモード録画対応という表示がないDVD-RディスクでもVRモードでフォーマット(初期化)、録画ができることがありますが、動作については保証していません。
  • CPRM対応、VRモード録画対応という表示のあるDVD-Rディスクでも、フォーマット(初期化)せずに録画するとVideoモードで録画されます。
  • 本機でVRモード録画したDVD-Rディスクは本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • CPRM対応という表示のあるDVD-Rディスクに Videoモードで録画した場合でも、本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • DVD-R DLディスクにVideoモードで録画した場合でも本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD-RAM/-RW/-RドライブとHDDがATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS (基本ソフト) を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換 (有償) が必要となります。
  • HDDへの長期保存はお勧めできません。たいせつな録画内容は、こまめにDVDディスクにダビングしてください(DVDディスクの保存性能を保証するものではありません)。失われた録画内容の復旧や補償はいたしかねます。
  • HDDの容量は1GB=10億バイトで計算しています。
地上アナログ放送は2011年7月までに終了することが、国の方針として決定されています。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright