東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
液晶テレビ 新商品「レグザ(REGZA)」H3000、C3000シリーズ発売について

2007年4月03日

使い勝手を向上させた電子番組表を搭載した
フルHD液晶パネル搭載のHDD内蔵テレビ

 

 

 当社は地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの新商品として、使い勝手を向上させた電子番組表「レグザ番組表・ファイン」とフルHD液晶パネルを搭載*1し、ハードディスクを内蔵した「H3000シリーズ」5機種と、シンプルな機能ながら高画質を実現した「C3000シリーズ」4機種を商品化し、ともに4月20日から順次発売します。

 「H3000シリーズ」は300GB*2ハードディスクを内蔵しており、従来モデル*3より使い勝手が向上した電子番組表「レグザ番組表・ファイン」を搭載し、市販のeSATA*4対応ハードディスクの増設も可能となり、録画機能が充実しました。
 「レグザ番組表・ファイン」は新聞のテレビ欄のように横軸に放送局、縦軸に時刻を配置し、番組の詳細情報も表示されたことで一覧性が高まり、番組表から簡単に録画予約をすることができます。また、表示する範囲を7チャンネル6時間表示に拡大しました。
 また内蔵ハードディスクに録画した番組を移動(ムーブ)して保存できる市販のeSATA*4対応ハードディスクを増設できます。なお、750GBをはじめとする大容量のeSATA*4対応ハードディスクに対応可能です。
 さらに、内蔵ハードディスクと増設したハードディスクの録画内容を区別なく表示、検索できる便利なメニューや曜日別、ジャンル別、連続ドラマ(連ドラ)別に一覧表示できる機能なども充実しています。見たいドラマの毎回の録画予約設定を簡単に行える「連ドラ予約」、設定したニュース番組を自動的に録画できる「新・今すぐニュース」、番組視聴中、来客時等にボタン一押しで録画を開始し、用が済んだ後に再度ボタンを押して録画した場面から再生して番組を見ることができる「新・ちょっとタイム」などの機能も搭載しています。

 新たに追加する52型、46型を含む「H3000シリーズ」と「42型C3000」にフルHD液晶パネルを搭載*1し、Zシリーズと合わせてフルHD液晶パネル搭載テレビのラインナップを拡充しました。フルHD液晶パネルは、ハイビジョン放送フォーマットの映像(1080i)をそのままの解像度で高精細に再現します。また「H3000」、「C3000」シリーズのいずれの機種も、質感表現や緻密な映像表現を実現させる高画質映像処理システム「新メタブレイン・プロ」を搭載しています。

*1 フルHDは1920×1080画素
*2 1GB=10億バイトで算出
*3 当社「H2000シリーズ」との比較
*4

External Serial ATAの略称。Serial ATA 1.0aの拡張規格で外付けドライブ向けに定義されたもの。

*5 接続確認済のeSATA対応ハードディスク HDC-UX750(アイオーデータ機器社製)を接続した場合。
同時に接続できるハードディスクは登録済の1台のみです。外付けハードディスクは最大4台まで登録できます。
*6 1TB(テラバイト)=1,000GB

商品の概要

商品の概要

商品化の背景と狙い 

 2006年末に日本全国で地上デジタル放送が開始されたことにより、日本の8割強の世帯で地上デジタル放送の視聴が可能となりました。地上デジタル放送の高画質番組の増加に加えて、次世代DVDや次世代ゲーム機の普及、ブロードバンド回線での映像配信普及などに伴い、「さまざまな高画質映像を時間にとらわれず自由に楽しみたい」というニーズがますます増えてきています。
 このようなニーズに対応するために、より使い勝手を良くした電子番組表「レグザ番組表・ファイン」を搭載し、300GBのハードディスクを内蔵し時間にとらわれない視聴を実現したハードディスク搭載モデルの「H3000シリーズ」やシンプルながら高画質を実現した「C3000シリーズ」を商品化することで、ユーザーの利便性の向上と当社の売上げの拡大を図っていきます。

新商品のおもな特長 

 《 「REGZA(レグザ)H3000シリーズ」の特長 》
1. 新電子番組表「レグザ番組表・ファイン」搭載
   「レグザ番組表・ファイン」は、見慣れた新聞テレビ欄形式(横軸に放送局、縦軸に時刻)を採用し、7チャンネル*6時間の番組を表示し、さらに番組名だけでなく番組概要説明も表示します。また、番組視聴中に別のチャンネルの番組情報を見ることができるミニ番組表も7チャンネル表示となり、使い勝手が改善されました。
*6チャンネル表示も選択可能。
   
2.

ハードディスク内蔵で実現した便利な機能

   300GB*1の大容量のハードディスクを内蔵しており簡単にハイビジョン番組を録画できます。地上デジタル放送のハイビジョン番組なら約28時間*2の録画が可能です。また、ユーザーが簡単に交換できるハードディスクユニットを採用しています。

(1) HDDメニュー
 

 ハードディスクの録画番組の表示、予約、番組削除、残量表示などを使いやすくまとめたメニューです。内蔵ハードディスク、増設ハードディスクに録画している番組を統合的に時刻順、曜日別、番組のジャンル別、連ドラ予約の番組シリーズ別に表示できる機能を搭載し、使い勝手が向上しました。なお、内蔵ハードディスク、増設ハードディスク毎に表示する「HDD別表示」も備えています。

(2) 多彩な録画機能
   リモコンの録画ボタンからのハイビジョン録画、電子番組表からの録画予約に加え以下のような多彩な録画機能を搭載しています。
(1) 「連ドラ予約」機能
 

番組を見ながらリモコンの「連ドラ予約」ボタンを押すだけで次回からその番組を自動的に録画予約します。

(2) 「新・今すぐニュース」機能
 

放送時間を気にせずいつでもニュースを見ることができます。

(3) 「新・ちょっとタイム」機能 
 

番組視聴中に来客や電話があったとき、「ちょっとタイム」ボタンを押すだけで録画を開始します。用が済んだあとで「ちょっとタイム」ボタンをもう一度押すと、録画を開始した場面から再生します。

(4) 「Eメール録画予約」
  パソコンや携帯電話、PDAからEメールで録画予約が可能です。携帯電話からは「テレビサーフモバイルサイト*3」にアクセスすることで簡単に予約メールを送ることができます。
*1 1GB-=10億バイトで算出。
*2 「ちょっとタイム」設定時間を30分、「今すぐニュース」で地上デジタル放送の60分番組をTSモードのHDレートで登録しているときの目安
*3

テレビサーフとは東芝iバリュークリエーション事業部が運営するテレビ番組情報提供サービスです。(http://tvsurf.jp)

   
3. ハードディスクの増設ができる「HDDプラス」
   市販の大容量eSATA対応ハードディスク*1の接続*2が可能です。増設されたハードディスク*3 には本体の内蔵ハードディスクに録画された番組を移動(ムーブ)することができます*4。例えば、750GB*5の増設ハードディスクを接続すると、地上デジタルハイビジョン番組で約83時間保存できます。なお、増設ハードディスクは最大4台まで登録*6でき、家族別、ジャンル別などの使い分けが可能です。
*1 接続確認済み機器については当社Webサイト http://www.regza.jpで順次公開します。
*2 同時に接続できる増設ハードディスクは1台です。
*3 接続確認済のeSATA対応ハードディスク HDC-UX750(アイオーデータ機器社製)を接続した場合。
*4 増設ハードディスクに番組を直接録画することはできません。
*5 1GB=10億バイトで算出
*6 増設するには登録が必要です。

REGZA(レグザ)H3000、C3000シリーズ」共通
1. 広視野角フルHD液晶パネル
 

 178度の広視野角を実現したフルHD液晶パネルを採用し、1920×1080画素で構成されるデジタルハイビジョン映像を高精細に映し出します。フルHD液晶パネルは「37/42/46/52H3000」「42C3000」の計5機種に搭載しています。

   
2.

「新メタブレイン・プロ」搭載で高画質を実現

 

 高画質映像処理システム「新メタブレイン・プロ」を搭載することで緻密感、立体感、滑らかな階調表現に加え、被写体の質感の違いを再現しています。1シーンごとにヒストグラムを作成し、映像信号を構成する数百万の画素を補正することで色の陰影、濃淡などを鮮やかに表現します。肌の質感を再現するとともに、雪のシーンなどの輝度の高い部分のわずかな白の違いや、夜の街並みの暗い画像などのわずかな黒の違いまで豊かに表現します。

   
3. さまざまなPCとの接続を実現する「PCコネクト」搭載
 

 DVI端子、HDMI端子、アナログRGB(D-Sub)端子搭載のPCを接続することができます。また、PCの構成画素をそのままの解像度で表示する「Dot By Dot」表示ができ、小さなフォントの文字も高精細に表示できます。さらにPCの文字などの表示に適した明るさ、色合い、表示領域処理を行なった「PCファインモード」を映像メニューに新たに搭載しました。この接続によりブロードバンド回線経由で受信した動画などのPCの映像を大画面、高画質で楽しむことができます。

   
4. 「ミニマルデザイン」
 

 最小限の要素でシンプルな構成を施したミニマルデザイン採用しました。シンプルで質感のある高硬度塗装のフレームとアルミ質感のスリムなスタンドとあいまって気品のある高級感を出しています。

   
5. 高級感と使い勝手の良さを兼ね備えたレグザリモコン
 

 視認性と質感を高めたレグザリモコンを採用しています。黒地ボタンに白文字で表記することで暗い場所でも見やすくなっています。また、BSデジタル放送と地上デジタル放送のダイレクトボタンを独立に配置し、凹面形状の大型ダイレクトボタンを採用するなど、使いやすさも兼ね備えています。

   
6. ジェットスリットスピーカーシステムとデジタルアンプ搭載
 

 オーディオ専業メーカーのオンキヨー株式会社と共同開発した、「ジェットスリットスピーカー」を搭載しています。「52H3000」,「46H3000」にはさらに低音を増強した「新ジェットスリットスピーカー」を採用しています。
高効率デジタルアンプを採用し、低ノイズ化と省エネ性の向上を図ると共に、高音質を実現しました。

   
7. タイムラグを抑えた「新ゲームモード」搭載
 

 入力信号の表示までのタイムラグを抑えゲームを快適に楽しめる、新ゲームモードを搭載しています。ビデオ端子、S端子、D端子、HDMI端子、PC端子のいずれの入力端子でも動作するゲームモードは、映像メニューから簡単に設定できます。

   
8. 「新テレビdeナビ」搭載
   当社の地上デジタルチューナー内蔵HDD&DVDレコーダーとLAN接続することで電子番組表から簡単に録画予約することができます。
*

接続確認済み機器については当社Webサイトhttp://www.regza.jpで順次公開します。

   
9. J−Moss対応
   資源有効利用促進法の改正に伴い、新たに日本工業規格(JIS)として制定されたJ−Moss*1に対応しています。対象6物質「鉛・水銀*2・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニール)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」を全廃しています。
*1 J-Moss:Japan the marking for presence of the specific chemical substances for EEE(電子・電気機器の特定化学物質の含有表示制度)
*2 バックライトに含まれる水銀は、J-Mossの対象外。

別売オプション機器 

別売オプション機器

接続確認済み機器 *

*4月3日現在
接続確認済み機器

新商品の主な仕様


*1 「ちょっとタイム」設定時間を30分、「今すぐニュース」で地上デジタル放送の60分番組をTSモードのHDレートで登録しているときのEPモード録画での目安
*2 デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。
*3 省エネ法に基づき映像メニュー「標準」で測定
*4 地上アナログ放送はiNETサーバーあるいはADAMS利用
iNETサーバーなど外部ネットワークを利用するには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。
*5

JEITAとは社団法人電子情報技術産業協会のこと。仕様内の音声出力表示はJEITAで定めた測定法に基づいて測定したものです。視野角はJEITA規格に準拠したものです。(コントラスト比10:1)

放送や通信サービス(インターネットを利用した地上アナログ放送の番組表、その他の通信サービスなど)は、お客さまへの予告なしに、放送事業者や通信事業者などによって一時的に中断したり、内容が変更されたり、サービス自体が終了されたりする場合があります。あらかじめご了承ください。
WOW、SRSと(●)記号はSRS Labs,Inc.の商標です。
文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


新商品の主な仕様


*1 「ちょっとタイム」設定時間を30分、「今すぐニュース」で地上デジタル放送の60分番組をTSモードのHDレートで登録しているときのEPモード録画での目安
*2

デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。

*3

省エネ法に基づき映像メニュー「標準」で測定

*4

地上アナログ放送はiNETサーバーあるいはADAMS利用
iNETサーバーなど外部ネットワークを利用するには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。

JEITAとは社団法人電子情報技術産業協会のこと。仕様内の音声出力表示はJEITAで定めた測定法に基づいて測定したものです。視野角はJEITA規格に準拠したものです。(コントラスト比10:1)

放送や通信サービス(インターネットを利用した地上アナログ放送の番組表、その他の通信サービスなど)は、お客さまへの予告なしに、放送事業者や通信事業者などによって一時的に中断したり、内容が変更されたり、サービス自体が終了されたりする場合があります。あらかじめご了承ください。
*  WOW、SRSと(●)記号はSRS Labs,Inc.の商標です。
文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


新商品の主な仕様


*1 デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。
*2 省エネ法に基づき映像メニュー「標準」で測定
*3

地上アナログ放送はiNETサーバーあるいはADAMS利用
iNETサーバーなど外部ネットワークを利用するには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。

JEITAとは社団法人電子情報技術産業協会のこと。仕様内の音声出力表示はJEITAで定めた測定法に基づいて測定したものです。視野角はJEITA規格に準拠したものです。(コントラスト比10:1)
放送や通信サービス(インターネットを利用した地上アナログ放送の番組表、その他の通信サービスなど)は、お客さまへの予告なしに、放送事業者や通信事業者などによって一時的に中断したり、内容が変更されたり、サービス自体が終了されたりする場合があります。あらかじめご了承ください。
WOW、SRSと(●)記号はSRS Labs,Inc.の商標です。
文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


新商品の主な仕様


*1 デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。
*2

省エネ法に基づき映像メニュー「標準」で測定

*3 地上アナログ放送はiNETサーバーあるいはADAMS利用
iNETサーバーなど外部ネットワークを利用するには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。

JEITAとは社団法人電子情報技術産業協会のこと。仕様内の音声出力表示はJEITAで定めた測定法に基づいて測定したものです。視野角はJEITA規格に準拠したものです。(コントラスト比10:1)

放送や通信サービス(インターネットを利用した地上アナログ放送の番組表、その他の通信サービスなど)は、お客さまへの予告なしに、放送事業者や通信事業者などによって一時的に中断したり、内容が変更されたり、サービス自体が終了されたりする場合があります。あらかじめご了承ください。
WOW、SRSと(●)記号はSRS Labs,Inc.の商標です。
文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
テレビ事業部
TV国内営業部
TEL 03(3457)8344
商品情報掲載ホームページ http://www.regza.jp/

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright