東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
日本初(*1) 歩行顔照合システム 「SmartConcierge(スマートコンシェルジュ)」の発売について

2007年3月06日

歩きながら本人確認が可能なセキュリティシステム

 

 

 

 当社は、日本初*1の歩行顔照合システム「SmartConcierge(スマートコンシェルジュ)」を商品化し、本日から営業活動を開始します。この「SmartConcierge(スマートコンシェルジュ)」は、対象者が歩行中でも本人確認できるものであり、入退管理システムとしてはもとより、お客様来場通知としても利用でき、オフィスやマンションの入口等での活用を見込んでいます。

 「SmartConcierge(スマートコンシェルジュ)」は、対象者が歩行中でも高精度の顔照合ができ、2〜3m先*2の歩行者の顔検出と照合を約1秒*3で実施します。大人、子供、車椅子をご利用の方も利用できます*4

 顔データの登録は、同システムに向けて一度歩行するだけで容易に行えます。また、従来の当社製顔照合システム「FacePass(フェイスパス)」で必要であった専用の照明も不要となり*5、設置がより簡単になりました。
 新システムは、当社が新たに開発した背景から顔などを検出する技術である「顔検出技術」と、顔の向きや表情などを登録した顔データと比較し識別する技術である「相互部分空間法」を改良することにより、歩きながらの認証を可能としました。

 当社は、2001年に、顔照合セキュリティシステム「FacePass(フェイスパス)」を発売して以来、これまで独自のバイオメトリクスセキュリティシステムを提供してきました。非接触で且つ高速の認証技術をさらに進化させたシステムが「SmartConcierge(スマートコンシェルジュ)」です。

 なお、新システムは、本日から3月9日まで、東京ビッグサイトにて開催される「SECURITY SHOW 2007」に、出展(ブース番号:SS145)します。

*1

ビルや施設の付帯設備としては、日本では初めて実用化。東芝調べ。

*2

歩行動線に対して幅1mの範囲内。

*3

顔データを1000人分登録している場合。(n=1000で1:n照合を行う場合)

*4 身長1m〜2mまで。
*5 照度が、100ルクス以上2000ルクス以下で、かつ安定的に保たれている場所への設置となります。

新システムの概要

新システムの概要

*1 最小構成の定価です。システム構成やオプションの選択などによって異なります。

商品化の背景と狙い

 安全に対するニーズが高まるなか、企業における入退室システムの採用も増加傾向にあります。より確実な本人確認の手段として、バイオメトリクス技術が注目されています。
 このようななか、当社は、2001年より発売してきた顔照合セキュリティシステム「FacePass(フェイスパス)」で採用した技術をもとに、新たに開発した、背景から顔などを検出する技術である「顔検出技術」と、顔の向きや表情などを登録した顔データと比較し識別する技術である「相互部分空間法」を改良し、適用することにより歩行顔照合を実現しました。日本初*1の歩行顔照合システム「Smart Concierge(スマートコンシェルジュ)」の発売により、ユーザーの利便性の向上に寄与するとともに、当社のセキュリティ事業の拡大を図ります。

*1 ビルや施設の付帯設備としては、日本では初めて実用化。東芝調べ。

新システムの構成

新システムの構成

新システムのおもな特長

1. 歩行者の顔検出と照合を実現
 

 当社が新たに開発した「顔検出技術」と、実績のある顔照合技術である「相互部分空間法」を改良することにより、歩行者の顔検出と照合を実現します。また、視野の広いカメラを採用することで、利用者の身長幅の許容範囲を広げています(身長1m〜2mまで)。子供から大人まで、また車椅子ご利用の方でもストレスなくご利用いただけます。ハンズフリーでの認証が可能であり、IDカードなどを紛失する恐れがありません。

   
2. 利用者登録が簡単に可能
 

 従来の生体認証装置は、専用の登録機に対して何度も登録動作をしたり、特別な操作をしたりする必要がありました。本システムでは、管理者操作の下で、利用者がシステムに向けて一度歩行するだけで簡単に行えます。

   
3. お客様通知システムとしての利用も可能
 

 利用時点での顔画像をネットワーク接続されたPCにリアルタイムで送信することが可能です。この機能を利用し、お客様来場通知システム(お客様の通過を管理用パソコンに通知する)を構築することができます。また、管理PCからの遠隔操作でドアの解錠をすることができます。顔画像を記録するため、通過履歴の確認などが容易に行えます。

   
4. 複数台の接続が可能
 

 クライアント(壁掛型、または据置型)は、1システムで最大16台接続することが可能です。複数の出入口や通過ポイントなど、さまざまな設置場所での出入/通過の管理を一元的に行うことが可能です。

新システムの主な仕様

新システムの主な仕様
*1 電気錠については、「別途電気錠制御盤」が必要です。
*2 照度が、100ルクス以上2000ルクス以下で、かつ安定的に保たれている場所への設置をお願い致します。

お問い合わせ先

新システムについての
お客様からのお問い合わせ先
産業システム社 
セキュリティ・ 自動化システム事業部
セキュリティシステム営業部   
TEL
03(3457)2646

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright