東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ディスクの片面からHD DVDとDVDが再生できる3層ツインフォーマットディスクの開発

2006年9月11日

メモリーテック株式会社
株式会社 東芝

 メモリーテック株式会社(本社 東京都港区 代表取締役社長 川ア代治)と株式会社  東芝(東京都港区、代表執行役社長 西田厚聰)は、共同で、ディスクの片面からHD DVDとDVDを再生できる3層再生専用ディスク(ROMディスク)を開発しました。
 今回開発したディスクは、一枚のディスクに2層のHD DVD(30GB)と1層のDVD(4.7GB)が形成された3層構造のツインフォーマットで、光ヘッドに近い方がDVD層、遠い方がHD DVD層です(図参照)。さらに、今回開発した技術を用いることで、一枚のディスクに、2層のDVD(8.5GB)と1層のHD DVD(15GB)を形成することもできます。このように、今回の3層構造のツインフォーマット技術と、すでに商品化されている2層構造のツインフォーマット技術を合わせ持つことで、コンテンツプロバイダーの様々なニーズに対応でき、ソフトビジネスの多様な展開が可能になると考えられます。

 今回開発した3層構造のツインフォーマットディスクのDVD層は、DVD規格に適合しており、市販されているDVDプレーヤーでそのまま再生することができます。

 この3層ディスクは、現在量産がスタートしているHD DVD製造ライン(2層HD DVD及び2層構造のツインフォーマット用)に対し、若干の装置とプロセスを追加することで製造することが可能です。このため、同一製造ラインで、従来の2層構造ディスクと今回開発した3層構造ツインフォーマットディスクを製造でき、3層ツインフォーマットの早期市場導入が可能と考えています。

開発の背景 

 HD DVDは、今年3月末から、日本及び北米市場で、プレーヤー、再生機能付きパソコン、ハリウッド映画ソフトを含む多くのコンテンツがリリースされ、市場普及が始まっています。HD DVD 規格の一つとして、メモリーテックは、東芝と共同でDVDとHD DVDの両フォーマットが記録できるツインフォーマットディスク技術を開発し、今年4月から、実際のコンテンツのリリースのためにディスクを提供してきました。ツインフォーマットディスク は、HD DVDプレーヤーだけではなく、既存のDVDプレーヤーでも再生が可能なことから、順調に販売実績を伸ばしています。ツインフォーマットディスクは、片面から二つのフォーマットにアクセスできるため、ディスクレーベル印刷も通常DVDと同じように可能で、ソフト商品価値を高め、消費者にもわかりやすいソフト商品作りを可能としています。
  現行ツインフォーマットディスクは、1層の HD DVD(15GB)と1層のDVD(4.7GB)しか記録できないため、長時間映画ソフト作りには限界がありました。日米の大手コンテンツメーカーからは、さらに長時間のソフトが記録できるツインフォーマットが欲しいとの強い要望が出されてきました。

業界の反応 

 業界も、この新開発のフォーマットについて、歓迎の意を表明しています。
“4月より、ツインフォーマットを使ったソフトリリースを行ってきましたが、市場反応もよく、売れ行きも、予想より順調です。メモリーテックが東芝と開発した新技術は、さらに柔軟なソフト商品作りを可能にし、HD DVD フォーマット市場普及を加速するでしょう。新技術が、HD DVD フォーマットの中に組み込まれることを期待し、歓迎します。”(株式会社ポニーキャニオン第1映像事業本部 本部長 大柳英樹氏)
“3層構造 ツインフォーマットディスク開発の発表、誠におめでとうございます。3層構造 ツインフォーマットディスクは、より良いコンテンツ作りの可能性を広げるとともに、消費者に新しい価値提供の敷居を下げることが可能なフォーマットとして期待しております。”(マイクロソフト株式会社デジタルエンターテイメントパートナー統括本部 執行役常務 堺和夫氏)

今後の予定 

 今後、東芝とメモリーテックは、このディスク規格をDVDフォーラムに提案していく予定です。また、安定したディスク量産プロセスを、並行して開発していきます。
 さらに、国内外の映画会社やコンテンツプロバイダーに今回開発したディスクの紹介を行い、新しい応用に向けた市場開拓を行って行きます。

添付資料


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright