東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
2006FIFAワールドカップドイツ大会に2000台以上のノートPCを提供

2006年5月31日

 当社は、6月9日に開幕する2006FIFAワールドカップドイツ大会において、FIFA大会本部のほか、明日開設されるベルリンのメディアセンターや、交通管制システム、認証センターなど大会運営を支えるシステム用に、2000台以上のノートPCを提供しました。
 提供されたPCは、大会期間中ジャーナリストが利用するメディアセンターをはじめ、来場者データのチェックを行う認証センターや、会場周辺の交通管制を司るシステムなどでFIFAと大会組織委員会の職員や大会を支えるボランティアスタッフに使用されます。

 FIFAワールドカップは、全世界で累計約300億人が視聴するといわれる世界最大のスポーツイベントです。当社は、大会期間中、常時20テラバイトのデータが通信されるといわれるFIFAのネットワークシステム用に2000台以上のノートPCを提供することで、オフィシャルITパートナーとして、大会の円滑な運営をサポートしていきます。
 「ドイツ国内の12試合会場をはじめとする、どの拠点からでも、いつでも必要なデータやシステムを安全に利用するために、モバイルに優れ、信頼性、耐久性、セキュリティ機能が高い、東芝のノートPCをFIFAおよび組織委員会のスタッフが使います。」(FIFA IT責任者・マイケル・ケリー氏)

 当社は、2002FIFAワールドカップ・韓国・日本大会において、FIFAワールドカップ史上、初めての「オフィシャルITパートナー」となり、2大会連続でサポートしています。1985年に世界初のラップトップPCを開発した、モバイルコンピューティングのパイオニアである東芝のノウハウと製品で、前回大会に引き続き、ドイツ大会の成功に貢献したいと考えています。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright