東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
45nm以降の先端半導体に関する標準化に向けて合意

2006年6月13日

富士通株式会社
NECエレクトロニクス株式会社
株式会社ルネサステクノロジ
株式会社東芝

 富士通株式会社、NECエレクトロニクス株式会社、株式会社ルネサステクノロジ、株式会社東芝の4社(アルファベット順)は、45nm(ナノメートル)以降の最先端半導体の製造に関して、各社間でのファブの相互利用や一層の集約化が進む可能性を踏まえ、各社の設計資産が有効に再利用されるようプロセス技術の一定レベルでの標準化を目指すことに合意しました。
 今後、標準規格の内容についての技術的検討を共同で行い、本年末までに標準規格を策定する予定です。
 これにより、設計資産の再利用、稼働率の改善、大規模投資の実現等を通じて、各企業および我が国半導体産業全体での効率性や経済性の向上が期待できます。
 なお、先端プロセス半導体ファウンドリ企画株式会社が45nm以降の標準化の推進を提案しておりますが、その趣旨も踏まえて4社が具体的に進めるものです。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright