東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタルオーディオプレーヤー「gigabeat(R)Uシリーズ」を発売

2007年3月19日

ノイズが少なく、原音の再現性に優れたデジタルオーディオプロセッサを搭載

 

 当社は、デジタルオーディオプレーヤー「gigabeat(R)(ギガビート)」の新ラインナップとして、ノイズが少なく、原音に忠実でハイクオリティな音質を実現した「gigabeat(R)Uシリーズ」を商品化し、3月28日より順次発売いたします。
1GB*1フラッシュメモリ内蔵の「gigabeat(R) U101」3色と2GB*1タイプの「gigabeat(R) U201」2色を発売します。

 本商品には高音質を実現する「DCTSC*2−(デルタ)Σ(シグマ)1ビットDAC」方式を世界で初めて*3採用した当社製のデジタルオーディオプロセッサを搭載しました。このプロセッサは従来の製品と比べ、回路内の抵抗やトランジスタの数が少ないため、ノイズを抑制することができるとともに、1ビット毎に音声信号の処理を高速に行うため、低音域から高音域まで原音に忠実な音楽再生を実現します。

 また、FMトランスミッターを搭載し、本商品で再生している音楽をFMラジオで受信できるようになりました*4。これによりFMチューナー付のラジオやデジタルオーディオプレーヤーなどを持っている人に自分が聴いている音楽を聴かせることができ、同じ音楽を一緒に楽しむことができます。また、ワイドバンドFMチューナーを内蔵しており、海外でもFMラジオ放送を楽しむ事ができます。

 さらに、PCを介することなく、本商品本体のステレオ入力端子(ヘッドホン端子兼用)とオーディオ機器のヘッドホン出力端子をつないで、直接ステレオ音声の取り込みが可能な「ダイレクト録音機能」を搭載しました。自動的に曲ごとにファイルを分割する「オートシンク機能」や商品本体でのファイルの「曲名編集機能」*5 も採用しており、「ダイレクト録音機能」をさらに便利に使うことができます。

 なお、約36gの軽量コンパクトボディに1.1型カラー有機ELディスプレイを内蔵し、アーティスト名や曲名などの文字情報やジャケット写真、時刻などを鮮やかに表示できます。

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い

 近年、携帯型のデジタルオーディオプレーヤーは軽量・コンパクトでデザイン性の高いフラッシュメモリータイプを中心に市場が伸びています。一方、コンパクトな形状はそのままに、大容量化・高音質化・高機能化へのニーズが高まってきています。このような中、コンパクトで軽量なボディに、高音質化技術やFMトランスミッター、他のオーディオ機器からの「ダイレクト録音機能」などを搭載した「gigabeat(R) Uシリーズ」を商品化することで、デジタルオーディオプレーヤー市場のさらなる拡大と当社シェアの向上を図っていきます。

新製品の主な特長

1. 当社製のデジタルオーディオプロセッサ搭載で高音質化を実現
 

 本商品には高音質を実現する「DCTSC*2−(デルタ)Σ(シグマ)1ビットDAC」方式を世界で初めて*3採用した当社製デジタルオーディオプロセッサを搭載しました。「DCTSC*2−(デルタ)Σ(シグマ)1ビットDAC」方式は、従来の方式に比べ回路内の抵抗やトランジスタが少ないため、デジタル信号からアナログ信号に変換する際に発生する音楽信号の劣化を抑えることができるとともに、1ビット毎に音声信号の処理を高速に行うため、原音に忠実な音楽再生を実現することができます。そのため、ノイズが少なく、低音域から高音域まで原音に忠実で耳に心地よい音楽再生を可能としました。

   
2. ペアで楽しめるFMトランスミッター&FMチューナー
 

 本商品で再生している音楽を、FMラジオで受信して楽しむことができるFMトランスミッターを搭載しました*4。自分が聴いているお気に入りの音楽を本商品などのFMラジオ付オーディオプレーヤーを持っている人と一緒に楽しめます。また、ワイドバンドFMチューナーを内蔵しているので、海外でもFMラジオ放送を楽しむ事ができます。さらに受信した放送を録音する機能も搭載しています。

   
3. 自動的に曲ごとにファイルを分割する「オートシンク機能」付き「ダイレクト録音」
 

 商品本体のステレオ入力端子とオーディオ機器のヘッドホン出力端子をつないで、PCを介することなく、直接ステレオ音声の取り込みができます。自動的に曲ごとにファイルを分割する「オートシンク機能」や商品本体でのファイルの「曲名編集機能*5」も採用しています。

   
4. 10分間の充電で約3時間の連続再生が可能
 

 別売のUSB ACアダプター(MEPUAA10)を使い、10分間の充電だけで約3時間*6の連続再生を可能としました。フル充電の場合は約20時間*6の連続再生が可能です。付属のUSBケーブルでPCからのUSB充電*7にも対応しています。

   
5. カラー有機ELディスプレイを採用
 

 視野角が広いカラー有機ELディスプレイを採用しました。JPEG画像の表示にも対応しているので、アーティスト名や曲名などの文字情報に加え、ジャケット写真も鮮やかに表示できます。さらに、時計表示機能で画面にカラフルな4種類の時計を表示することも可能です。

   
6. デザイン性の高いコンパクトボディ&豊富なカラーバリエーション
 

 幅36.2mm、高さ76.5mm、奥行き10.9mmで、約36gの軽量コンパクトボディを実現しています。約240曲収録可能*8な1GB*1フラッシュメモリ内蔵の「gigabeat(R) U101」はオレンジ、ブルー、ホワイトの3色です。約480曲収録可能*8な2GB*1フラッシュメモリ内蔵の「gigabeat(R) U201」はオレンジ、ホワイトの2色から選べます。

   
7.

操作が簡単なユーザーインターフェース

 

 トップメニュー画面からメニュー階層をたどるだけの簡単なユーザーインターフェースを採用しました。音楽再生中やFMラジオ視聴中によく使う機能は「クイックボタン」を押すだけで表示でき、再生モードやイコライザーの設定、ラジオ番組の録音などを簡単に設定できます。また、直前の画面にワンタッチで戻る「バックボタン」も装備しており、直感的に利用できます。

   
8. 語学学習などに便利な充実した再生機能
 

 指定した区間を繰り返し再生するA-Bリピート機能を搭載しました。語学学習などで繰り返して聞きたい時に便利です。また、指定した時間(最長99分59秒後まで)にアラームを鳴らすカウントダウンタイマー機能もあり、電車などでの寝過ごし防止に便利です。

   
9. PCからの音楽転送が簡単
 

 マイクロソフト社のWindows VistaTM, XP, 2000 Professional, Millennium Edition に対応し、幅広いWindows(R) PCユーザーが使用できます。さらに、PCからの音楽や画像データの転送は上記WindowsR OSのPCに標準添付されているWindows Media(R) Playerを使用するので、新たに音楽転送用のソフトを別にインストールする必要がありません。

   
10.

音楽配信サイト「ミュージコ」専用音楽ダウンロードカード同梱

 

 著作権保護(DRM)の仕組みであるWindows Media(R) DRM10に対応しているため、音楽配信サイト*9で購入した音楽データもgigabeatに転送して再生できます。さらに、新商品には2月からスタートしたNTTコミュニケーションズ株式会社の音楽配信サイト「MUSICO(ミュージコ)」の専用ダウンロードカードを同梱します。同サイト(http://musico.jp)にアクセスし、カードに記載されているIDを入力することで、約100万曲のラインナップから500円分のお好きな楽曲をダウンロードできるキャンペーンを同社の協力で実施します(カードの有効期限2007年12月末)。

   
11. 環境に配慮した設計
 

 EU(欧州連合)で適用されたRoHS(特定科学物質*10使用制限)指令に対応しています。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*1 1GBは230=1,073,741,824バイトで算出しています。また、Windows Media(R) Playerでデバイス情報を見ると残容量が見えますが、これも同じ方法で出している数値です。gigabeatには基本ソフトウェア、アプリケーションがプレインストールされているため、空き容量はより少なくなります。実際に音楽などのコンテンツの保存に利用できる容量は、表記の容量よりも少なくなります。
*2

Direct Charge Transfer Switched Capacitor

*3

2007年3月19日現在

*4 付属ヘッドホンのケーブルが送信アンテナの働きをしますので、ヘッドホンをgigabeatに接続して使用してください。ヘッドホンのケーブルは、ピンと張った状態が一番よく送信できます。
*5

ファイルの曲名編集でgigabeat本体で使用できる文字はアルファベットと英数字のみ。

*6 常温(25℃)、ディスプレイオフ、FMトランスミッターオフ、イコライザーFLAT、工場出荷時の音量で、128kbps、44.1kHzの WMAオーディオデータの場合(Windows Media(R) DRM 10で保護されたコンテンツを除く)。この連続再生時間は、使用条件、使用周囲温度、内蔵電池の充電繰り返し回数などによって変わるため、あくまでも目安であり保証する時間ではありません。使用条件の範囲内でも低温の環境で使うと連続再生時間は短くなります。
*7 USB接続の充電は、パソコン本体のUSBバス電源供給機能の性能によるため、パソコンの機種によっては充電できない場合があります。PCを介してのUSB充電の場合は、10分で2時間24分の連続再生が可能。
*8

WMAまたはMP3フォーマット/128kbps。1曲4分間のオーディオデータの場合。

*9

対応する音楽配信サイトに関してはホームページ(http://www.gigabeat.net/)をご覧ください。

*10

RoHS指令で指定されている鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、特定臭素系難燃剤(PBB,PBDE)を指します。

*11

対応するサンプリング周波数、ビットレートは、オーディオ形式によって異なります。

*12 CD/MDプレーヤーなどのオーディオ機器のヘッドホン端子と接続してください。ライン出力端子と接続すると音割れが発生します。
*13 USB2.0で動作するには、USB2.0インターフェースを標準搭載、または増設しているパソコンが必要です。USB1.1インターフェースと接続すると、USB1.1として動作します。
  • Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Mediaは、米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • gigabeatは株式会社東芝の登録商標です。
  • 記載されている会社名・商品名などは各社の商標または登録商標の場合があります。
  • 仕様は予告なく一部変更になる場合があります。

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関するお問い合わせ先
モバイルAVサポートセンター TEL 0570(05)7000

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright