東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
記録容量51GBの再生専用HD DVDディスクの開発について

2007年1月08日

1枚のディスクに約7時間のハイビジョン映像を収録可能

 当社は、記録層が3層で、記録容量が51GBの再生専用(ROM)HD DVDディスクを開発しました。これにより1枚のディスクの片面にハイビジョン映像を約7時間*1収録することが可能です。
 当社は今回の新しいディスクをHD DVD-ROMのハイエンドディスクとして、2007年中にDVDフォーラムに提案し、年内の規格化を目指していきます。
 
 この新しい再生専用(ROM)ディスクは片面3層構造となっています。それぞれの層には17GBの情報を収録することが可能です。従来の再生専用(ROM)ディスクは片面1層に15GBまで情報を収録することが可能でしたが、原盤記録技術を向上することで、ディスク上にある記録ピットをより細かくすることができ、片面1層あたり17GB、3層で51GBの容量を実現し、動作を実証しました。
 今回開発した3層のROMディスク(51GB)は、現行DVDや既に発売しているHD  DVDのディスクと同じく、低コストで量産が可能な0.6mmディスクの2枚貼り合わせ構造を採用しています。

 なお、この新しいディスクは、1月8日からアメリカのラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)の東芝ブースにおいて参考展示します。

*1:約17mbpsのレート時の収録時間。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright