東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
HDD&DVDレコーダー「VARDIA」の新商品について

2007年2月01日

「ハイビジョンW録(R)」対応かつエントリーユーザーにも使いやすい機能を搭載

 

 当社は、HDD&DVDレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズの新商品として、デジタルハイビジョン放送の2番組同時録画が可能な「ハイビジョンW録(R)」機能に対応し、よく使う基本操作に絞ったシンプルリモコンや、簡単に初期設定ができるなど、エントリーユーザーにも使いやすい機能を搭載した「VARDIA RD−S600」「VARDIA RD−S300」の2機種を商品化し、2月28日より発売します。

 新商品「RD−S600」は600GB、「RD−S300」は300GBのHDDを搭載し、約78時間*1(「RD−S600」)と約39時間*1(「RD−S300」)のデジタルハイビジョン放送をハイビジョン画質のまま録画することが可能です。また、デジタルハイビジョンチューナーを2系統搭載し、2番組同時に録画できる「ハイビジョンW録(R)」に対応しています。
 リモコンは、従来のリモコンに加え、「録る」、「見る」、「残す」、「消す」のよく使う基本操作に絞った「シンプルリモコン」を同梱し、より簡単に操作することが可能になりました。
 そのほかにも、チャンネル選局が可能で、ヨコ型とタテ型と両方表示できる電子番組表、テレビを見ながら選局できる「見ながら番組選択」や、画面に沿って操作するだけで簡単に初期設定及びダビングができる「はじめての設定」、「かんたんダビング」といったエントリーユーザーにも使いやすい機能を搭載しており、従来の「ハイビジョンW録(R)」が可能な機種と比較して、使い勝手が向上しています。

 自動録画機能については、従来から搭載している、番組表の情報内の指定したキーワードに応じて録画する「お気に入り自動録画」機能、同じシリーズだと推測される番組を録画する「シリーズ自動録画」機能に加え、新たに学習機能を使った「お楽しみ自動録画」機能を搭載しました。本機能を使えば、録画や再生などの履歴等を基に関連する番組を自動で録画することができます。

 なお、新商品は2006年7月施行のEU(欧州連合)RoHS*2指令に適合しています。

*1 地上デジタル放送(約17Mbps)をTSモードで録画した場合。
*2

EU(欧州連合)25カ国で、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めた環境適合性指令

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 地上デジタル放送の視聴エリア拡大と受信に対応したデジタルハイビジョン液晶テレビの販売増加にともない、HDD&DVDレコーダー市場では、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーの2番組同時録画に対する要望が高まってきています。一方、上級者から、今までDVDレコーダーに馴染みのなかった初心者まで購入者層が広がってきているため、高機能かつデジタル放送の2番組同時録画が可能で、その上簡単に操作できるモデルを購入したいというニーズが増加しています。
 このようなニーズに対応するために「ハイビジョンW録(R)」に対応し、当社従来機種「RD−E300」で好評だった「はじめての設定」、「かんたんダビング」といった簡単で便利な機能を多数搭載した「VARDIA RD−S600」、「VARDIA RD−S300」を発売します。ユーザーの利便性を図るとともに、当社のシェア拡大をめざしていきます。

新商品のおもな特長

1. 「ハイビジョンW録(R)に対応
 

 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを2系統搭載し、デジタルハイビジョン放送の2番組同時録画が可能な「ハイビジョンW録(R)」に対応しています。チャンネル数が多い110度CSデジタル放送などは、この「ハイビジョンW録(R)」機能を使って同時録画できますので、録りたい番組が重なっても安心です。「RD−S600」は約78時間*、「RD−S300」は約39時間*、HDDに地上デジタルハイビジョン放送をハイビジョン画質のままで録画できます。
*地上デジタル放送(約17Mbps)をTSモードで録画した場合。

   
2. エントリーユーザーに使いやすい3つの機能
   はじめてHDD&DVDレコーダーを使う方にも便利な使いやすい3つの機能を搭載しました。
(1) シンプルリモコン&スタートメニュー
   従来のリモコンに加え、キー数を抑えた「シンプルリモコン」を同梱しています。また「スタートメニュー」機能で「録る」、「見る」、「残す」、「消す」のよく使う基本操作が素早くでき、エントリーユーザーにも使いやすくなりました。
(2) かんたんダビング
 

 簡単にダビングができる「かんたんダビング」機能を搭載しました。メニュー画面に沿って、ダビング方向や記録モード、タイトルなどを選ぶことで、ディスクのファイナライズまで行うことができます。

(3) はじめての設定
   購入して接続後、最初に電源を入れたときに「はじめての設定」機能が自動的に起動します。画面に沿って設定することで、受信する放送の選択からテレビの画面形状、インターネットや電話回線の接続設定といった初期設定が行えます。
   
3. 使いやすい番組選局や予約機能などを搭載
   ワイド画面に対応した「ワイドGUI(操作画面)」及びデジタル時代に対応した「RDエンジンHD」のソフトウェアを強化しました。番組選局や再生時の使い勝手が大幅に向上しています。
(1) 番組選局対応タテ・ヨコ切換番組表
 

 電子番組表は検索性が高いヨコ型表示に加え、タテ型表示にも対応しており、好みに応じて切り換えて使えます。タテ型表示は4チャンネル、6チャンネル、8チャンネルと3つの表示形式から好みのタイプを選べます。タテ型4チャンネル表示時は、大きい文字表示になっており、小型のテレビにつないで使用している場合や、従来の文字表示では読みづらいという方にも最適です。

(2) 見ながら番組選択
 

 テレビ放送の受信中やHDD内のタイトル再生中に画面下部に番組表等の表示が可能な「見ながら番組選択」機能を搭載しています。受信中の放送を見ながら、選局や番組予約、HDDに録画した番組の再生が可能です。同画面内には、視聴中のチャンネルマークや未視聴マーク、視聴途中マークなども表示されます。
*録画中は見ながら番組選択や番組表を使って選局できません。

(3) 便利な自動録画に新機能を追加
 

 従来から搭載している「お気に入り自動録画」、「シリーズ自動録画」の2つの自動録画機能に加え、新たに、学習機能を使った「お楽しみ自動録画」機能を追加しました。ユーザーがよく録画や再生する番組の傾向をVARDIA自身が分析し、関連する番組を検索して自動的に録画します。

   
4.

本編だけを簡単に再生できる「おまかせプレイ」

 

 「マジックチャプター」機能を使って、本編の前後を自動でチャプター分割し、その本編部分だけを集めて再生する「おまかせプレイ」機能を搭載しました。リモコンの専用ボタンを押すだけで、自動的に本編だけを集めたプレイリストを作成し、再生を開始します。モノラル放送や二カ国語放送だけでなく、ステレオ放送でも本機能は動作します。
*「おまかせプレイ」「マジックチャプター」は、すべての録画タイトルで動作するわけではありません。分割位置がずれたり、意図しないところで分割される場合もあります。また、TS2ではマジックチャプターは働きませんので、本機能を使う場合はTS1もしくはVRで録画してください。
*「おまかせプレイ」は「マジックチャプター/本編」を「入」にして録画した番組で動作します。

5. アップコンバート機能で市販DVDも高画質再生が可能(HDMI接続時)
 

 HDMI端子を搭載していますので、テレビとの接続もケーブル一本で簡単にできます。またD3(1080i)、D4(720p)までのアップコンバート機能を搭載していますので、HDMI端子を対応したテレビに接続することで、市販のDVDソフトもハイビジョンに迫る高画質で楽しめます。なお、本機のDVDマルチドライブは、DVD−R約16倍速、DVD−RAM約5倍速、DVD−RW約6倍速、DVD−R DL(2層)約8倍速で書き込みが可能です。
*その他の仕様等はホームページをご覧ください。

新商品の主なハードウェア仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
 一般電話用フリーダイヤル TEL  0120−96−3755
  * フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
 携帯電話用ダイヤル   TEL  0570−00−3755
  * 携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
ソフトウェア仕様・商品情報掲載ホームページ: http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/


  • インターネットのサーバを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • ディスクはデータの作りかた、ディスクの状態によって再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD-RAM、DVD-R、DVD-RWは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。
  • 本機で作成したDVD-R/RW (Videoモード) ディスクはDVD-Video 規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。 
  • Dolby、ドルビー、及びダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの登録商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。
  • WEPGについて:地上アナログ放送のアンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。また、インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。
  • すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。
  • 実際の書き込み速度はドライブ速度よりも落ちる場合があります。
  • ディスクにコピーワンスの放送を録画する場合には、CPRM対応という表示のあるディスクをお使いください。 
  • VRモード録画対応という表示がないDVD-RディスクでもVRモードでフォーマット(初期化)、録画ができることがありますが、動作については保証していません。
  • CPRM対応、VRモード録画対応という表示のあるDVD-Rディスクでも、フォーマット(初期化)せずに使用するとVideoモードで記録されます。
  • 本機でVRモード録画したDVD-Rディスクは本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • CPRM対応という表示のあるDVD-Rディスクに Videoモードで記録した場合でも、本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • DVD-R DLディスクにVideoモードで記録した場合でも本機および対応した機器以外では再生できません。未対応の機器にディスクを挿入するだけで、機器およびディスクが故障・破損する場合があります。その際の補償を含め、それに付随する責もすべてご容赦願います。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVDマルチドライブとHDDがATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS (基本ソフト) を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換 (有償) が必要となります。
  • HDDへの長期保存はお勧めできません。たいせつな録画内容は、こまめにDVDディスクにダビングしてください(DVDディスクの保存性能を保証するものではありません)。失われた録画内容の復旧や補償はいたしかねます。
  • HDDの容量は1GB=10億バイトで計算しています。

    地上アナログ放送は2011年7月までに終了することが、国の方針として決定されています。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright