東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
USBフラッシュメモリ製品のラインアップ拡充について

2006年8月29日

U3TMプラットフォーム対応の高機能版と16GB大容量版を新発売

東芝 フラッシュメモリ

 当社は、USBフラッシュメモリ「TransMemoryTM」のラインアップ拡充のため、容量512MBから4GBでパソコンの使用環境を持ち運べる「U3TMプラットフォーム」対応の新製品4品種を商品化し11月下旬に国内外で発売します。また、データ保存専用の大容量16GB製品を商品化し12月下旬から当社Webサイト「Shop1048」限定品として販売します。

 「U3TMプラットフォーム」は、USBフラッシュメモリにデータだけでなくアプリケーションプログラムや個人設定をセキュリティ機能とともに格納する規格で、これに対応した新製品をパソコンのUSBスロットに装着するだけで普段どおりにメールソフトなどを利用でき、パソコンにデータを残すことなく使用環境を持ち運べます。対応アプリケーションプログラムは、U3TMの専用サイトからの購入が可能です。

 16GBの大容量製品は、大量のデータを持ち運びたいというニーズに応え、当社Webサイトのみで販売する限定商品です。データ保存専用ながら、当社カード製品情報サイト「Pocket Media」から専用ソフトを導入すればパスワード管理が可能で、安全性を向上しています。今後さらなる大容量版を投入し順次ラインアップを拡充していきます。

「U3TMプラットフォーム」は、米国U3社により提唱された規格です。U3TMは同社の登録商標です。

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い 

 USBフラッシュメモリの市場は堅調に拡大しており、今後は単なるデータ保存用にとどまらない高機能化と、更なる大容量化が進むことが見込まれます。これに対応して当社は、「U3TMプラットフォーム」対応版、16GB大容量版の新製品を商品化するものです。

新製品のおもな特長

(1) U3TMプラットフォーム対応「TransMemoryTM
アプリケーションプログラムの一覧を自動表示するソフト「U3TM Launchpad」と、パスワード管理用ソフト「U−Safe」を内蔵
「U3TM Launchpad」からU3TMサイトに接続して対応アプリケーションを購入可能
(2) 「TransMemoryTM 16GB Limited Edition」(データ保存専用)
16GBの大容量データ格納が可能
パスワードロック機能を当社Webサイト「Pocket Media」からダウンロード可能
(1)、(2)のいずれもキャップ紛失防止のためのストラップ付き。

新製品のおもな仕様

新製品のおもな仕様

「USB2.0 Hi-Speed」は準拠規格の名称であって動作速度を保証するものではありません。
U3TMは米国U3 LLCの登録商標です。
TransMemory TMは東芝の登録商標です。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
東芝コンシューママーケティング株式会社
ブリッジメディア商品部サポートセンター
TEL 0570−010048
http://www.toshiba.co.jp/p-media

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright